学資保険や定期預金の加入の仕方について 今度子供が産まれるので学資…学資保険

学資保険について

学資保険について明治安田生命とJAで迷ってます。
見積もりをもらったら満期で+になる額が5万違います。
前期全納で、明治安田生命で120.4%、JAで116.8%。
無配当と配当金あり(割り戻し金あり)のどちらにすれば良いのか迷ってます。
5万の差があってインフレの時に備えて配当金ありにしといた方が良いのか、今後20年間日本にインフレが起こらないと考えて無配当にするのか、、日本生命も迷いましたが、営業マンの印象が悪くて、、お知恵をお貸ししてください。
よろしくお願いします。
補足配当金について、理解が出来てないので、なぜ保険屋は無配当とかうたってるのか、よくわからなくて。

無配当はそんなにデメリットなのかとか。

今後日本経済はインフレ起こる予想などあるのでしょうか?

私なら明治安田に加入します。
配当金は不確かなものなので無しと判断します。
マイナス金利になってから保険会社はどこも貯蓄性の商品には苦しんでいます。
その中で学資保険は契約者にとって一番有利かと思われます。
現に学資保険は営業職員には成績にならず、保全になるらしいです。
他の商品と抱き合わせにしたいがためにおいていると聞きました。
契約者が亡くなったときの保障もあって120%は円建てではなかなか他にはないです。
銀行で積み立てしても金利は0に近いし、保障もないです。

「学資保険」などという商品自体がそもそも非合理的です。保険屋さんが情弱に売りつけて儲けるために作った商品なので、そんなもの買うこと自体が損です。何故損なのか理解できない人に売りつけているんだから、情弱商売の最たるものです。

「保険」というのは、不測の事態に備えて入るものです。不測の事態に大きなお金が入ってくる契約を結んで、そのためにコストを支払うのが保険という商品です。

学校への進学はあなたにとって「不測の事態」ですか?そんなわけありません。将来予定されていることなのだから、単純に保険なんか買わずにお金を貯めておけばよいんです。上記の通り、保険というのは「コスト」がかかるんだから、なんでお金を貯めるために「コスト」払わねばならんのですか。それを考えれば「学資保険」がいかにバカげた商品かわかるはずです。(というか、この理屈がわからん情弱が多いから学資保険みたいな商品が存在するのだけど)

インフレになるかどうかは誰にも正確にわかりませんが、国の巨額の財政赤字は今後も継続的に増えていくなか、国民は増税反対で、日銀はものすごい金融緩和をやっているので、インフレになる確率は相当高いでしょう。配当貰おうがもらうまいが、保険など買ってしまって20年も資金がブロックされたら、インフレの際には大損こきますので、どっちにしても学資保険なんか買うべきではありません。>

学資保険について

学資保険についてゆうちょでかんぽの学資保険を進められました。
今2歳なので12歳まで払い込み完了するものと18歳で払い込み完了するものを進められました。
皆さんはどこがいいですか?メリットデメリットやアドバイスをお願い致します。

ゆうちょにはかんぽの学資保険は有りませんが?

学資保険解約しようか悩みちゅうです。
2014年6月に加入しましたが、保険の見直しを…

学資保険解約しようか悩みちゅうです。
2014年6月に加入しましたが、保険の見直しをして解約しようか悩みちゅうです。
解約したかたいますか?補足ゆうちょです

多分殆ど返って来ないと思いますねー。
それでもよければですね。

契約期間が短いですもんね。>>ゆうちょです

郵貯には学資保険は有りませんが?>泥沼への第一歩ですね。>

学資保険の支払い していけるでしょうか?

学資保険の支払い していけるでしょうか?現在育休中 昨年子どもが産まれました。
子どもの将来のために少しでもお金を増やしたいと思い学資保険を検討中です。
妻(私)は時短勤務で仕事復帰予定なので月収14万程度。
手取りは10万ちょっとになるでしょうか。
賞与2カ月分が夏と冬。
夫は兼業農家で収入が安定せず、年収230万程度で手取り130万くらい。
月平均にするとこちらも10万程度ですが、そこからさらに国民年金、国民健康保険、住民税を支払うので実質残るのはひと月6万程度。
現在の支出家賃…不要光熱費…2万円程度(産休育休で家にいることが多いので電気代高め。
仕事復帰すればもっと減るはず)携帯…それぞれ1万円ずつ交通費…ガソリン代1万5000円(職場が遠い)食費…外食も含め10万円くらい。
(ミルク代7000円込み。
夫の昼食代3万くらいかかってそう。
現場仕事ということもありよく食べる)日用品…1万円くらい(オムツ代含む)妻の医療保険…1600円これ以外にも夫婦それぞれ趣味にお金使ってます。
現在は特に節約はしていません。
仕事復帰したら子どもは保育園に預けるつもりなので、保育料もかかるようになります。
貯蓄…妻50万くらいこのほかに出産祝いを100万円いただきましたが、定期預金に入れて子どもの教育費に当てるつもりです。
学資保険は始め200万で考えてましたが、支払いが月計算で8千円程度になり厳しいかなと思ったので、150万で考えています。
月計算で6000円程度。
食費がかかりすぎなのは自覚していて(今は子どもが泣くので料理する暇がなく出来合いのものを買うことが多い)職場復帰したらお昼はお弁当を持っていくようにして、なんとか6万円くらいにおさえたいと思います。
それでもかかりすぎと思いますが夫の昼食代は省けないので…あと、もしものために夫を死亡保障のある生命保険にも入れようと思っています。
2000円程度の。
私の医療保険も見直そうかと思います。
先日手術入院しましたが、事前に限度額申請をしたのでそんなに負担にならなかったので、掛け金の方が無駄だったなと思って。
夫は保険なんてお金もないのに…という意見でしたが、私としてはお金がないからこその保険だと思っています。
お金がないからこそ、少しでも有利な方法で貯蓄したいし安心を得たいです。
もし節約しても回らないなら私もフルタイムで働けばいいや?と思っています。
以上で、何か留意するべき点があれば教えてください。
補足今のところ妻ー学資保険、夫ー生命保険に加入、月々計8000円で考えています。
このような状況で保険に入ることについてはどう思われますか?

学資保険は資金を長期間拘束される割に手数料が高く利率が低いので契約するメリットはありません。
今は生活防衛のための預金(300万位)に向け、ゆくゆくは株式の長期保有で年3%程度配当を得るべきでしょう。
生命保険や医療保険の類も不要です。
携帯はMVNOにすれば2台で8千円くらい。
食費10万は高すぎ。
農家であれば半額以下になるはず。
夫の昼食代はレシートを要求して精査してみましょう。

株はリスク高くないですか?最低いくらぐらいあれば株を始めてもいいと思われますか。また、保険に入ってなくてどちらかあるいは両方が急に事故などで亡くなってしまったらどうしますか?>収入に関して、旦那様と話し合う機会を持たなければ、貯金は減る一方かもしれません。
定期的に発生する固定的な支出については、余裕があることだったり、長期間払う意思がなければ、なかなか厳しい出費になってしまうので、旦那様と家計について話し合いを持つほか、
じゃがいもなどは、収穫で大きく実になる野菜も多いので、田畑を持っているなら、食費を浮かすためにも、そういうものを活用する手立ても考えたほうが良いです。
携帯料金は早めに見直しを。>携帯は4分の1に落とせるね。
たぶんiPhoneとか最新スマホとか贅沢しているでしょ?
それやめましょう。
交通費は会社からそれなりに出ていないの?
もし、普通車なら次買う時は軽自動車にしよう。
税金などいろんな面で負担減るしね。
食費は外食やめよう。
旦那の昼食は弁当作ろう。
これからは節約しようって二人で決めよう。
駄目な旦那だと嫁が稼ぐことに甘えるよ。>まずは携帯の見直し
夫は米だけでも持ってきませんか?そのくらいラップに10秒でできますよ

あとは子供が泣いてもごはんはつくれます
泣いてないときにごごーっとためてつくるのです
そして冷凍してあとはレンジです
料理は電子レンジを頼るのです

死亡保障はあなたにもかけてください
6万の収入で夫と子供が残されたらどーすんですか>

将来の自分のために学資保険を利用するのは有りですか?

将来の自分のために学資保険を利用するのは有りですか?将来の自分のために銀行で月5万円の積立をしています。
子供が0歳で学資保険を検討する中で、自分の月5万円の積立ても子供の名前を利用し学資保険にした方が金利が良いのでは?と思っています。
今している積立は停止するつもりはないので、払込期間5年くらいの学資保険はどうかなと思っています。
(低解約型終身保険は考えていません。
)金利目的で学資保険を申込むという考え、有りでしょうか?補足今している積立は停止するつもりがないというのは、今後も5万円を積み立てる型の貯蓄は何かしらの方法でしようと思うため、どうせ積立をするなら普通の積立ではなく学資保険を活用する方がいいかなという意味合いでした。

子供の将来を考えて学資保険に加入するのは、メリットも大きいと思います。
まずは積立も継続する趣きを伝え、保険のプロに相談してみてはどうでしょう。
参考になるアドバイスをしてくれると思いますよ。
またこういったサイトも参考になります。
http://xn--u8j7eobcu5919bmmc333ats5h56fzlu.net/gakushihokentoha/『学資保険ってどんな保険?』というページで、学資保険の基本が説明してあります。

>子供が0歳で学資保険を検討する中で、自分の月5万円の積立ても子供の名前を利用し学資保険にした方が金利が良いのでは?

0歳の人がいるなら、18年後に受け取るものの中では、学資がいいです。
一番率の良いものは50万×5年払いのものです。
元本を超えるのが5年後のものを選ぶほうが安全でいいです。

契約者の18年後の楽しみ預貯金です。
約250万→300万+配当金など。
10年払いもいいと思います。

学資を選ぶうえで重要なのは元本が超える時期をよく見ることです。
育英年金のない完全に貯蓄重視だけのタイプ。

また、育英年金付きのものは意味合いが変わりますが、
元本+契約者の死亡保障と考え、よく理解、分析、計算すれば合理的で最高に経済的、契約者(親)の掛け捨て死亡保障が安く済みます。
実はこれはお勧めです、損するような気がするということで、別契約で掛け捨ての親死亡保障に加入する方が多いですね。笑。>私なら外貨終身ですね。

銀行に預けるよりは多少マシでしょうけど、今時円建ての商品に加入するなんて、資産価値を減らすだけ。

死亡保障も1円もいならない、(例えば)18年後に必ずお金を受け取って使う目的がある!インフレに対応しなくてもいい!と思うならば、その選択肢でいいと思います。

てか、低解終身が選択肢にないなら、何を求めて質問されたのでしょうか…。>

学資保険について質問したいのですが、現在郵便局の生存給付金付き学資保険に加入…

学資保険について質問したいのですが、現在郵便局の生存給付金付き学資保険に加入しているのですが、一時金として12歳15歳に支払われる一時金に付いて質問したいのでよろしくお願いします。
現在子供が15歳なので一時金受け取り可能なのですが、この一時金を受け取ると満期の時に満期額が減ると聞いたのですが、受け取り額が満額支給なのか減るのか教えてください。
ちなみに12歳の時は受け取りました。
あと、この一時金を据え置く事は可能なのでしょうか?据え置きが可能ならば受け取らずに置きたいと思っているので、回答のほうを宜しくお願い致します。

一時金や満期金は変わることなく受け取れます。
ただ一時金を据え置いて預けると少しですが利息がつくので受け取り総額が少し増えることになります。
今回の場合12歳時・・・一時金受け取り(額面どおり)15歳時・・・一時金受け取り(額面どおり)満期時・・・満期金受け取り(額面どおり)となっています。
それを15歳時・・・据え置き満期時・・・15歳時一時金+満期金(15歳時一時金+据え置き利息+満期金)として受け取ることも可能です。
ご参考になれば幸いです。

確か…一時金を受け取らなければ満期にプラスして戻ってくるはずです。
ちなみに受け取ったとしても証書に記載されてる満期額が減ることはありませんよ(^。^)

成長の節目に支払い可能になるのが学資保険のメリットですしね。何かと準備金に助かりますよ!>

学資保険について。

学資保険について。
学資保険について質問させていただきます。
もうすぐ第一子が誕生する23歳男です。
夫婦で収入は36万円程度になります。
学資保険について調べたり、代理店でいろいろ聞いてソニー生命にの学資保険にしようかと思っております。
そこで自分の認識が間違っていないかの確認をしたく、質問させていただきます。
以前ソニー生命の学資保険に入りたく、ほけんの窓口へ行きました。
そこでおすすめされたのが、皆様も質問していらっしゃる「終身保険」での教育費貯金でした。
勧められたのが、めっとライフアリコの低解約返戻金型終身保険、あいおい生命の積立利率変動型終身保険でした。
理由は、途中で必要な分だけおろせるし、契約者が死亡した場合大きな保障を得られるとのことでした。
そこで質問です。
①低解約返戻金型終身保険と積立利率変動型終身保険というのはどのような違いがあるのでしょうか?②知恵袋を拝見していると、低解約返戻金型終身保険や積立利率変動型終身保険や長割り終身よりも、学資保険や長割り定期の方がよさそうなことが書いてありますが、理由は・・・・低解約返戻金型終身保険や積立利率変動型終身保険は途中で必要な分だけ解約できるとありますが、実際は貸付金を借りるということになる。
また、長割り終身は払込み期間が死亡までなので、長割り定期の方がおろす時期が決まっていれば少し保険料が安くなる。
だから教育費をためる目的であれば学資保険や長割り定期の方がいいということなのでしょうか?③長割り定期というのは定期保険という意味かと思っていたので、学資のためには使えないと思っていたのですが、長割り定期の「定期」は定期保険とは別の意味なのでしょか?④学資保険か長割り定期にする場合、途中解約を絶対にしない→長割り定期途中解約する可能性あり→学資保険という認識でいいのでしょうか?詳しい方質問が多いですがよろしくお願いいたします。
補足ご回答ありがとうございます。
低解約返戻金型定期保険=長割り定期でしょうか?また低解約返戻金型終身保険と積立利率変動型終身保険の違いをもう少し分かりやすく説明していただけますでしょうか?よろしくお願い致します。

文字数もあるのでそれぞれ完結に回答して行きます。
1)低解約返戻金型終身保険と積立利率変動型終身保険「低解約返戻金型終身保険」・保険料支払い期間中は通常の終身保険に比べて解約返戻金が7割しかない・・・途中解約は大損・しかし、その分通常の終身保険に比べて保険料は安い・保険料支払い完了後の解約返戻金は通常の終身保険より返戻率が高くなることが多い「積立利率変動型終身保険」・ソニー生命の場合だと普通の終身保険。
あいおい生命だと低解約返戻金型終身保険+なんちゃって利率変動がプラスされている。
まあ、ほとんど利率変動する確率はないと思っていた方が良いと思います。
2)長割り定期保険の方が良いの?いつの過去質問を見ているのでしょうか?長割り定期保険が学資保険代わりに使えたのは5年前くらいまでです。
その後商品改定して長割り定期保険は保険料の短期払い(15年払い等)が出来なくなったので学資積立には不向きな法人向け商品となっています。
3)低解約返戻金型定期保険は学資保険に使えるの?先のも申したとおり、5年ほど前に長割り定期保険は短期払いができなくなりました。
今この仕組みが使えて、低解約返戻金型終身保険より5%もお得に加入できる低解約定期保険はアクサ生命のフェアウインドウ(低払い戻し定期保険)です。
一度アクサで98歳保障15年払いの見積もりをしてもらってください。
今提案されている低解約返戻金型終身保険より返戻率が5%ほど高くて驚くと思いますよ。
4)低解約定期保険も終身と同じく保険料支払い期間中の解約返戻金は低くなっていますので、途中解約は絶対大損します。
基本低解約返戻金型の保険で組む場合は、解約したい時期までに保険料支払い完了できるように設定しないといけません。
また無理なく払い続けていける金額で設定しないといけません。
最後にこのような質問は過去たくさん出ているのですが一向に学資積み立てで終身保険を提案する販売者が減らないのでできる限り暴露して回答しています。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1280686202ご参考になれば幸いです。
補足です。
低解約返戻金型定期保険・・・低解約返戻金型の定期保険(一般名称)長割り定期・・・あんしん生命が販売している低解約返戻金型定期保険の商品名今回のケースだとアクサ生命の低解約返戻金型定期保険(フェアウインドウ)であれば今提案されている物よりもっとお得だと思います。
低解約返戻金型終身保険と積立利率変動型終身保険の違い。
基本的には今回提案されている2つの商品は低解約返戻金型終身保険です。
あんしん生命の長割り終身保険は5年ごとに利差配当がある。
利差配当とは保険会社が運用して利益が出たら還元しますと言うもの。
最近は運用が良くないので1円も出ていないあいおい生命の(低解約返戻金型)積立利率変動型終身保険は保険会社が運用している国債の過去10年平均が1.75%超えたら予定利率を上げますよ。
と言うもの。
現在平均1.75%を大きく割っているのでよほどの景気回復・金利の上昇がない限りこの保険の予定利率は上がらないと思います。
まあどちらも設計書に書かれている返戻率だけで比較した方が良いと思います。
それ以上でも以下もありません。
個人的にはお得でもないので両方とも学資積立としては加入しませんが。

子供のために教育資金を準備しようと思います。
二人目です。
一人目は学資保険をや…

子供のために教育資金を準備しようと思います。
二人目です。
一人目は学資保険をやっていますが、二人目をどうしようか悩んでいます。
シンプルに貯金や積立をやるのがいいのでしょうか?一人目と同じように学資保険をするのが良いのでしょうか?学資保険って年末調整で控除されてると思いますが、もう一人目の学資保険だけで限度額だったような…。
ベストの方法をアドバイスください。

学資保険の目的は、お父さんが死んでしまって、学資が工面できなくなるのを防ぐためですよね。
30年くらい前だと、(バブルのころ)収めた金額よりも満期金が多く返ってきましたけど、今は、収めた額よりも少ないですよね。
それに、今は、子供手当、学費無料、医療費無料と、特典がいっぱいの世の中です。
高校も公立だったら、学資保険にこだわらなくても大丈夫な世の中になったと思います。
学費のためとお考えならば、ご主人に死亡保険を掛けておくというのも一案です。
収入減が絶たれてしまった時のためという目的は一緒ですし、万が一亡くなってしまうようなことがあっても、2倍型、5倍型と、増えてかえってきます。
学資保険にしておかなかった時のデメリットは、自己破産したときや生活保護を受けるときに解約させられると聞きました。
(昭和のころは、学資保険の上限は1200万円で、起業家と言っているような人は、子供一人ずつに満額掛けて、事業が失敗すると、さっさと自己破産して、学資保険の支払いもそこで終了。
そして、子供が18になったときに1200万円を手にするという人がいたんですよ。
)そんなことはめったにないことなので、心配はいらないと思いますが、同じ「お父さんが亡くなった」という状況を想定するのなら、学資保険にに的を絞らなくともいいのかなと思いました。
積立預金は、これから先、金利も上がらず、下手すれば、「口座管理手数料」なんてものを取ろうかという案が出ているご時世です。
金融機関という大きい貯金箱にお金を入れているだけで、お勧めはできませんが、全くしないよりはいいっていうところでしょうか。

>>>シンプルに貯金や積立をやるのがいいのでしょうか?一人目と同じように学資保険をするのが良いのでしょうか?

私だったら、月1万円を学資保険に払い、別に月1万円~を預貯金で積み立てみたいに、併用して、教育資金を貯めていきます。学資保険の加入はお子様が0歳であることが基本的な条件です。

預貯金:ネット銀行で円定期を組む。(キャンペーン金利適用時は、1年定期で金利0.2%)

学資保険:高校3年生の時に一括で受け取れる学資保険の場合、返戻率は107%程度(ソニー生命の場合)。年利に換算すると、0.4%程度。

正直なところ、預貯金も学資保険も、莫大な資金をつぎ込まないかぎりは、貯蓄できるお金にそんなに差は生まれません。しかし、保険は契約者の万一時の支払免除という保険機能がありますので、それは預貯金にないメリットになります。ただし、学資保険加入の場合は、返戻率が元本を超えている会社は限られますので、注意が必要です。ソニー以外には、ニッセイ、JA共済、フコクあたりを検討されるとよいかと思います。>

学資保険ってどんな保険なんですか??

学資保険ってどんな保険なんですか??子供の保険の相談に行ったら学資保険を進められたんですが、これは生命保険ですか??よくわからなくて…学資保険に入っていれば大丈夫なんでしょうか…??補足4歳の子供にソニー生命で今現在入ってるんですが、積立預金+生命保険って事は、万が一子供が病気等になった場合に保証が効くって事ですか??なんだかすいません…もし違うのなら、子供に何かあった時に保証されるようにするには何に入ればいいんですか?

学資保険というのは、教育費の積み立てでもし親(契約者)に万が一(死亡)なことがことがあった場合、収入が途絶えて教育費積み立てが出来なくなって困らないように教育費を確保する積み立ての保険です具体的には親(契約者)に万が一(死亡)があれば以後の保険料支払いは免除され、祝い金・満期金は予定通りの額が支払われるものです このようにもしもの時に教育費が確保できるというのが1つ目のメリット もうひとつのメリットは税制面で有利な面があることです今銀行などで貯蓄をすると利息がつきます(少ないですが)しかしこの利息には利子所得という税金がかかり利息から20%も税金を取られてしまいます しかし学資保険の場合は増える(利息)部分に関して税金がかかりません。
また祝い金・満期金には一時所得という所得税の対象になりますが、一時所得は簡単に言うと支払った保険料総額より50万円以上多く戻ってこなければ税金がかからないということです ではデメリットはどんなことがあるでしょうか3つほどあります1)まず銀行との破綻時の対応の違いについて。
銀行の場合1000万円までは全額保護(ペイオフ)されますが、生命保険会社の場合は生命保険契約者保護機構により責任準備金の9割まで保護、引継ぎ保険会社には継続保険の予定利率引き下げが可能となります。
よって貯蓄系の場合早期で破綻するとかなり目減りする可能性はあります2)契約者が18年後まで生きていれば、予定通りの返戻率で受け取ることができるので、今現在で言えば高利率だと思います。
しかし今後どれだけ金利が上がってもこの利回りは変わりません。
預言者ではないので誰もわかりませんが、今言えるのは0金利の底なのでこれからは金利は上がるしかありません。
もしかすると貯蓄の方が大きく増やせる可能性もあるってことです3)途中解約は元本割れします学資保険を途中解約すると必ず元本割れしてしまいます。
流動性の面から考えても貯蓄と比べると融通の利かない方法となります このようなデメリットもあります教育資金準備で大切なのは、いつまでにいくら貯めるのか?だと思います まず教育費積立と同時にご夫婦の保険の保障の持ち方もしっかりお考えください学資保険で万が一の時に教育費だけ確保できても残された家族の生活費が確保できていなければ意味がありません 仮に公立で幼稚園から文系大学までだと約820万円オール私立だと約2060万円かかります この中でも一番お金がかかるのは大学です。
月1万ずつ貯金しても年12万×18年=216万円しか貯まりません大学2年分位ですね。
倍の月2万円で大学文系4年分くらいになります もし学資保険を利用せずに銀行などで積み立てるなら、ご主人が万が一の時に残された家族の生活費+教育費が確保できるように保険に加入しておく必要があると思います補足です。
ソニー生命の学資保険は単に教育資金を確保できるだけでお子さんの保障はありません。
それとお子さんにどんな保障が欲しいですか?お子さんが死んで死亡保険金が欲しい?ではありませんよね。
一般的には子供が怪我や病気で入院とかした場合の保障があった方が安心位だと思います。
それについては質問主さんの住んでいる市町村では、市町村によって異なりますが0歳から小学校入学まで(地域によっては中学校3年まで)医療費助成していると思います。
それを利用すれば健保の自己負担分をほぼ助成してくれますのでほとんどの医療費カバーできると思います あと健保でカバーできない分(薬の容器代、特定療養費、差額ベッド代、シーツ代、親が介助にかかわる諸雑費や交通費など)を貯蓄でカバーするのか、子供保険に加入してカバーするのかをご検討いただければよろしいかと思います もしその辺りを保険などでカバーするならこくみん共済、都道府県民共済、coop共済の子供プラン日額5000円プランで月1000円程度で済みます。
年度末には還付金も発生することがありますから、学資保険と別々に入った方がお得です また終身保障を希望するならアフラック、ひまわり生命の医療保険は0歳から入れますあとは他人さん(第三者)に怪我させたりや第三者の物を壊したなど賠償しなければいけないときに保険金で賠償してくれる個人賠償保険というものがあります。
自動車保険や火災保険に示談まで保険会社がしてくれる内容で年1500円くらいで付けれます。
ご参考になれば幸いです

名前のとおりです。学資⇒学ぶ資本⇒教育費用を補てん

お子さんが一定年齢になったときに、学資金と呼ばれる積立金が支払われます。

ただし、デメリットは、一定年齢になるまでは、まったくお金が動かせなくなります。

貯金とどっちが良いか考慮したほうがいいと思いますよ。
http://hoken.kakaku.com/insurance/gea/select/saving/

教育費は不要なら、傷害保険をお子さんにかけるという手もあります。
http://hoken.kakaku.com/insurance/gsa/>学資保険とは、子供の成長に必要なお金をためておく保険と思って下さい。
保証をつけなければ、掛け金よりも戻ってくる金額のほうが多いのでおすすめの保険です。
けがの補償なども付けると、戻ってくるお金が減りますので
よく考えてみてください。
一度保険の無料相談を受けてみればよいですよ。
各社の学資保険の特徴なども教えてくれますよ。
知恵袋で詳しく紹介していますので
参考にしてみてください。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/iegfwe>簡単に言えば学資保険=積立預金+生命保険ですね。
生命保険の一種ということになります。
満期で200万円もらえる学資保険に入った場合、きちんと満期まで積み立てられたら200万もらえますが、契約者が死亡もしくは高度障害になった時には、途中で積立ができなくなっても200万が満期の時にもらえるというものです。
途中でやめたときには、積み立てた金額より少ない金額しかもらえないのでそこがデメリットです。
税金などのかかり方も違ってきますが、少しだけお得になることが多いようです。

今の学資保険でオトクといわれるのがニッセイ、ソニー生命のものといわれていますが、15-18年くらい積み立ててオプションを全くつけない場合で最大で1割利子がつく程度です。オプション付けると戻る金額がどんどん減ります。今が歴史的な低金利時代といわれているので、ほんとにオトクかといわれるとそうでもない、と回答する人も中にはいますが、私は現行で利回り1%強なので、余剰資金であれば加入してもいいのではとは思います。
ちなみに、郵便局の簡保でも学資保険扱っていますが、満期まで積み立てても元本割れになりますので、気を付けてください。

(追記)
補足見ました、一般的には契約者(子供の親)が何かあった時に保障が効きます。あくまでも子供が無事成長した時に使うのが学資保険なので、子供に何かあった時の保障は学資保険には一般的にはつきません。>

学資保険や定期預金の加入の仕方について

学資保険や定期預金の加入の仕方について今度子供が産まれるので学資保険に加入しようと思っているのですが色々調べているうちに迷走したのでご教示お願いしたいです。
条件としまして・とりあえず500万ほど運用に使える資金がある・途中解約のリスクは考えない・満期前のボーナス的な?受取はいらない・入院保険などの運用以外の保険はいらない・子供の大学入学費用として使える事が最重要・学資保険にこだわらないが定期預金などを調べてみたが利率が学資保険のほうがいいと思ったがそれは合っているのか保険相談なども行く予定なのですが予備知識として自分の現状で合っているものを知りたいです。
リスクとしては国債まではアリだなと思っているのですがそれ以上の原本割れのリスクがあるものは考えていません。
オススメの方法や保険がありましたら教えてください。

リスクの低い運用方法で元本保証ということですね。
私だったら以下の①と②の方法に加え、タイミングがあえば③の方法を加えます。
①保険会社を通じて学資保険に300万(年率0.6%以上)②ネット銀行を通じて定期預金に200万(夏・冬時のキャンペーン金利0.1%以上を狙う)面倒でなければ以下の方法もとります。
③ネット証券を通じて社債に数十万(短期のもので、年率0.5%程度以上を希望)ネット証券を通じて変動国債10年は、現状の金利は0.06%と安いため、今のところは見送ります。
現時点では考えづらいですが、インフレになり、金利が上がれば、定期預金の金利が学資保険の年率を超える可能性もあります。
そうなれば定期保険で運用していたことが活きてきます。

最後から2行目の定期保険ではなく定期預金でした。訂正します。>個人的には学資保険はおすすめしません。22年満期で返戻率110パーセンの商品があったとします。ぱっと見は素晴らしいと思うでしょうが、1年あたりに直すと0.45%の金利になります。これを22年の固定金利で回すなんて、どうかな、、と思います。変動10の個人向け国債の方が儲かる可能性が高い。>