学資保険について。9月に第一子が誕生します。なので学資保険を検討…学資保険

学資保険をしようと思ったら、使わなかった時のことを考えてドル建て終身保険を勧…

学資保険をしようと思ったら、使わなかった時のことを考えてドル建て終身保険を勧められました。
前期前納で考えているのですが、例えば1万米ドルずつ3つの契約に分けて合計3万米ドル同じ名義で申し込めますか?まとめるといざ学資として1万米ドルぶんしか使わないとしても3万米ドル契約しないといけませんが、分けて契約すると1つしか解約せす、2つの保険は長期で残せるとおもうのですが。

為替変動リスク・円転する際の手数料負担を承知の上でなら何も申しませんが。
(個人的には学資保険はきちんとした円建ての学資保険への加入をお薦めします)外貨建てならせめて毎月払いにすべきでしょう毎年享受できるはずの生命保険料控除や投資時期分散により為替変動リスクの低減のメリットを放棄する理由はどこにもないと思いますがね・・・

分けて加入はできると思いますよ。

使いたいときに、為替で元本割れててもいいならいいんじゃないですか。逆もありますが。
分けてたら損は少なくて済むかもしれませんね。

http://hoken-kyokasho.com/dolhoken-shushin>18歳ではほぼ確実に使うから。
別の目的で別の契約、予算があればどうぞ。>

学資保険か終身保険か検討しています。
FPに相談して保険の見直しをしているのです…

学資保険か終身保険か検討しています。
FPに相談して保険の見直しをしているのですが、学資保険よりも終身保険で貯蓄をした方がよいとアドバイスされました。
学資保険はあまり戻りの率がよくないからだそうです。
終身保険は保障もついている上に貯蓄もできると説明されたのですが、どうも理解できていません。
終身保険は必要な時に下ろせる銀行預金のように考えて良いのですか?終身保険に貯めている分を途中で下ろすと死亡補償額が下がったり、最終的に戻る金額が減ったりするのでしょうか?FPの手数料が学資保険よりも終身保険のほうが高くつくのかな?なんて思ったりもしちゃいます。
主人が亡くなれば終身保険で多額の金額が下りるので教育資金も問題ないのですが、基本は死亡しないという設定で貯蓄をしたいので、両方のメリット・デメリットを教えて下さい。
よろしくお願いします。

学資・満期が必ずやってくる・中高大など区切りで分割でもらえる(一括でもらえるタイプもあり)・契約者死亡時は保険料が払込免除終身(低解返型の18歳などの短期払)・学資より返戻率が総じて高い※低解返型でないと返戻率はよくありません。
・途中で解約するとかなり損をする・払込期間満了までもらえない・解約返戻金という形でお金を受け取る・保険期間は終身のため、必要なかったらそのまま継続できる(その間少しずつ返戻金はあがっていく)・払込期間満了時期を欲しい時期にうまく設定する必要がある低解返型の終身は、払込期間は解約返戻金を低くする代わりに保険料を安くする商品です。
しかし払込期間が終了すると返戻金が通常に戻り一気に返戻金が増えます。
この仕組みを利用したものです。
どちらがいいかは、それぞれのメリデメを理解頂き判断したほうがよいかと思います。
勿論ですが、どちらにしても今後のインフレ等のリスクは考慮していません。
実際のところ、学資の手数料は恐ろしく低いのは事実ですが・・・。

学資保険の場合には、満期が来れば強制的に支払い。
お勧めいただいている終身保険については、決められた期間支払えばそのあとは解約した時にはどんどん増えていく、という性質になります。
いずれも、中途で解約したら、損をしますが、FPからお勧めいただいた終身保険の場合には早期に解約するとほとんどお金が戻ってこない、という事態になると思います。
保険会社が破たんした時には全額の保障はあり得なく、終身保険のほうがさらに損をする仕組みになっていると思います。中途で何かあった時には、お金があまり戻ってこない仕組みだから、利回りを良くしているのです。

ちなみに、学資保険よりも終身保険のほうが保険販売に対する手数料はたくさんもらえます。

ちなみに、保険加入した後のリスクは、死亡ではなくて、保険料が払えない、ということを覚えていただけますと幸いです。
所得が多ければ、税制面で保険加入もある程度いいですが、普通の給与でしたら税金面でもあまり効果がありません。>既にFPに相談しているのであれば、あえてここで話す必要もありませんが、まず、終身保険はいつでも引き出せる預金のようなものではありません。名前の通り死ぬまでの保険がありますが、中途解約時は元本を下回る可能性があります。ただ一口に終身保険、学資保険といっても商品は多岐にわたりますので、具体的に検討している商品はどういうものかわからないと学資保険と比較も出来ません。
あと基本的に死亡しない設定→それなら保険商品は不向きです。
さらに預金のように流動性や元本の安全性を求めるなら→難しい投資はしない、高利回りの預金に預ける。財形等天引きの積立てをする。
少しリスク(流動性、価格変動等)をとっても、お金を増やしたい→運用する。(株、投信、保険等)
今は金融機関にいけばいろいろな金融商品があります。はっきりいって、手数料稼ぎでセールスされることもあるので、FPがいると助かると思います。うまく使いこなせばいい商品もなんだかんだでありますよ。>他の金融商品と保険は全く別のものです
終身保険は預金と違い途中で下ろすことはできません、貸付制度を利用することで借り入れはできます、途中解約によって解約返戻金を受け取れるものもありますが預金と違い損します

また会社が倒産した場合は銀行は預金保護機構の規定の範囲で全額保障されますが保険は違います

また税金面でも保険商品は不利になります

貯蓄性を考えた場合、まず最初に考えるのは安全性、次に税金なので保険商品は最初に除外されます

学資・終身共に長期加入商品なので安全性が低く、税金も不利>質問者様が何を目的とされてるのかよくわかりません。
子供のために貯蓄したいのですか?
私も以前ほけんの◯口で保険の見直しをしました。
現在子供はいませんが、1.2年後に子供を作ろうと思ってると言うと、まだ子供がいないから学資保険は入れないから、終身保険を勧められました。確かに学資保険はあまり戻りの率はよくないと言ってました。
が、生保で働いてる義母に相談したら、学資保険は子供の名義で入るのが大事だと言ってましたよ。
結局ほけんの◯口で勧められた学資保険代わりの終身保険は入らずに、子供ができたら学資保険に入るつもりです。>

はじめて質問します。

はじめて質問します。
子供の学資保険で悩んでます。
保険会社からは『今は学資保険にはいる方は少ないです』と言われてメットライフ生命の積立利率変動型終身保険(米国通貨建 2002)をすすめられました。
死亡保障1000万月々約\26000の15年払い『少しずつ引き出せますし全額おろさなければ少しずつ増えるので年金としてもつかえますよ』と言われて円よりもドルのほうが利率はいいですとも言われました。
もしこの保険にはいるにしても月々\26000は少し厳しいので\15000にさげてもらおうとは思ってます。
これは払い過ぎですか?実際のところこの保険はどーなのでしょうか?少し調べると為替のリスクとかあって元本割れするのではないかと少し不安です。
みなさんは学資保険はどこの保険にはいってらっしゃいますか?月々いくら支払ってますか?わかりづらい質問かもしれませんが教えていただけたら嬉しいです。

考え方を変えて、子供が何歳になるまでにいくら準備してあげたいか★を決めたら、それを達成するには月いくらの保険料を払わなきゃいけないかは必然的に決まってきます。
確かにどの保険を選ぶかによって返戻金や満期金は違うので、差はありますが・・・。
メットライフのは、月2万6千円を15年間払ったら、子供が大学入学する時に確実にいくら受け取れるのですか??もし外貨建てに不安を感じるのなら(そうでなくても)、学資保険一本で教育資金を準備するのは非常に危険です。
学資保険は余裕のあるお金(お祝い金やこども手当)を当てるようにし、それ以外にも定期預金などで着実に準備すると良いと思いました。
不意にいろんな出費があるのが人生だと思います。
そんな時パッと引き出して使える預貯金がないと大変ですから。
私なら、学資保険と預貯金は半々で備えると思います。
子供一人に500万用意したいなら250万ずつ。
学資保険は、戻り率の良さを重視したいので、年払いや全期前納などの保険料が少しでも安くなる支払い方にしてます。
保険ですから、契約者に万が一のことがあった場合の払込免除特約は付けといた方が良いと思います。
私はアフラックの全期前納(戻り率117%)明治安田生命の学資(戻り率124%)・・に入ってます。
加入した時期や会社によって戻り率も色々ですが、まぁ元本割れしなければ良いかな~★と思っていますが。

たしかに不意な出費はつきものなので学資保険と預貯金半々でやっていこうとおもいます。
保険会社にも外資系ではなくて別の保険を紹介していただけるようにお願いしてみようと思います。
回答していただきありがとうございました。>

毎月の学資保険掛け金は、毎月の“貯蓄額”に入りますか?

毎月の学資保険掛け金は、毎月の“貯蓄額”に入りますか?子供1歳、夫34歳、私33歳、夫婦正社員、私は育休明けの時短勤務です。
毎月の手取りは、夫30万、私14万、会社の扶養手当+児童手当2.2万円です。
子供1人共働き家庭だと、月の貯蓄額は、平均18%(7.2万円)というのを見て、うちも毎月それくらいは貯蓄したいなと思いました。
一応、夫の給料を家計費、私の給料を貯蓄としているのですが、私の給料から、保育園代半分、私のお小遣いと昼食代、子供の学資保険は払うことになっています。
そのほか、会社の確定拠出年金、財形貯蓄が天引きされるので、私の給料はほとんどこれらでなくなってしまいます。

・毎月手取り18%貯蓄、というのは、ボーナスはノーカウントでしょうか?・毎月の“貯蓄”のなかには、確定拠出年金、財形貯蓄は含まれると思いますが、子供の学資保険も含んで考えていいのでしょうか?・会社の扶養手当や児童手当も、手取り収入に入れるのでしょうか?学資保険は、5年で全て払い込み終えて、18歳以降に1.2倍くらいになって戻ってくるもので、親が死んだときの保障だけ含まれていて、医療保険などは含まれていない貯蓄型です。
最初の5年は、解約すると元本割れします。
以上よろしくお願いいたします。

学資保険は元本割れしないのですから貯蓄に入れて良いのでは無いでしょうか。
元本割れしたとしても、受取金額に相当する部分は貯蓄としてカウントすべきかと思います。
(元本割れ分は保険料という位置づけかと思います。
)同様に、個人加入の年金や財形貯蓄も将来戻って来るお金ですから、当然貯蓄に入れるべきでしょう。
手取りに関しては市役所から貰う公的な児童手当をカウントするかは個々人で違うのかも知れませんが、会社から出る手当は課税所得の対象ですし、それに対する支出はカウントしている訳ですから、手取りに入れるべきだと思います。
とは言え、世の中にはより厳しく考えて自分を追い込んだ方が貯められる人と、貯まった金額を見て嬉しくなり更に上を目指そうと言うタイプが居ると思いますので、ご自分にとって良さそうなカウントの仕方を選択しても良いとも思いますけどね。
私は後者で、貯まったお金を見て嬉しくなり、消費を抑えてもっと貯めようと言うモチベーションに繋げている方のタイプなので、公的年金保険料以外は貯蓄にカウントしています。

毎月手取り18%貯蓄という数値がボーナスを月割りしたものを含むのかどうかは、そのデータの出どころによりますのでわかりません。ただ、一般的に年間家計の20%?を貯蓄に回せれば健全と言えると思います。
ここからは私の感覚ですが、扶養手当は給与と共に入るものなので手取りに入れています。児童手当は家計とは別に管理しているので家計に加えていません。
貯蓄型の保険と個人年金、学資保険などは目的や払戻時期が確定されるので、資産には含んでよいと思いますが毎月の貯蓄額という感覚では考えていません。家計の中の「保険」の項目に入れています。
財形はしていないですが、私は毎月の貯蓄と考えます。
月額18%は目安としてよいと思いますが、ボーナスの割合もありますし、年間でそして長期的にも計画されるとよいと思いますよ。
我が家は40代に入りましたので年間30%程は貯金にまわすようにしています。子供が高校卒業の時に住宅ローンが終わるので、住宅ローン分を大学学
費に当てて、なるべく貯蓄のペースを変えずにいこうと思っています。>

かんぽ生命の学資保険について質問です。

かんぽ生命の学資保険について質問です。
孫が18歳になると,孫の(大学などの)学資につかったり出来るようにまとまったお金(数百万円)が契約者(私)にもらえると言う保険です。
全期前納で払うんで結局満期(孫が18歳)にお金が増えてもらえるというもので余計な保険オプションを付けない場合はまったく定期預金と同じようなものです。
これって,18歳の満期に孫に渡すと,贈与税の対象になるのでしょうか。
学資保険なのに,贈与税が取られるならおかしなことだと思うのですが。
学資保険と言う名前なので孫の学資に渡しても無課税なのでしょうか。

残念ながら、一括払いにすると贈与税対象です。
基本的に学資保険は、子の親が契約者になり、満期で保険金を受け取るのが一般的です。
この場合、満期金は4回に分けて受け取りが多いので、親の一時所得でなく雑所得になります。
額によっては非課税になります。
**契約者は所得低い方(配偶者)にして、雑所得38万円以下の非課税となる方法を使うのが良いかと。
100万円/年x4回の満期金でも益は、20万円/回なら、確定申告不要で、非課税に持って行ける。
その場合でも、親が、孫の為に、孫の親が契約者の一括払いの保険料を渡すとそのお金は贈与税対象です。
保険料を一括払いでなく、年払いか月払いにするなら、親が子へ、生活費とか小遣いの範囲でお金を渡せるなら、孫の為の学資保険料が、贈与税から外れると言う考えも出てきます。

満期で受け取っても,全額を直ぐ渡さないで年間100万円位に分けて
パラパラ渡すということになりますね。>契約者と受取人が同一人物なら一時所得となり特段問題ありません。>

学資保険は契約者が父親で被保険者が子供の場合に子供が死亡したとしたらその学資…

学資保険は契約者が父親で被保険者が子供の場合に子供が死亡したとしたらその学資保険はどうなるのですか?

主契約部分の金額が支給され保険契約自体は解消される保険が多いと思います。

県民共済、学資保険について

県民共済、学資保険について全くの無知なので質問させて頂きます。
夫、私、娘(7ヶ月)三人とも、何も保険に入ってません。
夫と私は県民共済に入るつもりです!娘は学資保険に入るつもりです!まず、学資保険と県民共済は全く別の保険ですか?娘が入院などしても学資保険は関係ないですよね?その場合は県民共済+学資保険に入ったほうがいいですか?学資保険は学費だけの話ですよね?わかりやすい回答お願いします。

学資保険というのは、教育費の積み立てでもし親(契約者)に万が一(死亡)なことがことがあった場合、収入が途絶えて教育費積み立てが出来なくなって困らないように教育費を確保する積み立ての保険です具体的には親(契約者)に万が一(死亡)があれば以後の保険料支払いは免除され、祝い金・満期金は予定通りの額が支払われるものです基本は貯蓄件万が一の時には支払い免除で満期金がもらえる保険と思ってください。
ですから子供の医療保障はありません。
しかし、学資保険の中には医療保障をつけれるものもあります。
それを付ければ子供の医療の保障も持つことができます。
しかし一般的には県民共済の内容のほうが安くて充実していることが多いので、学資と医療保障は別で加入したほうがよいかと思います。
あと質問主さんご夫婦の保障ですが、稼ぎ主が万が一の時県民共済の死亡保険金だけで生活していけますか?2馬力で働いていてどちらかが万が一でも葬式代程度の県民共済の保障で十分というなら大丈夫ですが、足りないと思うなら生活費確保する死亡保障もご検討されてみてください。
保険を検討されるに当たって、必要な保障は以下のように分類されると思います1)自分のための死亡保障(葬儀代など) 2)残された家族のための死亡保障 3)自分のための医療保障もし2)の部分が必要と感じるなら、収入保障保険という稼ぎ主に万が一があった場合お給料代わりのように年金受け取りできる安い掛け捨て保険があります。
長くなりましたが詳しく設計するにはまず質問主さんご夫婦で予算など基本方針を決めた上で総合保険代理店や来店型保険ショップ等複数保険会社取り扱っているところ23箇所で相談すると質問主さんにとって一番納得できるものが設計できるのではないでしょうか。
ご参考になれば幸いです。

県民共済は、簡単に言えば掛け捨ての保障です。

学資保険は、基本的に「貯蓄」のための保険。
学資保険にも、
A.単に貯蓄だけの場合と、
B.親(契約者)に途中で万一のことがあった場合の保障が付いているもの、
あと、
C.お子さんの死亡保障や入院などが付いているものもあります。
Aだけよりも、BやCが付いている方が保険料は高くなります。言いかえれば貯蓄率が下がるということでもあります。

上記のCでお子さんの入院が付くと言いましたが、結局は満期までの保障です。
しかし満期の頃にはまた新たに保険に入ってもいいという話ですし、18年後(学資保険の満期頃)には今よりも良い医療保険が出ているかもしれません。
逆に言えば、それまでに持病が見つかればもう保険に入れなくなるかもしれない。

・・・・と考えれば、今のうちから共済などで入っていた方が・・・となりますが
それほど人間、簡単に入院などしません。
月1000円でも18歳まで払えば、20万以上になります。
それだけ入院などで受け取る人は稀でしょう。

と、子どもが大きくなったので私は言えるのですが
(成人してもなお、一度も入院や手術はありません)
今はお子さんの医療費もほとんど要らなくなっていますし、入院してもそれほど多額の費用はかからないのではありませんか?>私は県民共済、学資保険に加入してますよ。学資保険は入院なら条件満たしてれば支払われますが通院は出ません。県民共済なら通院も対象ですが、大人の場合は14日以上通院、子供なら1日目から出ます。>>>まず、学資保険と県民共済は全く別の保険ですか?別です、学資保険は貯蓄のためですが、共済は入院などの保障のためです。>>娘が入院などしても学資保険は関係ないですよね?基本的に関係ありませんが、学資保険の中には共済のような入院保障がセットになっているものもあります。>>その場合は県民共済+学資保険に入ったほうがいいですか?それは質問主次第でしょう。入った方が無難ですが、ほとんどの自治体では子供の病院代はタダになっています。>>学資保険は学費だけの話ですよね?学費だけの学資保険もあれば、親と子供の保障付な学資保険もあります。>

学資保険について、ご教示ください

学資保険について、ご教示ください自分は持病がある為、嫁さん契約で入るしかありません。
嫁:37歳 子供:1歳7か月・一番に考えているのが、子供が大学入る時に300万くらい一気に戻って来るように、しっかり別で貯めてあげたいという事です。
・次に多少でも、戻りが多い方がという気持ちもあります。
・月払保険料は、20000円くらいまでが良いです。
・契約者に何かあったら払わなくて良くなるとか、そういった事まではあまり考えていません。
・祝金とかは必要ありません簡単な見積もりで、かんぽの学資を試したら、戻り率が100%を割ってしまいました。
一番身近なはじめのかんぽで良いかな?って思ってたのですが、マイナスでは。
おすすめ等ありましたら、ご教示頂けますでしょうか。

ウチも低解約返戻金型の終身保険を15年払いで加入してます。
AIG富士です。
保険の窓口みたいな総合相談所で家族内の保険の全てをやってもらってるので、そこに相談して色々見積もり出してもらって決めました。
この手の終身保険は15年払いにすれば解約さえしなければ大学入学時には100%は超えます。
総合相談所的には終身保険の契約は嬉しいので結構すすめられるみたいですよ。
ウチは段階的な受け取りは要らないし、もしかしたら大学入学時にさえ使わないかもしれないから終身保険という選択です。

低解約返戻金型の終身保険で15年払い、月2万円ほどのものに加入しています(主人40代、年払い)。満期が過ぎたら返戻金が100%を越え、18年目で最低でも返戻率108%になります。うちはインフレリスクも考えて、利率変動型のメットライフのものにしました。>かんぽ生命でやるなら、18歳払いでやると元本割れになりますね12歳払いにして、18歳満期にすると、月2.2万円くらいでプラスになるはずですなお、入院特約はつけないことまた、月払いではなく年払いにすることで多少パフォーマンスが上がりますただし、かんぽ生命より他の保険会社の方がパフォーマンスが良いかと思いますフコク生命という回答もありますが、受け取りを22歳にして、この4年分の利息をプラスした返戻率だと、当然返戻率は高く見えますフコク生命は受け取るタイミングを遅らせることでよく見せているということですかんぽ生命は、支払いが終わるタイミングを早く設定して、支払いが終わってから受け取りまでの期間の利息を作ることで返戻率をよく見せていますこれらを比較する時には??支払期間を同じに設定する??受け取り時期を同じに設定することで、違いが明確になります保険料の負担に問題ないなら支払期間は短く設定します受け取り時はお子さまがストレートで大学入学する前年末としておきます祝金があるものは据え置いてこの時に一括受け取りで試算入学後の年金受取や、22歳時に一括受取となるものは18歳時に解約で試算その上でどこの保険会社のものが良いかは??契約者や被保険者の年齢により異なる??契約する時期により異なる(低金利の影響のため1年前の情報もアテにならない)ことから、ご自身で確認されると良いかと思います1年前に契約したフコク生命やソニー生命の情報は現時点では使えませんまた、学資目的ということなら、学資保険だけではなく、低解約返戻金型の終身保険(長期定期保険)も確認して、必要な時期の返戻率が最も高いものにするのが良いかと思います>うちも富国です^_^
いろんなパターン
(所々で祝い金を貰うのか
最後に一気に貰うのか)
ができるのでいいですよ*\(^o^)/*>うちは富国、17歳払込終了祝い金あり118%です。>JAの年払い、オススメです色々比較して一番戻り率よかったです。>

3人目出産で学資保険を考えています。
先日3人目が産まれたので初めて学資保険を…

3人目出産で学資保険を考えています。
先日3人目が産まれたので初めて学資保険を考えてます。
今まではお祝い金、生活費の残りやボーナスが出た時などに郵便局に数万円づつ貯金をして2人共現在100万近くは貯金があります。
貯蓄だけだと勿体ないので今後は1人目は加入出来ないかもしれませんが、2人目と3人目で戻り率の良い学資保険に入って貯蓄を考えたいです。
以下箇条書きでお許しください。
1人目(小学一年生)2人目(4歳)3人目(0歳)です。
1. オススメの戻り率が良い学資保険は?300万円コースの場合。
2.例えば、3人目の名前で2社にダブル加入はできるのか?(0歳加入の方が月々安いと考えた為)出来る場合は、片方は300万円コースと150万ぐらいで検討中。
今使えるお金は郵便局と自由費合わせて300万ぐらいなので早目に払い込みできるならあてるつもりです。
月々で払い込みする場合に使えるお金は2万5千円ぐらいにと考えています。
オススメプランやコースも教えて下されば有難いです( ̄▽ ̄)

ソニー生命さんの学資保険が業界では一番良いですよ!

お金を預けている期間が長いほど返戻率が高くなりますので、返戻率が高い保険の中にはお子様が22歳になった時が満期として設定されているものもあります。大学院へ行かせると決めているなら別ですが、普通は大学入学時に一番お金がかかります。推薦で大学に進学した場合は高校3年の秋に大きなお金が必要となることがありますので、その前に満期を迎える商品を選ばれると良いでしょう。

学資保険は通常早くてもお子様が17歳頃満期となります。3人目のお子様で全てご契約すると、必要な時期にお金がない可能性が高いです。学資保険は途中で解約した場合、解約返戻金は支払った保険料より少ないことがあります。

具体的な返戻率はお子様の年齢や満期によって変わってきますので、一度保険屋さんへ相談された方が良いと思います。

業法上、この場では詳しく回答できない部分も御座いますので、個別にお問合せ頂ければと思います。専門家サイトにて無料で承っております。>1に関しては、返戻率だけで考えれば、明治安田生命の「つみたて学資Ⅰ型」でしょうか。

2は、W加入は可能です。しかし、契約者と被保険者を同一にする場合、満期時期の設定に注意が必要です。

18歳満期と15歳満期でW加入した場合、満期時期は3年の差となりますが、実年齢で4歳ほど違いますので、1年のロス(上のお子様が19歳の時に15歳満期を迎える)が生じます。

自由満期の養老保険は老若男女どなたでも加入出来る関係上、掛け金や保険金に商品自体の死差や費差が査定されます。
ゆえに、学資保険より返戻率は落ちますので「預金・貯金」の方がよいでしょう。

当然ですが、保険はあくまで「保険」でしかありまあせん。

お子様の将来資金として貯蓄の一環とお考えの場合、利便性も含め「預金・貯金」での運用が望ましいと個人的には考える次第です。>一人目さんの時なら学資保険の利率はかなりよかったのですが、その後はかなり下がっているようです。
うちは下の子は養老保険に入っています。
その方が利率がいいので。
無料の保険相談をされるといいですよ。一気に150万かけて、帰ってくるのが15年後でだいぶ増えてかえってくるなんてのもあります。
また保険はお子さんの年齢ではなくご主人の年齢が関係します。
保険は何年後にもらえるのが普通なので、高校で私立に行くなど急に高額が必要になる時があるので、有る程度は置いておいた方がいいと思います。>3人目のお子さん名義でwで加入をされる考えがあるなら、

最初から3人分別々に加入された方がいいかと思いますが。。。

学資保険は基本18年掛けて高校3年時(大学入学の前)に満期になり進学資金に使う形ですよね。。

なので、下のお子さんばかり掛けないで、長女の方にも同様にされた方がいいです。

上の子達は100万づつの貯金が既にあるとのことなので満期で200万で掛けて

3人目のお子さんに300万で掛けたらいいです。。>

学資保険について。
9月に第一子が誕生します。
なので学資保険を検討中です。
2箇…

学資保険について。
9月に第一子が誕生します。
なので学資保険を検討中です。
2箇所ほど保険ショップをまわり話を聞いてみたところ、返還率は同じくらいで死亡保障がつく終身のほうがお得だとのことでした。
なので学資保険ではなく終身を追加しようかと考えています。
勧められた保険会社は2箇所とも違っていたのですが今はどこがオススメでしょうか?保険に詳しい方アドバイスよろしくおねがいします。

このような質問は過去たくさん出ているのですが一向に学資積み立てで終身保険を提案する販売者が減らないのでできる限り暴露して回答しています。
教育資金積み立てでお考えなのであればまず、終身保険ではなくあいおい生命 低解約定期保険 100歳保障 15年払いもしくはアクサ生命 低払い戻し定期保険(フェアウインドウ) 98歳保障 15年払いで設計してもらってください。
百聞は一見にしかず。
同じくらいの保険料(積立額)で比較してみたらよく分かります。
まずは取り扱い代理店で設計してもらってください。
・終身保険・あいおい低解約定期保険(100歳保障15年払い)・アクサ生命低払い戻し定期保険<フェアウインドウ>(98歳保障15年払い)どれだけ差が出るか驚くと思いますよ。
同じ保険料なのに低解約定期保険の方が返戻率5%程よく、死亡保障額も多く設定できます。
今、利率変動低解約型終身保険はソニーの学資保険より返戻率が悪くなっているので、学資目的であれば終身保険を選択する必要はありません。
ちなみに担当者の手数料はソニー学資保険1倍<あいおい低解約定期保険10倍<終身保険50倍くらいなので。
あと低解約返戻金タイプは保険料支払い期間中は解約返戻金がかなり制限されていて、途中解約は大損するので最後まで何があっても払いきるつもりで加入してください。
単純に返戻率を比較すれば比較事例:30歳男性 お子様0歳 300万満期 月払いで比較アフラック お子さん10歳で払い込み完了プラン受取総額300万円で月20870円、総支払額250万4400円(119.8%)このプランが最強だと思います。
月額は大きいですがお子さんにお金のかかり始める中学生になるまでに支払いが完了してしまいます。
18歳払い込みで比較するとソニー生命 学資保険II型プラン月12420円 総支払額268万2720円(111.8%)http://www.sonylife.co.jp/examine/lineup/list/pdf/OA30.pdf(ソニー生命学資保険のパンフレット。
PDFです)アフラック 夢みるこどもの学資保険月12470円 総支払額269万3520円(111.4%)https://www.aflac.co.jp/simulation/gakushi/index.php(アフラック 学資保険試算サイト)となっています。
ので終身保険のプランでなくても良いと思います。
教育資金準備で大切なのは、いつまでにいくら貯めるのか?だと思いますまず教育費積立と同時にご夫婦の保険の保障の持ち方もしっかりお考えください学資保険で万が一の時に教育費だけ確保できても残された家族の生活費が確保できていなければ意味がありません教育資金の積み立てで保険を利用するメリットは、ご主人にもしものことがあっても学資保険なら以後の積み立て保険料免除で満期金は全額もらえますデメリットは今利率が良くない上18年間固定利率なので銀行などの他に預けるより増えません親の生命保険の死亡保障額が生活費+教育資金まで賄っているなら学資保険加入の必要はありません将来の教育費を参考に計画をお立て下さい・・・・・・・・・・入学費・・年間教育費(/年)・学外活動費幼稚園(公立)・・10万円・・25万円・14万円幼稚園(私立)・・10万円・・50万円・14万円小学校(公立)・・10万円・・30万円・24万円小学校(私立)・・30万円・120万円・24万円中学校(公立)・・10万円・・45万円・31万円中学校(私立)・・30万円・125万円・31万円高等学校(公立)20万円・・50万円・26万円高等学校(私立)40万円・105万円・26万円大学(国公立)・・30万円・・50万円大学(私立文系)30万円・・90万円大学(私立理系)110万円・120万円大学(私立医科)200万円・370万円仮に公立で幼稚園から文系大学までだと約820万円オール私立だと約2060万円かかりますこの中でも一番お金がかかるのは大学です。
月1万ずつ貯金しても年12万×18年=216万円しか貯まりません大学2年分位ですね。
倍の月2万円で大学文系4年分くらいになります高校は無償化に動いていますからもっと少なくて済むかもしれませんね。
この機会に再度いろいろご検討して納得した物にご加入ください。
ご参考になれば幸いです。

学資保険の2トップは、ソニー生命とアフラックと言われています。
他の保険会社は、学資保険だと単純に戻り率を基準にすると、勝負出来ないので、終身保険を進めているんだとおもいます。
学資保険は、目的と使いみちがハッキリしているのが特徴。
終身保険は、払込保険料より解約金が上回りさえすれば、子供の学費以外の様々なことに使えます。
やめなければ死亡保障も確定 していますし!
選ぶ基準は、お金を増やしたいのか?子どもに万が一のことが起こった場合にそなえるのか?だと思います。>