学資保険が終了します。子供に掛けておくべき保険をどうしたらいいか…学資保険

年末調整の学資保険について教えて下さい。

年末調整の学資保険について教えて下さい。
今年の4月から子供の学資保険に入りました。
学資保険+医療保険も一緒に入ってます。
保険会社から保険料控除証明書は届いてるのですが書き方が分かりません。
学資保険と医療保険は別々に書くのでしょうか?初めてなので全く分かりません(>_<)

保険料控除証明書に記載された通りに書きます生命保険料控除証明書に一般の生命保険料控除介護医療生命保険料控除と別に金額の記載があれば、それぞれを書きます

保険外務員って、こんなもんですか・・・

保険外務員って、こんなもんですか・・・ 娘夫婦に学資保険を加入するためにS生命をネットで希望しました、元々私がS生命に加入しているので保険外務員は私の担当が自宅にやってきました。
しかし学資保険などは釣りで、実際は一般生命保険をしつこく娘に勧めます(対面方式ですから私はもう関係ありません)。
娘は派遣、義理の息子もたいした給与でないため、今の生命保険は会社の団体で入っています(外務員は県外の息子に面会に行く、会社辞めればこの保険はなくなる等、横で聞いていて思わず怒りそうになりました) もうその場の空気は悪くても屁のカッパ・・結局学資保険にだけ加入しましたが、最後は「ふん」という感じで帰っていきました・・この保険外務員、私と当初会った当時はこんなのではなかったのですが・・・仕事が、生命保険勧誘がこの様に人を変えるものなのでしょうか・・

クレームを出していいと思いますでも、会社からは大して怒られもしないでしょうけど…その担当者はお客様のことより自分の手数料優先ということ学資保険ではほとんど手数料はないので手数料の良いものを積極的に勧めて、断られると不満、ということですねこの業界にはそういう下品な商売人は多いのでこなれていくうちに染まっていったか、もともとそういう人だったか…そんな態度をとらなければあなた方の信用から、追加の契約や他の方の紹介もあったでしょうに目先の利益のみ追求するおバカさんということで上から見下ろしておけば良いと思います

学資に入られてもねえという感じなのでしょう。>いま、学資は営業成績にならないですからねぇ。
二年前くらいまでは良かったんですけどね。

また会社から、主力新規募集に力を入れろとテコ入れが入ってます。そうでなくとも、若い夫婦に子供が生まれたのなら、備えませんか?とおすすめするのはセオリーです。

営業は現場で場数を踏んでいくと、やはりいろいろありますからね…初心忘れるべからずとは、誰の言葉でしたっけね。そんな想いを忘れてしまうと、誰かの為とか、お役に立てた喜びとかよりも、自分の給与と成績と日々の生活を支えるために!となってしまうのでしょう。

目的の学資のみ、加入できてよかったですね。ただ今後も、事あるごとに勧めてくると思いますよ。>

かんぽ生命の学資保険加入を検討しています。

かんぽ生命の学資保険加入を検討しています。
しかし、最近主人に甲状腺の持病がわかり主人の身体を案じています。
また現在私は妊娠中ですが、不妊治療で預かることができましま。
妊娠したということは完治した?ということになるとしても、過去5年以内のことなので私名義でも入ることができるのか不安です。
わかる方いらっしゃったらお願い致します。

奥様の名義でなら、当然加入できると思います。
学資保険は名義人が死亡の場合、その後の保険料の支払いが免除されますので、病気を持つ方は審査を通らないことがありますが、不妊治療はその類ではありません。
奥様は至って健康かと思いますので、もちろん加入できると思います。
また、かんぽは女性名義の方が格安になりますし、夫には死亡保障のある保険をかけてあるが妻にはかけていない場合など、学資保険は死亡保障の代わりにもなりますから、妻名義でかけられる方がメリットもある場合も多いです。
(受け取りはお子様の満期年齢になってから)かんぽの職員も、ご主人が持病をお持ちならなおさら、そのように進めてくると思います。
またかんぽの学資を貯蓄として考えるのなら、特約はすべて外すことにより、単純に260万程度の支払いで300万円を受取となります。
国債など資金運営をご自分でされるのでなければ、お子様の為に強制的に貯金できるという意味でも良い選択です。

K2 Investment 保険アドバイザーの和田です。

健康状態に関するご質問でしたが、かんぽ生命に限ら”学資保険”への加入をお辞めになることを提案します。

今、日本国内販売している保険会社の利率は史上最低のもの(正確には予定利率と言います)で、学資プランであれば15年前後の期間を超低金利の利率で縛られた上に、もし途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れです。

日本は現在、インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしていますから、このような状況では金利がつかないことで、資産が目減りしていることになります。仮にインフレ率を2%だとすると、10年後は18%、20年後に約30%以上、増えていなければ実質元本割れです。文部科学省では2015年の12月に、年間約54万円の国立大学授業料を2031年度には93万円程度に上げるという試算をしているのをご存知でしたか?16年後に現在の1.7倍です。

学資保険は契約者の年齢や満期時期、また受取り方法などにより、どこの会社の学資保険が一番利回り(返戻率)が良いかは違ってきますが、月払いで15~18年の支払期間であれば、利回りの高いもので、おおよその返戻率(受取る学資資金の総額÷支払保険料の総額)は110~118%程度です。

最近は低解約返戻金型終身保険という商品の支払期間を10年~15年くらいに短くして、学資保険の代わりとするようなプランを各保険会社で取り扱っていますが、こちらも保険料が月払いであれば、返戻率は学資保険とほぼ同じです。

*新しい教育費の貯めかた?「低解約返戻金型終身保険 の学資プラン」
http://kaigai-shin.net/archives/3135

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます
http://kaigai-shin.net/archives/2849

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】
http://kaigai-shin.net/archives/4959

日本の学資保険ではありませんが、海外の保険会社の扱う似たような仕組みの保険では、積立期間15年で、15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し、さらに殖えて受けとれることができる商品があります。健康状態は問いません。

例えば
・払込保険料総額:200ドル?12ヶ月?15年=36,000ドル
・満期金:36,000ドル?140%=50,400ドル(最低保証)
・最低保証返戻率:140%

低解約返戻金型終身保険や学資保険のプランには死亡保障や保険料払込免除など、保険としての機能を合わせ持っていますが、もし保障が必要な場合は定期保険や収入保障保険などで用意し、「保険は保険」「貯蓄は貯蓄」で分けて考えるほうが、より殖やすことができます。これからは超低金利の日本国内の商品から探すのではなく、世界の商品の中から検討されてみてはいかがでしょうか?>学資保険は契約者(親)と被保険者(子供)の健康状態を告知する義務があります。
今の段階では契約できるかどうかは微妙です。
それでも申込みだけは受け付けるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか?契約締結の判断は窓口担当者ではなく、かんぽ生命所属の医者になります。
例え父母共に契約者になれず契約締結にならなかった場合、学資保険ではなく養老保険(健康状態の告知は被保険者のみ)で契約することはできます。
また、かんぽ生命に固執せず、お近くの「ほけんの窓口」に相談してみるのも方法の一つです。

取り急ぎ参考になれば幸いです。

元気なお子様を産んで下さい。>まず、預かるではなく授かるですね。
それから、不妊は病気ではないので、完治と言う考え方は有りません。

学資保険の場合契約者が万一の場合の払い込み免除が有るものと無いものが有ますが、いずれも契約者の不妊治療については関係ありません。ただ妊娠中毒とかの異常が発生していると告知が必要になります、その場合の判断はかんぽ生命がします。>ファイナンシャルプランナーです。

ご懐妊おめでとうございます。
学資保険でいう名義とは=被保険者のことだと思いますが

被保険者は、保険をかける対象人になるので生まれてくる
お子様がなります。

・契約者=保険料を払う人
・被保険者=保険を掛ける対象の人
・受取人=満期・死亡保険金を受け取る人

保険の契約ではこの3つの枠があります。

よってお子様の健康状態が関係してきます。
契約者は両親(健康状態は関係ありません)

一方、学資保険ではなく、低解約型終身保険で親の死亡保障も
かねてお子様の教育資金を準備する方法だと文面のように
加入できるかどうかを考えなければなりません。>

学資保険ってそんなに大事ですか?二歳の娘が

学資保険ってそんなに大事ですか?二歳の娘がおります。
来年から幼稚園に入園予定です。
幼稚園はそれほどお金はかかりません。
娘が産まれた途端、加入してる生命保険の担当者から学資保険を勧められたり、銀行や郵便局の窓口でも勧めらます。
私は何も娘には生命、学資保険共にかけてません。
高校、大学と進学の時にお金がかかるので、やはり学資保険は大事ですか?女の子ですが、娘が大学へ進学を希望すればサポートできるだけしたいと思います。
周囲の友達も学資保険に入っているようです。
自分で貯金するよりも、利率のよいモノもある聞いてます。
でも、その銀行や保険会社がつぶれたら賭け金は戻ってこないのでは?といくら説明されてもどうも納得いきません。
保険などはこちらが損するように出来てると思えて仕方ないのです。
実際どうなのでしょうか?学資保険をかけていて助かったという方、学資保険をかけてる方をご意見をお聞かせ下さい。
よろしくお願いします。

学資保険が大切かどうかはご家庭の事情により異なります。
我が家は加入に当たり、かなり調べましたが、損はないと考えてます。
子ども1人が幼稚園から大学まで卒業するのに学費だけで1000万、半分を大学進学に使います。
学資保険はその進学費用を積み立てておくためのものです。
進学費用が無理なく簡単に貯められる人は必要ありません。
学資保険のメリットは(1)払込免除特約をつけていれば、契約者の親に万が一のことがあった際に、保険料の払込をしなくても満期がきたら満期金を受け取れる(2)銀行の定期貯金や積立貯金よりも100万円が110~120万円というように払込額より受取額が増える(11~1.2倍)(3)受取額-支払額が50万円以下なら非課税(4)会社が潰れても救済措置で予定受取額の約90%が保障されるデメリットは(1)払込期間内は払込を続ける必要がある(2)途中解約したら支払額より受取額は少なくなるという点です。
一見、学資保険には保険会社のメリットはないように思えますが、保険会社は学資保険で儲けるのではなく、学資保険加入時に生命保険や医療保険などに加入させることで利益を出したり、預けてあるお金を投資に回し、利益を得てます。
利益重視の学資保険は今までソニー生命とアフラックのトップ2でしたが、保険料改訂により、2013年4月から販売された日本生命の学資保険が利率・受取方法・払込方法すべてでダントツに良いです。
我が家は長男がソニー生命月13000円×12月×17年=2652000円受取り12歳54万15歳54万18歳180万合計288万(約108%)次男が2つかけていて、アフラック月20860円×12月×10年=2503200円15歳50万18歳250万合計300万(約119%)日本生命月32000円×12月×5年=1920000円受取りが18歳240万(約125%)日本生命http://www.nissay.co.jp/kojin/gakushi/上記のアドレスで見積りが簡単にできます。
参考になれば幸いです。

学資保険がというより、大学進学時には何かとお金がかかるので今から少しずつ貯める、出来るなら利回りの良い学資保険で貯めたいということです。

うちはもう全員成人していますがかんぽの学資でした。
今は元本割れでお勧めできませんが、当時は利率が良かったんです。

銀行や保険会社が潰れたら・・・と本気で心配するのならどこの金融機関にもお金を入れるべきではないですね。
自宅の金庫やタンスに保管しなければね。

子供たちは一人は首都圏の国立大学で授業料はさほど掛かりませんでしたが生活費と家賃で月に15万援助していました。
一人は通学で私立だったので入学金など初年度に100万、2年目からは80万ほど掛かり、交通費や部活の費用などバイトもしてましたが毎年大変でした。
二人とも院まで行ったので学資保険のお金、700万は消えて無くなりましたがとても助かりました。>学資保険は、必ず学費に使わなくてはいけない訳ではありません。

18になったら免許も取る、今で30万ぐらいかかりますよね。
免許を取ったら車も必要になるかもしれない。
成人式の着物
お嫁に行く時に本人がしっかり貯金してくれていればいいけど、親がかりになるかもしれない。

高校卒業する頃って、イヤになっちゃうぐらい子供にお金がかかります。

知人の娘さんは、お金が払ってもらえないからと
専門学校への進学を断念されました。
やりたい勉強はさせてあげたいですよね。
「お金がないほどみじめな事はない」 私の親の教訓です。
息子は23と21になりましたが
今でも金食い虫(学生)です。

もっと具体的に書きますと
小学校の中学年・・・高学年ぐらいから、塾などで出費が増えます。
中学に言っても進学塾、一人月2~3万+夏季・冬期講習 (わが家の時です)
高校に行っても塾、大学に行っても、私立で遠方なら4年間授業料と仕送りで1000万かかります。

お子さんが小学生のうちが一番貯金ができるんですけどね
10歳払い済みの学資保険なんて、保険料は割高になりますが理にかなっていると思います。
学資保険で貯めているだけでは足りないぐらいですよ。>私は親が学資保険に入っていてくれて、そのお金で大学の入学金を払ってくれました。重要なのは意識せず、少ないお金が自動的に貯まるとこだと思います。貯めようと思ってもなかなかですからね。銀行はいくらかまでは潰れても保証されるはずです、そのあたりも調べてみられてはいかがでしょうか?>僕はかけてますよ。

6歳の娘がいるのですが、私は薬剤師で妻はナースだったため、必然的に娘も医療関係に就くかと思います。
そうなると学費も高額ですからね。
もっとも子供の学費というのは私や妻の両親が援助してくれると思うので、実際どれくらい使うかわかりません。>

学資保険について質問です。
人気があったり、おすすめの学資保険があれば教えてく…

学資保険について質問です。
人気があったり、おすすめの学資保険があれば教えてください。

以下人気があるとかランキングを作成している提携代理店ではないため登場しません。
保険の窓口での加入など保険会社のマークがあっても取り扱いをしていない場合がありますし、あっても手数料がないので出してこれないこともあるかもしれません。
直接保険会社に電話するか、一番早いのは近所の事務所やそこの社員や職員や代理店で扱える人に頼むことですね。
保険は内容が同じなら保険料はどこで加入しても同じです。
今最もお勧めは29年一月では日本生命になります。
ウェブで計算してみてください。
受取300万で。
(基準100万、年払いといれるといいですね)(各社28年末までに売り止めなど、利率改定などもたくさんあり)JAのステップも率は下がりますがまあよい、の部類かもしれませんが保険ではなく共済です。
短期払いがなく18歳前納制度のようです。
(契約者保護機構)お勧めの理由として記載しておきます。
日本生命は配当金が付きます。
その分は表示される率には反映されていませんのでさらに+でした。
5年短期払いや10年払い、17年、18年払い等を選べる。
もらい方が一年目が多い。
一括でもらうこともできる。
契約者じいじでもよい。
最高の理由は途中解約の時の安心度配当金抜きでの試算では★解約金が払込途中で上回るので途中での解約でも損がない(18年払いでは約10年目、5年払いでは約5年目)(以前より、貯蓄性商品のこと細かいことを研究されたお客様はここが他社比較後でも決定打となります)。
ようするに貯めるものですので銀行御預貯金同様の安心度だということです。
★お金に余裕がある人は50万×5年=18年後300万というような内容です。
元本は6年目には超えていますのでいつでも損失はなく解約も可能。
学資は生命保険料控除になります。
率がよいのはわかりますが、すでに死亡保険に年間8万以上支払いされている方は控除証明書を出してもそれ以上は無意味になりますよねこのことから、「個人年金、個人年金保険料控除」の戻る「税額を利息と考えれば」学資のように毎月一万円やられる方もいます。
満期で18歳で受け取るものとは別加入になりますが、18年後には元本がこえているので解約してもよいわけですし。
一石二鳥かもしれません。
ほかは、学資保険、個人年金で18年後支払い開始のもの、終身保険5年払いなど。
養老もいいですけどね。
で、個人年金保険料控除を考えて個人年金一万円、と学資年50万円5年などはお勧めの組み合わせかもしれません。
子供が小さいうちしかお金はたまりにくくなる。
今を逃すと4月以降ですとおそらくこの率に戻るのは大人になってからかもしれません。
来年度は値上がりの懸念がありますし今月決めたほうがいいですよ。
満期は高校三年生の一月または2月などに自動的になると思います。
※学資保険各社比較、支払い開始は契約月ではないものもあります。
学資は貯蓄だけという意味合いが濃いですから、お父さんの死亡保障、子供の医療などは別加入確認、検討されてください。
死亡保障がなく、どうしても学資だけ、のときは多少元本が割れても育英年金つきがお勧めです。

学資保険でアフラックの夢見るこどもの学資保険にしようかと検討中です。
300万…

学資保険でアフラックの夢見るこどもの学資保険にしようかと検討中です。
300万コースで、保険金支払い方法を、一括か年払いで考えてるのですが、一括は返戻率いいけど金額が大きく、どうしようか迷い中です。


17年は長いし、もしものことを考えて、やはり一括は避けるべきでしょうか??アフラック以外に、おススメの学資保険とかありますか??あまり保険のことはよくわからず。

アドバイスいただけたらうれしいです。
よろしくおねがいします。

一括でいけるなら養老保険とかはどうですか?大概5年程度から元本割れしなくなります。
17年後には学資と同じくらいの利率で解約すればいいだけです。
100万単位で3本にしておけば、途中利用目的が変更になっても融通がききますよ。
一括なら養老保険もいいと思います。

学資保険。
現在子供1人、主人と私は別々に子供の学資保険にはいっています。
目的…

学資保険。
現在子供1人、主人と私は別々に子供の学資保険にはいっています。
目的は将来の積立ての為、別々にはいっていればどちらかに何かあった場合などを考えてという安易な意見です。
二人目が誕生するにあたり主人が学資保険は主人だけでよいのでは?といっています。
アドバイスお願いします

分けると管理が面倒くさいですから、される方はあまりいませんね。
ご主人の保険は、一般の生命保険でしっかり備えて、学資保険は奥さんの名義にして管理しやすくされる方が増えてますね。

二人目のお子様の誕生おめでとうございます。
とても楽しみですね。

私は保険代理店で勤務経験のあるものです。
質問内容を見させていただく限り、学資保険で積み立てをしたいが、ご主人様、もしくは奥様に万が一のことが起きた場合の子供たちの学費が心配ということでしょうか?

もし、私がこの相談を受けるのであれば、”終身保険での積み立て”をお勧めします。

お子様方のために、学費を準備しようというお考え、とても素晴らしいです。
しかし、二人目のお子様の誕生に際し、ご主人様の生命保険の見直し(死亡保障の増額)はもうお済みでしょうか?

なにも話をすり替えようという考えではありません。
終身保険は死亡保障の保険ですが、積み立て機能もあります。
そのため、この保険をうまく活用することで、学費の積み立てもご主人様の死亡保障の増額も可能です。

正直なところ、学資保険ほど率はよくありませんが、ご主人様の死亡保障の増額を掛け捨てでかけてしまうより断然よいと思われます。

学資保険に限らず、終身保険についても興味を持っていただければ、さらにい方法が
見つかると思います。

何はともあれ、お二人目のお子様、そしてyuko1218sekiganeさんが無事に出産を終えられることを心からお祈りしています。>

学資保険について。

学資保険について。
学資保険について、保険市場に相談に行ってきました。
学資保険ならフコク生命のみらいのつばさ、アフラックの夢みるこどもの学資保険を案内してもらいましたが、学資保険よりも終身保険の方が戻り率がよく学資保険以外にも使えるメリットがあると言われて、アリコと富士火災を案内してもらいました。
ただ、終身保険はいいと思うのですが、月々一万円までと考えていたので、アリコにすると約一万三千円ちょっとになり、少し高いなぁ~って思ってしまい、富士火災だと月々は一万千円ちょいなのですが、会社がちょっと不安な気がして迷ってます。
参考までに皆さんは学資保険はどうされてますが?教えて頂けると有りがたいです。
よろしくお願いします。

大切なお子様の学資金ですので慎重になられるのは当然の事とお察しいたします。
低解約返戻金型終身・定期ですが 途中で解約してしまうと70%以下の返戻金しか受取れなくなり大切なお子様の学資を大きく目減りさせてしまいます。
リスクを背負うことも理解しなければいけません。
中途解約や減額の率がこのご時世ですから非常に高いことも計算されています。
お子様が小さいうちはさほどお金もいらなかったが、成長するにつれお金が必要になってくることが多くなり、ご家族のライフステージに対して負担になってくる場合が多いからです。
給料・ボーナスの減額や車の購入や維持費・住宅の購入や維持費・中学・高校の費用など このような、リスクを押してまで学資保険に加入するのは、強制的に貯蓄できる事と払込免除などの保障があるからとなります。
学資保険だと途中の解約は9割は戻ってきますし、契約後9年ぐらいで元本も割れなくなるものもあります。
低解約返戻金型終身・定期と学資保険の利率とリスクを比較すると学資保険の方が安心して加入できる商品だと考えます。
販売者としては終身の手数料が高いため学資より終身をご提案される方が多いです。
最終的にはご自身の判断ですので後悔されないようにしてくださいませ。
参考までに 月払いであればソニー・アフラックの学資が有名です。
しかし、年払いですと・・・昨年の4月から販売開始となったJAのこども共済「すてっぷ」が年払いであれば、5年利差配当型ソニー・無配当型アフラックを凌ぎ毎年配当型(契約後3年目以降)としてトップクラスの給付率で登場いたしました。
30歳男性 お子様0歳 300万満期17歳払済み年払い155910円×17年間=2650470円で300万+据置割戻金(配当金)が受け取れます。
ちなみに同内容で ソニーでは155970円×17年間=2651490円 300万受取アフラックでは 156250円×17年間=2656250円 300万受取 生まれる前に加入されると更に給付率が良くなります。
JAのすてっぷには生存給付金が自由に付加できるシステムも搭載してますので受け取り方法も自由に変化出来ます。
更に従来のこども共済と融合させることで、最高10回の給付を作りだす事もできますのでプランニング次第で様々なスタイルに変化させる事ができるようです。
学資保険の最大のメリットである払込免除は他社に比べ遥かに広範囲である事 対象として①死亡時②第1級後遺障害③災害2~4級障害④病気・ゲガでの障害による就業不能時(働けなくなった場合)⑤介護状態⑥認知症と他社であれば①・②・③までが払込免除ですがJAこども共済「すてっぷ」は病気やけがで働けなくなった場合や介護状態の場合にも対応していますので非常に優れているのではと思われます。
参考 払込を速くしたり一時払い等を利用すると確かに高利回りですが払込免除という恩恵が無くなってしまいます。
リスクマネージメントという視点からも考慮する必要があるのではないでしょうか? 例えば300万満期17歳払済にご加入され10年後にご契約者様が脳梗塞で働く事が出来きなくなり払込免除となった場合155910円×10年=1559100円で300万円+据置割戻金が受け取れます。
返戻率で換算すると約192%以上となります。
JA共済の資産は約46兆円(JAグループの総資産約190兆円)ソニー約4.7兆円・アフラック約6.9兆円・アクサ約5.6兆円・メットライフアリコ約6.8兆円・東京海上日動あんしん生命約14兆円 日本生命約49兆円に次ぐ大手ですので安心してご加入できるものと思われます。
(第一生命約30兆) 過去破綻した保険会社がいくつかありましたが、被害を被るのは貯蓄型の保険になります。
受け皿会社によって大幅に減額されます。
経営状態の良い会社安心できる会社を選ぶ事も重要なポイントになります。
JA共済の死亡保障については学資保険での払込免除に認定されれば支払い対象となるので大変質の良いものですので、一緒にご検討されても良いかと思います。
終身医療共済も64項目の払込免除と保険料の半分が積立になり将来医療保険が更に充実した場合の自己負担の軽減ができるようです。
しかし、プランニングスキルの無いJA窓口職員が多いため専門知識のあるアドバイザーにお問い合わせされると良いと思われます。
※5年利差配当=5年ごとに配当が計算される。
例えば、2年目、3年目に計算上配当が出ても、5年間の収支がゼロあるいはマイナスになる場合、配当なしと計算される。
その分保険料は安く設定されている。
※毎年配当・・・毎年決算に応じて配当する決算によって0の年もある。
(配当したものは差し引かれない)JA共済では、本年度も配当金が支払われるようです。
建物共済を除く 乱筆乱文となりましたが少しでも参考にしていただけますと幸いです。

私自身も相当悩みましたが、アクサのフェアウインドにしました。(今年の1月に契約)

私が以前質問させていただいたものを載せますので、参考にしていただければ幸いです。
これが正解というのはないと思いますので、質問者さんがどう使いたいかなどで決定できればよいと思います。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1077717470>

学資保険について。

学資保険について。
定期預金や他の生命保険など検討した結果、学資保険に入ることにしました。
(デメリットも考えた上なので、学資保険は辞めた方が良いという意見は、ご遠慮下さい)小・中・高・大学入学準備金、大学授業料分、就職前の引っ越し代分が保険で出るものにしたいのですが、何がお勧めでしょうか?ちなみに、今はニッセイかフコク生命で検討しています。
御回答、宜しくお願い致します。
補足ニッセイは2種類あるみたいですが、こどもの保険(げんき)の方は調べても詳細が出てきません……。
ニッセイ学資保険と、げんきでは、どちらが良いのでしょうか?

保険の種類は「学資保険」となります。
愛称として、ニッセイは、こどもの保険(げんき)。
フコク生命は、(みらいのつばさ)種類は多くないので、内容的にはどこも似たり寄ったりで内容で優劣はありませんので注意点もなく迷うこともありません。
契約者、被保険者を決める、目標とする金額を設計する。
特約として、★お祝い金。
を手厚くなるように組み立てることをお伝えください。

【げんき】小学校・中学校・高校・大学ご入学にあたる年齢ごと、および満期時に「お祝金」を受取れます。
【学資保険】大学ご入学にあたる年齢から毎年1回、合計5回、学資年金を受取れます。
学資年金に加えて、小学校・中学校・高校ご入学にあたる年齢ごとに、こども祝金を受取れるプランもあります。
予定利率などはまったく同じ指標になるはずです。いつ?いくら受け取るか?違うだけです。優劣はありません。>http://xn--ruqz4z7ofcmtm12a62dn2n.jp/>アフラックの学資保険はいいですよ。
ただ、小学校、中学校はほとんどの会社面倒見てくれないと思います。
普通、高校、大学までです。
今、高校はほとんどただに等しいですし、大学なら、入学金、4年間の授業料でしたら、アフラックが一番いいと思います。
大学入学金が必要になる前に、一時金が出ますから。>

学資保険が終了します。
子供に掛けておくべき保険をどうしたらいいか悩んでいます…

学資保険が終了します。
子供に掛けておくべき保険をどうしたらいいか悩んでいます。
学資保険は郵便局です掛けていたので・新ながいきくん ばらんす型2倍 ・保険金額200万円 保険料 5200円 ・保険金額400万円 保険料 10400円・新フリープラン 2倍保障型 ・保険金額200万円 保険料 9680円・満期保険金 100万円プラン ・保険金額100万円 保険料 9400円を勧められました。
どの保険がおすすめでしょうか。

お子さまへの保険は特に必要ないと思います。
どうしても何か加入したいのでしたら、都民・県民共済あたりでしょうか。
民間の医療保険が希望でしたら、アフラック・オリックス・メットライフ・メディケアあたりが、保障と保険料のバランスがよいと思います。
保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hoken-support-guide.net/~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)・通院特約は必要?/医療保険・傷害保険・がん保険の支払事情(保険金請求(書類・受取人・約款など)

その保険に何を求めるかです。
何かあったときに入院や死亡に不安を感じるからかけるのか、貯金のためにかけるのか。

ちなみに払込期間は何年ですか?払い込み総額が非常に重要でいくら掛け捨てになるかをよく計算して考えたほうがいいです。あとは満期時にいくら受けて取れるか。それを踏まえるとこの保険はあまりお勧めできないような気がします。>おそらくそれを選ぶことはしなくていいとおもいますが。>