学資保険に入ろうと思っています。 郵便局のかんぽ生命の学資保険を考…学資保険

学資保険ですが、かけておくと損する?得する?どちらでしょうか?

学資保険ですが、かけておくと損する?得する?どちらでしょうか?

基本、学資保険で、貯蓄をする人間は、ファイナンスプラン的には、ナンセンスなんだけど、自分で管理できないよかはいい。

いい程度ですよ。>普通に掛けて損はしません得もないですが、将来の子供のためにかけるべきやと思いますちなみに自分の父も自分や兄弟のために掛けてくれましたそして、満期になって、学費が出ました>学資保険は得です。
計画的な積立のための一つの手段のためにあります。
契約者死亡の時は払い込み免除18歳の時に受け取ります。
被保険者(子)が死亡の時は既払い込保険料の返金、の条件のところをお勧めいたします。(ほか回答のものはどこの保険会社でしょう?そのようなところがあるのですね)
①100%以上の受け取り条件の保険会社をお勧めいたします得です。
②また、100%以下になる保険会社のものでも
子供の医療、親の死亡保障(育英年金等、がん払い込み免除)であればその分が掛け捨てですので問題ありません。※それらもなく100%以下の保険会社もありますのでご注意、よく比較されてください。

※リスクは100%となる元本が超えるのが最後までの保険会社ですと途中解約では損失です。無理のない一万円程度月払い、また20万~30万を5年払い10年払いなどで。>考え方次第なので一概に損得とはいえないと思います。>学資保険は損得で入るものでは有りません。>下の方は間違ってるので、訂正しますが、契約者に万が一のこと、また高度障害になると、保険料払い込み免除になります。ただ、その分、その方のお家は、収入が激減することになりますが。ちなみに、被保険者=お子様が亡くなるとその時点での解約返戻金だけが戻るので、払い込み期間的には、もしかすると、元本割れする可能性はあります。貯蓄が苦手な方には、強制的に貯めることとしてメリットは高いことと、何より、契約者に万が一の時は、払わないでも受け取りたい額を受け取れるわけです。損か得かで考えるべきことではないと言いたいですが、終身保険に比べて短期での保険なので比較的早い段階で元本復帰することからして、私は得だとおもいます。>

学資保険。

学資保険。
主人44歳、私31歳、娘4歳、息子1歳。
私が働きに出てお金に余裕がでるので、今更ですが学資保険に加入しようか考えています。
子どもの貯金ですが、これまで児童手当てやお年玉などを手をつけずに貯金してきました。
4歳の娘は71万、1歳の息子は40万の貯金があります。
この他に学資保険、どう思いますか?また、入るとしたらどこがおすすめでしょうか?よろしくお願いします。

学資保険は親である契約者が死亡してしまったとき、保険料を払わなくても満期が来れば契約時に定められた金額を受け取れるそして契約者、被保険者ともにご健康で満期を迎えたときでも、払い込んだ保険料より上回ったお金を受け取れるというものです。
しかし満期を迎えずに短期間で解約した場合は払い込んだ金額より、少なくなって返ってくることがあります。
保険料の払い方には月払い、年払い、一部前納、全期前納があるのが一般的です。
1つご提案なのですが、いまお子様のために貯金しておられた金額を学資保険の一部に当てると言うのはいかがですか?たとえば満期が来た時300万受け取れる保険に加入するために270万払い込む必要があるとします。
(年齢によってもちろん変わります)この270万の内、いまある71万を前納するということです。
前納は前倒しで払う、という意味です。
前納することで、一般的に返戻率は上がります。
また、いまある貯蓄に手をつける事を考えておられず、余裕があるのであれば、解約しないことを前提条件ですが学資保険は確実な運用になりますよ。
学資保険には契約者が死亡したときに保険料がいらなくなり、満期金を受け取れる機能が付いておりますのでご加入されたら、ご両親の死亡保障を見直すのも1つですね。
個人的にオススメは明治安田の学資保険か、ソニー生命の学資保険です。

児童手当やお年玉を、コツコツと貯めていらっしゃるようですね。^^

学資保険は、明治安田生命やソニー生命などで、110%ほどの返戻率です。

しかし、大学の授業料は、長期的に見ると、かなり値上がりしています。

そのため、学資保険の返戻率だと、大学の授業料の値上がりに追いつけない可能性があります。

それでは、どのように貯めていく方法があるでしょうか。

ジュニアNISAを利用する、というものです。

20歳まで税金もかかりませんよ。^^

ジュニアNISAの活用の仕方は、下記の記事が参考になります。
http://fp-onizuka.com/childallowance>返戻率の良いものなら3歳までしか入れない商品もあるので、下のお子さんにかけるといいと思います。
学資のいいところは、契約者が万が一の時の特約をつけると、契約者が死亡するとお金を払わなくても良くなるところです。
旦那さんに万が一の時に、あなたが同じくらい稼いで貯金も続けられるのならいいのですが、そうでないなら学資で貯めるといいと思います。

また、なにを重視するかでお勧めする会社が違ってきます。返戻率だけを重視するのか、手続きの楽さなのか、保障もつけたいのか、など。

ネットであちこちの会社を調べたりが面倒ならほけんの窓口みたいな大手代理店に行ってみては?>一般的には、大学進学費用としてお子様一人当たり300万円程貯めておいた方が言われています。ただ、すべてを学資保険で準備する必要はありません。学資保険は途中で解約してしまうと損ですので、無理なく支払える保険料に抑えてご加入されたほうが良いでしょう。
下の子の方が学費が足りなくなる傾向にありますので、計画的にご準備されると良いでしょう。下の子の学費は上の子が大学に進学すると上の子の学費の負担が大きくて、それまで通り貯めるのが難しくなることが多いです。上の子が大学に進学する前までに貯め終わるよう計画するとよいでしょう。

また、学資保険はお子様の医療保険や傷害保険など、充実した保障や特約を付けると、支払った金額より少ない金額しか返ってきません。保障や特約は本当に必要かどうか考えてからつけましょう。多くの地域ではお子様の医療費は無料だったり補助ができますので、緊急時に使える貯金があれば無理に保険にご加入しなくても大丈夫かと思います。>学資保険は私としては余りいいとは思えないです。確かに入学祝い金貰えて、尚且つ子供の生命保険も兼ねてますのでいい気がしますが、実際掛け金と貰える金額は天と地の差があり、明らかに掛け金の方が多く払ってます。子供に何かケガなどで保険が出るにしても、この場合のケガは保険対象にならないとか、保険貰うにも適用する範囲が決まっており、なかなか貰えないと友人から聞いた事あります。入学祝い金貰う時は嬉しく、助かる気がしますが、自分が掛けた金額からにするとかなり損するので、私はしてないです。それよりは子供の為に貯金を重ねて、保険は親の保険に便乗してはめる方が無駄に損しないと思っています。人により学資保険は絶対入るべきと言いますが(-_-)以前進めてきた保険の人にこの話をしました。その人は保険の良さなどを言ってアピールするのですが私が損すると言う事を話すと「確かに」とうなづきました。人それぞれのやり方あるので入るかどうかは貴方の判断次第ですので参考までに(^.^)>こども一人につき300万円ずつ程度の
学資保険を組みましょう。
高校は公立、大学は自宅通学圏内の
国公立ならなんとかなりそうです。>

現在3歳の娘がいます。
貯蓄についてお伺いしたいのですが、学資保険以外で貯蓄性の…

現在3歳の娘がいます。
貯蓄についてお伺いしたいのですが、学資保険以外で貯蓄性のあるものを探してます。
何か良いアイデアお待ちしてます。
***因みに、何故学資保険以外かと申しますと、夫婦揃っての年齢的に、さほど魅力を感じない利率だからです?15社くらいに見てもらいました…

学資保険で絞らず、掛け捨てではない生保でよいのでは?短期間で支払はおわります。

保険の控除の余りも無い。ということなんですよね?後、15年あるとして 娘との事ですので、使用するものが貰える株式に投資するのは?例えば、シャンプー、リンスなど貰える コタ毎年ネックレス貰える、サダマツなど、同じ物を買うこと前提なら 4~5年放置すれば元はとれます。>

学資保険でいう配当金とは重要でしょうか?

学資保険でいう配当金とは重要でしょうか?注意点を教えて下さい。
宜しく御願い致します。

できればあったほうがいいですね。
そこだけが、市場金利インフレ、その他、に連動、保険会社の決算後、還元される場所じゃないでしょうか。
さいしょから%だけを若干高めにしているよりは、%+配当金あり、+付加価値としてのサービスで選ぶほうがいいと思います。
いっそう楽しみもあります。
毎年配当や5年配当の学資がありますが、毎年配当をお勧めいたします。
加入日が10年くらい前のものでは保険会社によっては今年も、来年も0円となる年もあろうかと思います。
最近加入の方は還元率が高く配当が昨年も出ている保険会社がありますね。
保険会社や内容によって一年1000円とか300円、50円、0円とか影響があるわけで。
内容にもよると思いますけれど二年間で2000円近く、種類学資保険についていた方もいますね。
60円の人も見ました。

子供の学資保険・貯金について。

子供の学資保険・貯金について。
もうすぐ1歳になる第1子がおります。
お読みいただき、ありがとうございます。
子供の学資保険・貯金について不安に思う事があり相談させていただきます。
生まれてすぐに子供名義の口座を作り、月に1~2万円ずつ、その他親戚にいただいたお年玉やお小遣いなどを貯めて、1歳になるまでに20万円ほど貯まりそうです。
子供が5ヵ月くらいの時に、生命・医療保険を見てもらっている保険の代理店?の方に学資保険の相談をしたのですが、我が家にはオススメ出来ないと言われ、見送りました。
理由は、①主人が個人事業主である事から、学資保険よりも、子供名義で毎月貯金をした方がリスクが少ない。
②私の加入している生命保険が15年で払い終わるタイプのもので、丁度、子供が高校に上がるときには解約して下ろせるから、学資保険は必要ない。
この代理店で見てもらったもので、金額は300万積立てのものです。
というものでした。
とても親身になって聞いてくれましたし、その時は納得して帰ったのですが、後日、郵便局などに行ったときにパンフレットを見たりすると、やはり気になるなーとも思い、、とはいえ、恥ずかしながら、家計に余裕があるわけでもなく、児童手当すら全額貯金が出来ない状態で学資保険まで加わると正直厳しいし…このまま子供の口座に少しずつ貯金していくか、リスクを背負って学資保険に入るか。
また、毎月の貯金金額はこれで足りるのか。

この先も年間20万を目標にしておりますが、もうちょっと頑張って増やした方がいいのか。
家庭を持ちながら、将来子供にかかる金額もよくわからず情けない限りですが、似た状況の方もそうでない方も、皆様のご家庭の子供さんへの備えをお教えいただけると助かります。
よろしくお願いします。

はじめまして。
とても良い保険の担当さんだと思います?今は返戻率も低いから学資保険てメリットがあまりないです?そして、保険屋さんは儲かるから進めてきます?毎月決まった金額を貯めれない人には向いているかもしれません。
我が家では入っていません。
質問者様のように娘が大学入学時には下ろせる貯蓄型の終身保険に入っています。
子ども手当も手を付けなければ200万円近くになりますし毎月15000円貯めているので同じく中学卒まで貯めれれば合わせて450万円近くになります。
足りない分を一部解約して当てるつもりです。

回答ありがとうございます。そうなんですよね。返戻率の話は同じく保険屋さんに聞きました。今頃は本当にただの貯金と変わらないそうですね。私自身は貯金はあまり得意ではないのですが、子供のために頑張ります。貴重なご意見、ありがとうございました!>学資保険のメリットは、一応保険なので旦那さんになにかあったときにお金がでることですね。

今年の3月から返礼率が見直されてうまみのない保険に変わっちゃいましたね。

うちはなんとかその前に間に合ったので結構いい率で入れましたし、いま共働きなので猛烈に貯金してます。

うちは家の購入がまだなので、頭金も貯めないといけないですし。>とても良いアドバイスをしてもらったと思います。
あとは、個人事業主なら仕事ができなくなったときの対策をたてておけば良いと思います。
中小企業倒産防止共済、小規模共済
ご主人が働けなくなったとき、生活費や学費がまかなえるような保険等を考えていけば良いと思います。治療費より生活費を中心に考えてください。>学資保険も満期で200万とか300万とかになるので

あなたの生命保険の満期時にお子さんが15~16歳ですよね。。

その満期金をそのままお子さんの教育資金へ残しておくのはいいと思います。

①②とも私なら納得いく回答だと思いますよ。>②は解約してもいい保険なのですか?>

オススメの学資保険を教えてください!

オススメの学資保険を教えてください!保険とは無縁の生活をしている為、どの保険がどう良いのかいまいちよくわかりません(*_*)あれこれ調べてみましたが、親からは郵便局のはじめのかんぽが良いと言われたのですが、返金率で見るとフコク生命のみらいのつばさが良いのかなあと思ってみたり、皆様の実例を教えていただけると幸いですm(_ _)m

よく調べていらっしゃいますね。
たしかに、はじめのかんぽよりも、フコク生命の返戻率のほうが高いですよね。
さらに、明治安田生命のつみたて学資のほうが、利率が高いです。
但し、注意点があります。
大学の授業料は、値上がりし続けています。
それに対して、学資保険の返戻率は、良くても112%程度しかありません。
この程度の利率では、授業料の値上がりに追いつけない可能性があります。
そこで、このような方法があります。
今年から始まるジュニアNISAというものです。
上手に運用することができれば、176%程の返戻率が期待できます。
参考:「児童手当を学資保険にまわさずに400万円貯める方法」http://fp-onizuka.com/childallowance

あなたの判断が正しいですよ。郵便局の率は高くないので。
国がやっていた安心感からでしょうかね。年齢層の高い世代でかんぽを推す人が多いですが実際はたいして良くないです。

保険で考える場合は、
・払う累計保険料と払込期間、ものによっては据え置き期間(支払い終わってから受け取りまでの寝かせる期間)などを考慮した、「返戻率」
・物価上昇があった場合に、将来の受取金額が増える仕組み(配当や変額など)があるかどうか

最近は配当のない学資保険が増えていますが、できればあったほうがよいと思います。将来、どうなるかわかりませんから。
数%の返戻率をよくするためだけに配当を捨てるのはリスキーなことと思います。
配当がないならないで、それをカバーするだけの返戻率のとびぬけた高さがあるなら別ですが、それでも私はお勧めしないけど。

私だったらリスクもありますが、変額個人年金保険に投入しますね。
投資信託よりも若干コストは高いですが、途中で運用の配分を変更できます。
株の割合を増やして積極的にいったり、債券の割合をほとんどにしてあまり増えないけれど確実に少しずつ増やす、といった調整が利くので。>ファイナンシャルプランナーです。

学資保険といえば、貯蓄(保険で準備)が主流ですが
一方で、将来の入学金や授業料が値上がりする可能性が高い
ので、元本保証はありませんが、(固定利率の)保険商品以上に
お金が増える可能性がある商品(=変額保険や投資信託)
で準備する家庭が増えてきました。

また、お子様と一緒になって、投資教育(お金のお勉強)ができる
とう意味でも、保険会社の学資保険や終身保険だけではなく
投資信託などもっと視野を広げてみてご検討なさったらいかがでしょうか?

http://123.rheos.jp/about/kurumi.jsp?pos=tu

などご参考ください。>ご家庭によりおすすめのプランはそれぞれです。

保険会社やプランも様々ですので、一概には言えないのですが…。

最近は、大学入試試験制度が多種なだけに入学金が必要な時期もお子さんにより様々です。

例えば、お子さまが推薦入試をされる場合は一般的な大学入試よりも時期が早まります。
推薦入試やAO入試の場合、11月に入学金を支払うことになります。学校によりますが、この入学金を支払う時に、前期の学費も納入を求められる場合があります。

そうなると、18歳満期で学資保険にお入りのお子さまのお誕生日が12月や1月などだと入学金を納める時期に払えないもしくは足らないということにもなります。

そのようなことがないように、注意して選んでください。
今は、17歳に設定出来たり、支払い時期が17歳と11ヶ月など考慮した保険が多いですので大丈夫かと思いますが…。

一括受け取りや年金受取、幼稚園?高校まで入学毎に受取場合もあります。
もちろん、受取時期は積立開始から年数が経過していた方が返戻率も高いですので返戻率を重視する場合は受取は一括タイプがオススメです。
しかし、入学毎のタイプも使わない場合は据置しておいて必要な時に引き出す方が据置利息も付きますし、便利かと思います。
据置利息は、会社により異なりますのでご確認ください。

また近年では、10歳・15歳まで保険料を支払いその後18歳で受け取るプランもあります。高校時代の塾費が負担になり、保険料の支払いが困難になるご家庭もあるのでそういったプランも魅力的ですね。
個人的にこのプランがよいかと考えています。

返戻率で判断するなら、ネット上にランキングなど掲載されていますのでご覧ください。

業法上、詳しく回答できない部分も御座いますので、個別にお問合せ頂ければと思います。>必ずしも国内生保が言い訳ではありません。また加入時期によっても返戻率が変わります。FP資格を持った方に相談するのが良いかと思います。無料で相談に乗ってくれる窓口がありますよ。保険は大きなお買い物です。慎重にお選び下さいね。>

学資保険を検討しています

学資保険を検討していますもっとも有利なのはどこの保険会社でしょうか?また保険代理店によって条件や有利不利ありますでしょうか?保険代理店がどうやって設けているのが裏事情とともに知りたいです

有利・不利は何を基準に仰っているかですよ。
子どものケガや死亡保障が付いていれば、元本割れし易い保険でしょうし、保障が一切無ければ利率は良いですが、子どもに万が一の際に意味の無い保険となります。
学資保険と考えれば、利殖のみと捉え、利率のいい保険を選ぶことが良い保険と言えるでしょうけどね。
利率をご自分でお調べになれれる事をお勧めいたします。
保険代理店によっての同保険会社・同商品間では有利・不利は一切ありません。
保険代理店は学資保険では殆ど儲けはありませんね。
サービス保険だと思いますよ。
※ただ、死亡保障・ケガの保障が付いている商品は違いますけどね。

学資保険と終身保険で迷っています。

学資保険と終身保険で迷っています。
ニッセイの学資保険10年払いをメインにして、オリックスのRISE10年払いを少額掛けようと思っています。
オリックスの方は基本的にはずっと置いておく感じで子どもの学費はニッセイと貯蓄からと思っていますが、二通りの保険を掛ける意味はあるのか迷ってきています。
例えばニッセイの学資に6万、RISEに2万という感じです。
それならどちらか一方に8万預けたほうがいいのでしょうか。
外貨積立?みたいな分はよく分からないので円建てで考えています。

私もあなた様と同じように悩み、ようやく今月、オリックスライズと、明治安田生命の学資を契約しました。
私も年が近い子供3人います。
一番上は6年前に、わずかだけ、前期全納で契約しました。
真ん中は契約せず、下は2才で契約していなかったけど、預金の金利より保険の方がだいぶりまわりがよいことと、真ん中には契約しなかった不安から、下でガッツリ契約しました。
貯蓄目的の保険は余裕資金の前期全納が基本、と思っていました。
でも、他の方の回答にもあるように、社債が発売されたので、余裕資金は全て社債を購入し、学資と終身は10年払いの契約にしました。
ニッセイはわかりませんが、明治安田生命の学資は、一年たてば元本割れはまのがれますので、深く考えずに契約してよいと思いますよ。
終身保険のライズは私の契約では10年経たないと元本割れしてしまうから、最低の保険金200万での契約にしました。
子供の契約と決めているのなら、学資のほうが終身より、短期間で戻り率がよいし、元本割れのリスクも少ないから学資がよいと思います。
明治安田生命は上限が設定してありましたので、しかたなく残った資金でライズを契約しました。
学資だけで学費が賄えれば、ライズは自分の老後資金かお葬式代にします。
それと、社債の購入ですが、私はソフトバンク社債です。
金利203%でした。
1%以下の社債だったら、少ししか購入しなかったと思います。
もうひとつ、保険やさんやFPは、今は低金利だからとかいって、ドル建てやら変動やら薦めてきますが、よくわからないまま契約してはいけません。
今後もっと低金利になるかもしれませんし、ドル安円高になってしまうかもしれません。
未来のことは誰にもわかりません。
ご自分で理解し、ドル高になるとか超インフレになると予想されるなら、分散投資としてわずかだけの契約にしておくべきです。

ありがとうございます。まさに私もニッセイではなく明治安田生命の学資とRISEにすることにしました。ただ明治安田だと4年しか学資の受け取りがなく、一番下の時に完全に空白の一年があるのがどうかなと思っていますが、そこは普通の貯蓄でカバーするしかないかなと思っています。一番支払い期間が短い上の子だけ、年払いにして少しでも利率をあげようかと思っています。私もドル建を薦められましたが、やりません。社債はどこの会社でもあるんでしょうか?少し調べてみます。>保険料が払えるなら、どちらでも大差はないでしょう。

保険料が払えなくなることを想定するなら、分けることの意味はあるでしょう。
あと、分けるとダブった特約が按分調整されてしまうことかな。>目的は教育資金の積み立てですよね?オリックスの方は老後の生活費などの別の用途も考えられているのでしょうか?単純に考えて、貯蓄率の高いほうを選ぶでいいのではないでしょうか。私だったら、無理ない保険料で学資保険のみに加入し、満期になって教育資金が余るようだったら、その時の予定利率や金利や配当の高い金融商品を購入します。>

学資保険について、、、

学資保険について、、、我が家には2、4、7歳の子供がいて、3人とも医療保険+学資保険に加入していますが、今は超低金利と聞いています。
今から加入する人は元割れをするみたいですが、以前から加入している人も元割れするのでしょうか?

基本的に契約時の利率がずっと適用されます→変わらない、という回答はこのことただし利率変動型の保険の場合には、定期的に利率が変わりますが、最低利率の保障があるなら、その最低利率が変わることはありません→ものによる、という回答はこのこと質問の内容ではどちらのものかわかりませんから、断定はできません保険会社名と商品名がわかればだいたいわかりますが…

ものによります。>しません。契約時の条件で積み立てられます。>

学資保険に入ろうと思っています。

学資保険に入ろうと思っています。
郵便局のかんぽ生命の学資保険を考えていますが、色々と調べると学資保険より生命保険の方がいいという意見もありました。
私はシングルマザーで子供は1人です。
現在実家にいて仕事はしていません。
1年後くらいには保育園が決まり次第働く予定です。
仕事は決まっています。
学資保険を一括で200万か300万、親が出してくれると言っています。
ですが子供には私しか保護者がいないため、万が一のことを考えたら生命保険の方が子供の生活も保障されるのかとも思います。
かんぽ生命か他社は返戻率以外に何が違うのでしょうか?生命保険と学資保険、子供の生活と進学のためにどちらがいいのでしょうか?その他、なんでもお知恵をお貸しください。
補足皆様大変詳しく親身にアドバイスくださりありがとうございます。
すべて、何度も読ませていただいています。
お返事遅くなりますが、引き続き、ご意見お待ちしております。
よろしくお願いいたします。

生命保険は万一の時にすぐに支払われるため、万一の時の備えとして、まずは生命保険にご加入しておくとよいでしょう。
万一の時に必要な生活費は、お子様が大きくなるにつれて少なくなりますので、お子様の成長に合わせて保障金額は見直しするとよいでしょう。
必要な保障金額は万一の時に引き取ってくれる方がどなたなのかやその家の経済状況により変わるかと思いますので、万一の時のことをよく考えてご加入をご検討されるとよいと思います。
学資保険は主に大学進学費用を貯めることを目的とした保険です。
銀行預金と違い、万一の時はその後の保険料の支払いをしなくても満期保険金が受け取れるという点がメリットです。
ただし、保険料の支払いが途中で難しくなったりまとまったお金が必要になったりして解約してしまうと、支払った保険料よりも少ない金額しか返ってきません。
万一の時に生活費がないことと学費がないことを比べると、生活費がないことの方が大変ですので、まずは生命保険にご加入されることをお勧めします。
教育費についてですが、学資保険を親御様に支払ってもらう場合には、贈与税がかかる可能性があります。
教育資金の一括贈与を受けた場合に贈与税が非課税になる制度が最近できましたので、こちらをご検討されても良いかと思います。
保険については個別で無料相談を承っておりますので、宜しければお問い合わせください。
お電話でも対応しております。

学資保険も生命保険です。
贈与を指摘されないように5年払いなどに。>ファイナンシャルプランナーです。

学資保険はお子様にかける保険で、18歳などの満期があります。
一方、生命保険(低解約型終身保険を使う場合が多い)は、
親に万が一あった時すぐに保険金が払われるし、払い込み後に
返戻率がアップする保険です。

貴方様の死亡保障も用意する考えなら、生命保険を利用する方がいい
かもしれません。学資保険は、親が万が一の時でも、お金はすぐには
払われないからです。

低解約返戻金型の保険を学資保険の代わりに選ぶメリットは上げてみます。

・返戻率が高く貯蓄性に優れている
・子どもの年齢に関係なく加入できる
(親の年齢によって保険料は変わりますが)
・返戻金を受け取るタイミングを自由に決められる
・解約しないで据え置くと返戻率は上がり続け、保障も続く
・契約者(親)の死亡保障がある。

デメリットとしては

・途中解約すると元本割れしてしまう(学資保険より少ないです)
・長期にわたって利回りが一定になる

これは学資保険にも言えることですが、長期にわたって利回りが一定
になってしまうため、もし積み立て期間中に金利が大きく上がるよう
な事があると不利になる可能性があります。
こういったインフレリスクは、配当付き(有配当)の低解約型終身保険
や変額保険を選ぶことである程度回避することができます。

あと、シングルマザーとのことですから、教育資金を貯めるとき保険を
使う場合(学資保険・低解約型終身保険の両方)
注意しなければことがあります。

それは、『受取人をお子様にしない』ことです。

未成年のお子様は法律行為(契約行為)ができないため、
通常、親権者が受け取りますが、シングルマザーの方の場合、
唯一の親権者である母親がいないので、
家庭裁判所で未成年後見人を選ぶことになります。
貴方様の兄弟とかいなければ両親になるかと思います。
(前夫は未成年後見人になれません。一度切れた親権はもどりません)

後、学資保険で注意が必要なことは、
18歳満期で 払込途中、契約者(親)に万が一あっても
お子様が18歳時に満期金を引き出すことができません。
(先ほどの理由から)

よって、シングルマザーの方ですから低解約型終身保険を使って
死亡受取人は貴方様がお子様の面倒を見てくれる人にされれば
よろしいのではとも思います。ご参考ください。>学資保険の仕組みはどこの保険会社でも同じです。
返戻率や受け取り方に違いがあるだけです。
かんぽは加入の仕方によっては元本割れになりますのでご注意ください。

そして、学資保険は高校や大学の教育資金の足しにする、生命保険は保護者に万が一のことがあったときの残された遺族のため、というのが一般的な考え方です。
生命保険を使った資産運用にはいろいろなやり方や考え方がありますのでこれに限りませんが、一般家庭が保険の目的で加入するなら、ということです。

で、他の方もおっしゃっていますが、学資保険の300万は教育資金の足しにしかなりません。それで全て補えるわけではありません。
ですので、学資保険と、あなたに生命保険をかけるのが理想的です。
学資は貯蓄目的で加入。
生命保険は万が一の時のために加入。

ちなみに、私も二児のシングルマザーです。
学資保険はそれぞれ大学入学前に300万のものに加入。
それとは別に、私が死亡又は一定の就労不能状態となったときに月々15万60歳まで支払われる収入保障保険に加入しています。
私に万が一のことがあっても、学資保険分の教育資金と生活費は生命保険で確保されていることになります。

他におススメするとしたら、自分の医療保険と子どもの医療保険。
ひとり親家庭の医療費助成を受けられていると思いますが、それでも入院となった場合には医療費の他に何かと費用がかかりますし、日給月給やパートで有給がつかえないとか、そうでなくても有給がない場合にはその分の給与が減ります。
子どもの入院なら付き添いが必要なので自分も働けませんし。
それから、病気になってしまってからでは加入できる保険も限られてしまいますので、子どもが何も病気をしないうちに加入するのも一つです。

学資保険、収入保障保険、医療保険が子ども2人と私の分で保険料は月35,000円です。そのうち25,000円は貯蓄なので、残り10,000円だけ掛け捨てとなっています。>学資保険の性質は生保もかんぽも大差ないよ。

「生存保険」の分野に入るので、保険料や補償内容・運用率に若干の差は有るけどね。

要は子供が中学・高校・大学の入学時に一時金が支払われ、期間中に病気・怪我で入通院した場合に保険金が下りる商品が基本やね。

「子供の生活を保障」したいんなら、質問者が生命保険に加入して子供を受取人にした方が良いんと違うかな?>