国民健康保険について質問です。 私は今 パートで会社の社会保険に加…国民健康保険

国民健康保険についてです。

国民健康保険についてです。
前に持っていた保険証は親の扶養で、それから2年以上たってます。
保険証は発行できますか?資格喪失証明書がないとできませんか?

<前に持っていた保険証は親の扶養で、それから2年以上たってます。
>親御さんの社会保険の扶養になっていたということでしょうか?今は、何の保険にも加入されていないのですか?その理由として考えられるものとその対処法を書きます〇社会保険の扶養になっていたが、別段社会保険の扶養をやめたという記憶はない。
二年前に保険証がなくしてしまったので、それ以来、保険証を使っていない。
→この場合は、親御さんの会社、社会保険に頼んで社会保険証の再交付をしてもらってください。
〇二年の間に、親御さんが社会保険を抜けてしまった場合。
→親御さんが全国健康保険協会の社会保険を喪失されていた場合は、お住まいの住所地の管轄の年金事務所で資格喪失証明書をもらってください。
〇二年の間に、親御さんと別住所に移った場合。
親御さんは社保継続。
社会保険の扶養の削除はされていない。
→社会保険の再交付をしてもらってください。
〇二年の間に、親御さんと別住所に移った。
親御さんは社保をやめた。
→年金事務所で社会保険の資格喪失証明書を取得してください。
親御さんが全国健康保険協会でない社会保険に加入していた場合は、その社会保険の事務所に親御さんの会社に相談してください。
国民健康保険に加入に必要な書類は以下の通りです。
1社会保険等の資格喪失証明書2マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード3マイナンバー通知カードの場合は顔写真付きの公的証明書社会保険の資格喪失証明書がなく国民健康保険に加入することは、超法規的措置でできないことはありませんが、超法規的措置なので、必ずしてもらえるとは限りません。
なるべく社会保険の資格喪失証明書をご用意ください。
超法規的措置で、2年遡りで国保に加入できることもないわけではないのですが、役所の窓口に行って、交渉していただくことになります。
お盆中も役所の窓口はあいてます。
ですが、社会保険と二重加入になっていた場合は、それが判明すると、国保で医療費補助を受けたものが無効になることがあります。
社会保険の資格を喪失しているのでしたら、国保に加入しても大丈夫ですけど。

親の扶養からぬけましたか?ぬけてないなら、そのまま親のやつに入ってると思いますよ。ちなみに私は働いていたのに、親が扶養から外すの忘れていて余計に保険料払っていたことがありました。>

国民健康保険料納付証明書兼領収証書(国保)について

国民健康保険料納付証明書兼領収証書(国保)についてQ1.国保の支払い用紙は、口座支払じゃない場合、毎月用紙が自宅に送られてくるのでしょうか?それとも、半年分や年間の支払い分が1回で送られてくるのでしょうか?Q2.支払確認は、市役所等で支払手続きできますか?また、2,3か月分未納がある場合、追加料金とか、かかりますか?

国民健康保険料は毎年6月か7月頃に1年分の納付書が届きますので、自分で金融機関で1枚ずつ納付していくことになります。
支払いは市役所でも可能です。
未払いがあれば延滞税はかかってきます。

国民健康保険料の過払いについて

国民健康保険料の過払いについて当方1年9ヶ月ほど無職をしておりますが前年度に収入がない場合国民健康保険の減免を受けるということを最近知りました現在は以前の会社に勤めていた任意継続の保険に入っているのですが10月から国民健康保険に切り替えた場合その月から減免を受けることは可能ですか?また過去に遡って9ヶ月分の保険料の返還を求めることはできますか?独居かつ世帯主です何卒回答よろしくお願いします補足>また過去に遡って9ヶ月分の保険料の返還を求めることはできますか?過去9ヶ月分は任意継続によって満額払い続けてきたので減額分との差額が払い戻されるかということを聞きたいのですがどうでしょうか?

>前年度に収入がない場合国民健康保険の減免を受けるということを最近知りました減免ではなく減額ですね。
税の申告が済んでいれば、自動的に適用されます。
>10月から国民健康保険に切り替えた場合その月から減免を受けることは可能ですか?前年無所得で単身世帯で、税の申告済みであれば減額が適用されます。
>また過去に遡って9ヶ月分の保険料の返還を求めることはできますか?唐突に何の話でしょうか?加入が10月なら、国保の保険料は10月分から賦課されます。

任意継続の加入期間(10月国保加入なら9月分まで)=決定された社会保険(健康保険組合の加入者)の保険料を支払う

国保の加入期間(10月加入なら10月分から)=決定された国保の保険料を支払う

と、なります。相互に何の関係(保険料的にも医療の給付的にも)もありません。

なお、遡及しての任意継続の喪失は認められないはずです。>「前年度に収入がない」その理由に依ると思いますよ? 天災等の事由とか、免除を受けるのにはそれなりの理由が必要だと思います。 詳しくは、正確な答えは直接に役所の担当部署に問い合わせるのがベストだと思います。 抜け道的な事が殆ど無いのがこの制度です。-.- それだけ強引な、個人の主張も生活も鑑みない制度なのが国保です。-.->まず、国保の方が安いからといって、それを理由に
任意継続を脱退はできません。

任意継続を脱退するには、
2年経過した。
就職して、社保に加入した。
最後に、保険料を払わなかったことで、脱退させられた
の方法になります。

ですから、10月分の保険料を払わないで
脱退させられた。
その結果、国保に加入する という流れになります。

尚、健保組合によっては、保険料を払わないで脱退する
ということを防ぐために、口座振替、や 前納にしている
場合があり、その場合は、保険料を払ってしまうので
脱退できない こともあります。

任意継続を脱退できれば(させられたら)、
国民皆保険制度により、国保に加入となります。

国保の保険料は、前年の所得により決定し、
前年の所得が低い場合は、(単身者だと所得33万まで)
軽減された額となります。
退職した年の翌年、あるいはよく翌年の4月分から
安くなります。

国保は、任意継続を脱退した日に加入となり
その月分から 国保へ保険料を払います。

別の保険ですから、実は、こっちの方が安かった
といっても、過去の分は変更できません。

それをいうならば、退職直後は、任意継続の方が
安かったはずです。 国保は高い。
その分、過去に遡及して高い国保料は払わないと
ならないか? という話にもなってしまいますよ。>

国民健康保険の海外療養費制度.

国民健康保険の海外療養費制度.国民健康保険に加入しています。
海外で働いています。
現地の健康保険(プライベート)の全額負担補助があります。
この場合 国民健康保険の海外療養費の申請をすると二重申請になりますか。

<国民健康保険の海外療養費の申請をすると二重申請になりますか。
>ならないと思います。
住民票があって、国民健康保険に加入しているのですね?それでしたら、現地の健康保険とは別に国保から海外療養費をもらえます。
海外療養費の請求に必要な書類1療養費支給申請書2診療内容明細書3診療内容明細書の日本語訳 4領収明細書5領収明細書の日本語訳 6現地で支払った領収書の原本 7渡航期間がわかるパスポート等の写し(海外渡航中の加入者が当該期間に診療等を受けた場合) 8海外での診療等を担当した医療機関等に照会することの同意書とのことです。
現地の健康保険で補てんした分の医療費については添付が必要な書類になっていませんので、考慮しなくてOKです。
医療費の領収書がない場合には、請求ができませんが、お手元にありますよね?

国民健康保険資格喪失届 様式についておしえてください。

国民健康保険資格喪失届 様式についておしえてください。

国民健康保険資格喪失届 社会保険の資格喪失証明書ではなく、国民健康保険資格喪失届ですね。
国民健康保険資格喪失届は、役所の国民健康保険資格賦課担当窓口で提出することができる届出書です。
この書類は、国民健康保険の資格を喪失するためにだけ使用するので、役所の外に持ち出されることはありません。
この届出に必要な書類は以下の三点です。
1新しい社会保険証・国民健康保険組合証など国保以外の健康保険証2国民健康保険証3マイナンバーカードまたはマイナンバー通知カード書式は自治体ごとにそれぞれだと思います。
一番上に住所名前電話番号国民健康保険証の番号などを記載するようになっていると思います(私の住む自治体ではそうなっています)。
書式の一例 豊中市のものです。
https://www.city.toyonaka.osaka.jp/kurashi/moushikomi/soshiki/hoken…

国民健康保険の喪失届書に必要な物として、印鑑が必要な自治体もあるかもしれません。
私が住む自治体は印鑑は必要ありませんが…。

よって、印鑑が必要かどうか、電話などでお住まいの自治体の国民健康保険資格賦課担当にご確認下さい。>社会保険であれば、、被保険者本人が扶養家族を含めて、会社を経由して申請します。国民健康保険は、、世帯主が届けます。世帯主が社会保険の加入の場合でも、擬被保険者となりますが、その場合は加入者毎に届けることができます。記載内容は、、、社会保険に加入した。社会保険の扶養家族に認定された。ってことです。喪失届ですから、、、離職した翌日になります。国民健康保険で言えば、社会保険に加入した日です。様式は市区町村で変わりますが、、世帯主氏名、申請者氏名、住所、喪失になる氏名、生年月日、性別、あとは、保険証を添付するだけです。ほとんどは複写になってると思いますから、、、同時に国民年金、税務等の手続きも完了します。>

国民健康保険に関して

国民健康保険に関して2017年6月末で退職し、7月中頃に再就職したのですが、退職後に国保の加入手続きをしていませんでした。
通常であれば、再就職したので問題ないのですが、再就職先は試用期間の3カ月間は社会保険に未加入だったので、無保険の状態が3カ月あったことになります。
年金の方は、通知が来たので遡って納付しましたが、健康保険の方は何も来ませんでした。
何故でしょうか?それと、また退職したのですが、国保への加入手続きをしないと罰則があるのは知っていますが、次の仕事がすぐ決まるかもしれないと思うと手続きに行くのがどうしても面倒なのですが、前の試用期間中に無保険だった時も通知が来なかったのもあるのですが、実際には何も罰則を受けることはないのでしょうか?ちなみに、今日は3月19日なので3月31日までに次の仕事が決まらないと無保険になるということはわかっています。
どなたか教えてください。
よろしくお願いします。

>年金の方は、通知が来たので遡って納付しましたが、健康保険の方は何も来ませんでした。
何故でしょうか?年金は日本年金機構が一元的に管理していますが、健康保険は会社での健康保険は健康保険組合、国民健康保険は自治体というように管理する機関が異なるからです。
例えば無職で国民健康保険で国民年金の場合に就職して社会保険に加入の場合、管理機関が異なるので国民健康保険の脱退手続きはわざわざ本人が手続きしなければなりませんが、管理が一元化している国民年金については会社の厚生年金の手続きだけで自動的に切り替わるという違いがあります。
>実際には何も罰則を受けることはないのでしょうか?国民健康保険の手続きは、多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は資格喪失後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば資格喪失日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は資格喪失日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると資格喪失日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。
これはいわば14日以内に手続きをしなかったペナルティと思ってください。

国民健康保険についてです。

国民健康保険についてです。
現在親の扶養で社会保険を受けていたのですが、親が定年するに辺り自分で国民健康保険に加入することになりました。
現在結婚しているのですが相手も自営業で特に扶養の変更をしておらずこれを機に相手の扶養に入って国保に加入しようかと検討中です。
この場合今現在の親の扶養から結婚相手の扶養に入るのにはどのような手続きをしたら良いのでしょうか?ネットで調べてもいまいち的確な回答が見つからなく、質問させていただきました。
また扶養に入った後に国民健康保険に加入する手順なども教えていただけると助かります。
多少は調べたのですが、親の社会保険資格喪失証明書等も必要なのでしょうか?

結婚を機に本来ならば特別な事情がない限りは親の扶養から外れるべきでしたね。
さて、ここで親の扶養からはずれて。

とありますのでお父さんの会社にあなたの被扶養者健康保険証のカードを返して被扶養者資格喪失証明書を貰って下さい。
失礼ですがご主人の戸籍に入っていらっしゃいますか?同居なさっていらっしゃいますか?現住所が同じであれば現住所のある最寄りの役所に行き被扶養者資格喪失証明書、あなたの身分証、認印、それと住民票全部事項証明書、仮に戸籍に入られていないのであれば役所に必要書類を確認されて下さいね。
昨年度のあなたの住民票があった市区町村での課税、非課税証明書を発行してもらって下さい。
結婚されていらっしゃるとありますが親の扶養にそのまま入られていらしたのであなたがご主人の戸籍に入られているかどうかもこちらでは確認できないので詳細がわからないためその辺りは役所で必要書類をきいてくださいね。
また国民健康保険の制度では扶養という制度はありません。
社会保険ので健康保険とは違い加入者一人一人に健康保険料が加算されますので一人一人が被保険者扱いとなります。
ご主人と現住所ご同じであってご主人が世帯主であるならばご主人とあなたの健康保険料の請求が世帯主に行きます。
そして国民年金の届出もされて下さいね。
詳しくは社会保険事務所に聞かれると良いですよ。

ご丁寧にありがとうございます。調べて見たところ、戸籍はすでに世帯主に入っている状態でした。被扶養者資格喪失証明書が無い状態なのでこれの発行が最優先ですね。とりあえずこれを用意さえすれば後は自分で揃えられる物なので行けそうですね。国民健康保険に扶養と言う制度がないのも初めて知りました。>

国民健康保険団体連合会について

国民健康保険団体連合会について特定を避けるためID非公開にて失礼します。
この度、地元の国保連から内定を頂きました。
内定ブルーというやつか、国保連の将来に不安を感じてます。
現在国民健康保険は赤字続きと言うのは存じてますが、将来的に国保連の解体からのリストラなどもあり得るでしょうか?それとも、どんなに赤字でも国民健康保険は国の制度だし、仮に国民健康保険を無くすと言ったら、生存権がー!って騒ぎ出す奴も居るでしょうから、なんだかんだ解体とかは無いでしょうか?あるいは、社会保険診療報酬支払い基金との統合などが行われるでしょうか?また、その時国保連の職員は普通に銀行の統合のように新しく統合された機関で働けるでしょうか?ちなみに現在都内勤務で、公務員関係の共済団体も内定あるので、今週中にどちらか辞退しないといけません。
自分は地元に居たいので国保連に傾いてるのですが安定性で言ったら共済な気がします。
共済の場合実家から通うとなると新幹線で一時間と言った所です。
(新幹線自費)それとも、国保連と共済もどっちも国策企業ですし、潰れる時は潰れると思いますが、どちらが安定してるでしょう?質問が多くなり申し訳ございません。
皆様のお知恵を頂きたいです!

質問を読みますと、もっと公的医療保険(国民健康保険・健康保険)について勉強されることをお勧めいたします。
国民健康保険団体連合会は、都道府県単位で運営されておりますので、地方自治体と同じような位置付けにあります。
一方で、社会保険診療報酬支払基金は、健康保険(職域保険・被用者保険)や後期高齢者医療制度そして介護保険業務を行っており、都道府県単位ではありません。
従って、いわば国の業務と地方自治体の業務が一体化することはありませんので、都道府県単位の国民健康保険団体連合会と社会保険診療報酬支払基金が統合することは想定出来ません。
質問者が安定志向ならば、国民健康保険団体連合会を選ばれたら良いと思います。
以上

大丈夫だよ。無くならないよ。まあ、職員数は減ったり、今までの仕事以外(データヘルス)とか増える業務もあるだろうけど、無くなることはないだろうね。支払基金と国保連は成り立ちも収入源も違うからね…>

国民健康保険と健康保険2つあります。

国民健康保険と健康保険2つあります。
フリーターで結構な時間数働いてるので会社の保険に入って保険証をもらいました。
国民健康保険は前に生活保護を受けてて20歳になったし私だけ生活保護から抜けたので国民保険に入りました。
病院で使うのはどちらの保険証を出せばいいですか?

>病院で使うのはどちらの保険証を出せばいいですか?健康保険(社会保険)の保険証です。
ところで、国民健康保険資格喪失届を市(区町村)の役所(役場)に出しましたか?

国民健康保険について質問です。

国民健康保険について質問です。
私は今 パートで会社の社会保険に加入しています。
来年仕事を変えようと思ってて 社会保険を辞めて国民健康保険に入ろうと思っています。
新しくする仕事は月収20万位のところです!そこから所得税など引かれたらいくら位になりますかね?後、その場合 国民健康保険料は月々いくら位ですか?大体でいいんで教えくれるとありがたいです!わたしは今未成年で親の元からは、離れて 姉と二人暮らししています。
姉は社会保険に入ってます!でも社会保険の、扶養になると年間130万?103万?くらいしか稼げないらしいんで 私だけ国民健康保険に入ろうと思ってます。
2017年の年収は約200万です。
分かりにくくてごめんなさい!!

初年度の保険料は、前年度の年収メインで、算出されます。
ただ、住んでる市区町村の国民健康保険つまり、市区町村国保の保険料の請求先なり、保険証や請求書に口座振替払いの領収書の郵送先は、「世帯主」となります。
なので、「住んでる、市区町村の役所や役場の国民健康保険担当課へ、直接出向いて、試算として保険料の算出メインで、相談しに行った方が良い」と、思われます。
(電話での問合せは、本人確認が不可能なので、国民健康保険担当課 へ、本人確認用の公的な身分証を持参でのみ、問合せや相談に対応してる市区町村が多いので、注意が必要。

後、転職先の採用条件が「社会保険加入」であれば、「協会けんぽ・会社単独の健保組合(会社のグループの健保組合)・同業者健保組合・同業者国民健康保険組合(同業者国保)の何れかに、加入が必要」と、なります。
採用条件も、十分に転職先へ、確認した方が良いです。

因みに、市区町村の国民健康保険については、「お姉さんが、世帯主であれば、お姉さんが請求先」と、なります。
(保険料、口座振替払いなら、指定する銀行口座は、世帯主名義の口座で無く、加入する人名義の口座でも可能。)>