生命保険の名義変更について質問します。

生命保険の名義変更について質問します。
現在、私名義の終身保険を、娘(高1)の名義に変更しようと思っています。
具体的には、現在・契約者・・・私 被保険者・・・私 受け取り人・・・妻と、なっている所を 契約者・・・娘 被保険者・・・娘 受取人・・・妻というふうに変更しようと思います。
変更は可能でしょうか?また、メリット・デメリットはあるでしょうか?よろしくお願いい致します。

被保険者の変更はできません。
普通にその契約解約して、新規に契約しかありえません。
生命保険・医療保険等はその被保険者の生命・医療に対して契約を保険会社としたもので、保険料払う方(通常契約者)を別の人にはできても、被保険者の変更は無理です。

生命保険で賄えないものといえば、何を思い浮かべますか。
私は、失業や保険が下り…

生命保険で賄えないものといえば、何を思い浮かべますか。
私は、失業や保険が下りない体の状況とか、ですが、、、。
賄えない状態になっても困らないブランって、どういう方法でプラン設計しますか。

生命保険で賄えないのは、生命保険でカバーできない、経済的損失すべてになります。
「保険」という概念でいえば、やはり失業でしょうね。
雇用保険の支給期間が過ぎての保障は「保険」の商品にありませんから。
プラン設計となると結局は貯蓄になってしまいます。
しかし、そこまで考えるとプラン設計自体不可能ですけどね。
ちょっと違うかも知れませんが、保険プラン設計でいつも気になるのが、医療保険です。
医療保険は必要ないのでは?と思います。
医療保険に入るなら、所得保障保険(損保)に入ったほうが有効なのでは?とも思います。

生命保険約款の詐欺「無効」について質問です。

生命保険約款の詐欺「無効」について質問です。
何故「無効」なのか宅建脳レベルの私では色々読んでも混乱するばかりです。
どなたかご教授下さい。

[論拠その1]保険金詐欺については保険法の規定が民法96条の適用を排除しているため取消権が発生しない 【保険法57条】保険者は、次に掲げる事由がある場合には、生命保険契約(第一号の場合にあっては、死亡保険契約に限る。
)を解除することができる。
一 保険契約者又は保険金受取人が、保険者に保険給付を行わせることを目的として故意に被保険者を死亡させ、又は死亡させようとしたこと。
二 保険金受取人が、当該生命保険契約に基づく保険給付の請求について詐欺を行い、又は行おうとしたこと。
三 前二号に掲げるもののほか、保険者の保険契約者、被保険者又は保険金受取人に対する信頼を損ない、当該生命保険契約の存続を困難とする重大な事由 【同法59条1項】生命保険契約の解除は、将来に向かってのみその効力を生ずる。
【旧商法678条1項】保険契約ノ当時保険契約者又ハ被保険者カ悪意又ハ重大ナル過失ニ因リ重要ナル事実ヲ告ケス又ハ重要ナル事項ニ付キ不実ノ事ヲ告ケタルトキハ保険者ハ契約ノ解除ヲ為スコトヲ得但保険者カ其事実ヲ知リ又ハ過失ニ因リテ之ヲ知ラサリシトキハ此限ニ在ラス 【同条2項】第六百四十四条第二項及ヒ第六百四十五条ノ規定ハ前項ノ場合ニ之ヲ準用ス 【旧商法645条】前条ノ規定ニ依リ保険者カ契約ノ解除ヲ為シタルトキハ其解除ハ将来ニ向テノミ其効力ヲ生ス 保険法57条(旧商法678条1項)は保険金詐欺の場合に保険者の解除権を認めているのですが、ここで民法96条の取消権行使も可能とすると保険法59条1項(旧商法678条2項・645条準用)が解除権行使の効果を将来効のみとした趣旨が没却されてしまう(取消は遡及的無効)ので、保険法57条及び59条は民法96条の適用を否定するものと解釈できます。
[論拠その2]民法96条が詐欺を無効ではなく取消としたのは、被害者の意思を尊重するためであり詐欺を行った者のためではない この理屈に従えば、将来被害者となる可能性に備えて特約で詐欺を無効としても民法96条の制度趣旨に反せず、故に保険約款の詐欺無効規定で取消権を排除してもよいという事になります。
[論拠その3]そもそも保険金詐欺は公序良俗違反(90条)に該当するので、96条の有無に関係なく無効主張できる つまり「約款なんかなくても元々無効だろ」という至極単純な理由。

詐欺による無効とは保険契約者の「詐欺」により保険契約が締結されたとき、その保険契約を取消すことですが、何が疑問なのでしょう?

告知義務違反についてですか?替え玉審査?短期集中加入?
無効事例がわかりにくいのですか?
判例にばらつきがあるからですか?
私に回答をいただいた内容からすれば、
そんなわかりすいことがわからない貴方ではないですよね。

宅建脳レベルとは?どのレベルを指すのでしょうか?>

生命保険会社について質問です。

生命保険会社について質問です。
現在、親がマスミューチュアル生命保険会社に加入しています。
先ほど担当者から電話があり、「実は、1年前にこの仕事を辞めたんですけど、この会社のほとんどの店舗が潰れており、いずれ、会社事態がなくなるかもしれない。
」と言われました。
親は明日、カスタマーサービスセンターで詳しく聞くそうです。
親は今までの積み立てが全額もどるなら解約して、別のとこに入ると言っています。
本当に潰れる可能性か高いのでしょうか?この会社について何か知っている方いたら回答よろしくお願いしますm(vv)m後、信頼できる保険会社などありましたら教えてください。

100%デマです。
根拠1:マスミューチュアル生命保険会社平成23年度3月決算によれば、ソレベンシー・マージン比率=754.5%全く問題のない数字です。
(ソレベンシー・マージン比率=仮に全ての加入者から給付申請がされた総額を100%として、その何倍かを示す数字で、200%を切ると、業務改善命令がでます)根拠2:元社員は、顧客に電話出来ない。
社員の身分で知り得た情報は、社を辞めた時点で使用できません。
例え、親切心でも、そうです。
根拠3:マスミューチュアル生命保険会、カスタマーセンター回答「自社店舗販売から代理店販売に販売方針を変えましたので、店舗数が減っていることは事実です」とのこと。
保険会社も不況の影響は受けています。
社員・社屋の削減はどの会社も行っています。
根拠4:台湾のマスミューチュアル生命保険会に合併話がある米国最大手、メットライフ社の参加に、台湾のマスミューチュアル生命保険会は入るというニュースがあります。
元来、投機的商品の多い、マスミューチュアル生命保険会ですから投機筋から妙な話がでた可能性があります。
しかし、日本では外資、国内会社共に、同じ金融庁の認可の元、保険業を営んでいます。
他国の同列企業とは決算は別です。
根拠5:その販売員は、嘘を言うメリットがあるあわてた客に「今の内に○○生命に乗り換えましょう」といえます。
その社員がマスミューチュアル生命保険会に恨みがあったり、自分で他社代理店を営むことになったら、社員時代に入手した個人情報は営業に有利なものです。
彼自身が利益を得る為に、嘘を言った可能性があります。
根拠6:生命保険協会「マスミューチュアル生命保険会が潰れるなどという情報は無い」以上、次回の、元社員の言動に惑わされないで下さい。

生命保険料控除額についての質問になります。

生命保険料控除額についての質問になります。
Aさんの生命保険料控除額はいくらですか?新 生命保険料支払総額 43014円 介護医療保険料支払総額 116101円旧 個人年金保険料支払総額 119988円私が計算すると、生命保険料控除額が12万円を超えてしまいます。
お忙しいとは、思いますが、ご教授願います。

新 生命保険料支払総額 43014円支払保険料等×1/4+20000円なので30753円介護医療保険料支払総額 116101円8万超なので40000円旧 個人年金保険料支払総額 119988円10万超なので50000円足したら120753円ですが合計の上限は12万までなので生命保険料控除額12万円です。
旧の入ると12万超えますが、12万までです。

tko2021004jpさん

>私が計算すると、生命保険料控除額が12万円を超えてしまいます。
そうなりますね。
新保険料控除額が30,754
介護医療保険料控除額が40,000
旧個人年金保険料額が50,000
ですから合計120,754

ただし、生命保険料控除の総合計額の適用上限額は12万ですので、最終的な控除額は12万となります。
↓参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm>

生命保険の受取人が明記されていたら、

生命保険の受取人が明記されていたら、相続の財産分与に影響するのでしょうか?それとも、財産分与とは関係なく相続ですか?

生命保険を契約するときに、死亡保険の受け取り人を指定していたら、その保険金は指定された人個人のものとなります基本的には、ほかの財産を分けるときに影響しないことになっていますが、その保険金が財産に比べて大きい場合は、特別受益になると判断され、遺産分割のときに保険金も加味することになります保険をいつかけたのか、保険をかけた時の財政状況、保険の受取人と被保険者との関係なども考慮するので、相続財産に対して、何%なら特別受益になると決まっているわけではありませんが、50%を超えているときには特別受益と判断されることがおおく、10%程度なら相続に影響することはないことが多いようですまた、保険金は、相続の分配には影響しませんが、相続税の計算をするときには考慮しなくてはいけません

どこに明記されていたのでしょうか。遺言ですか。それとも・・
どこに明記されていても保険の受取人がもらうものです。
大抵死亡の場合の受取人が証書に書いてあります。
その人がもらうのです。
仮に別の受取人が遺言書に書かれていてもです。
中には死亡受取人が書いていない保険があります。
その場合は相続人がもらいます。>

生命保険の作文を書くつもりです。

生命保険の作文を書くつもりです。
何かネタをください。
汚職事件でググってみましたがあまりおもしろそうなものがありませんでした。
しかし、「生命保険は大事だと改めて感じた」や「生命保険の制度に感動した」など心にも思ってないことをかくのはまっぴらごめんです。
今の日本の姿を投影したような出来事を教えてください。

生命保険の営業は、契約者の生活なんて微塵も考えてない。
家買ったので安くしたいと何度言っても、保険料アップの見積りしか持ってこないのがその証拠。
自分の取り分減らしたくないだけなんですね。
保険料は駅前のビルを買う資金である。
利回りが良くても、配当出したくないので、ビル買って薄っぺらい利益に調整してる。

ありがとうございます。
その内容でかこうと思います。>

生命保険専門課程試験と変額保険販売の資格試験を受けたいのですがこれは企業に所…

生命保険専門課程試験と変額保険販売の資格試験を受けたいのですがこれは企業に所属していないと受けられないものなのでしょうか?個人(私)で試験を受けるというのはできないのでしょうか??

生命保険専門課程試験と変額保険販売の資格試験の受験資格として企業に所属していないと受けません。
また変額保険販売の受験資格に関しては生命保険専門課程試験の合格者というのが前提です。
※同時、受験は可能です。
(変額保険販売の資格試験のテストが合格点以上でも生命保険専門課程試験が不合格であれば無効になります。
)

今日、保険屋さんに生命保険入られてますか?と聞かれ

今日、保険屋さんに生命保険入られてますか?と聞かれ俺は「入ってます」と答えると、なんの保険ですかと聞かれたので、俺は「医療保険とガン保険」ですと答えたら、生命保険会社の方が「それは生命保険には入りませんね、生命保険というのは個人年金積立とかのことをいうのです。
」と言われて、なんか胡散臭い情報だなって感じたのですが、この話本当ですか?

嘘です。
医療保険もガン保険も立派な生命保険です。
個人年金保険も生命保険の一種ですが…年金の積立なら保険じゃなくてもできるというわけでして…ほんとに保険会社の人ですか?その流れなら、保険会社の人なら終身や定期の死亡保険を出してくると思うけど(笑)たまに銀行の人が、窓販で扱ってる保険会社の名前で訪販してたりします。
銀行は一時払の年金商品とかこのんで売りますけど、その方、銀行の人じゃないですかね?昔飛び込みしてた時、????生命保険ですといったら、つい5分前にも????生命さん来られたよ。
といわれ、名刺をよくよく確認させてもらったら、5分前に来た人が自分と同じ生保の商品扱ってる銀行さんだった。
ということがありましたので…今回もそのようなケースではないかと思いました。
蛇足>医療保険やがん保険は生命保険じゃないんです。
なぜか!それは損害保険会社も扱っているからです。
損保も扱っているからです。
(ドヤッとかいってるけど、あんたの理論でがん保険や医療保険が生命保険じゃないなら、年金積立だって損保も扱ってるから生命保険じゃないわな(笑)珍回答連発しすぎやでホンマ蛇足2>Wikipediaにも書いてある常識なのにな?。
損保にも年金商品あること知らなくて慌ててWikipediaで調べました。
って丸出しやなw乙かれ。

何か荒れてるなぁ…その保険屋さんのお話はウソではありません。が、「生命保険」に医療保険やがん保険が含まれるかどうか、なんて正直どーでも良い話です。(保険の種類によって、第一分野とか第三分野とか区別はありますが、覚えなくても大丈夫です。)ただ、確かに医療保険とがん保険だけでは少し足りないかも知れません。将来、本当に公的年金だけでゆったり老後を楽しめるのかどうか、ちょっと心配ですよね?悠々自適な生活を送りたいなら、今から「個人年金保険」などで備えた方がいいかも知れません。(将来に備えてお金を準備出来ればOKなので、保険じゃなくても良いです)また、もし貴方が誰かを養っているなら、貴方に万が一の事があったらその人も困りますよね?そうならないように「死亡保険」を持ってたほうが良いです。(逆に言えば、結婚するまでは気にしなくて良いです。)と、それだけの事です。もし具体的に相談したい、という事であれば、貴方が「この人は頼れそうだな」と思える保険屋さんに相談してみて下さい。>誰でも回答する権利があるとはいえなんか痛い人が(ドヤァと回答していますね♪過去の回答も読んでみたら嘘が多いし、IDが適当なアルファベットの羅列の人は無視した方が良いみたいだね♪ね、jなんとかさん( ̄ー ̄)ニヤリ、あなたのことですよ♪
生命保険は広義だと第一分野と第三分野を指しますが、狭義だと第一分野のみです。どちらも間違いじゃないですね♪専門家が狭義でいうと、医療保険がん保険は入れない場合があります。一般人が広義でいうと医療保険とがん保険は生命保険ですね♪
蛇足になるけど積立年金保険は第一第二分野両方にあるんだよね♪生保が第一分野で損保が第二分野の積立年金保険だけど一般人はどちらも違い分かんないよね♪だからカテマスの勝ちかな。>医療保険やがん保険は生命保険じゃないんです。

なぜか!

それは損害保険会社も扱っているからです。

生命保険(生死に関わる保険)=生命保険会社しか扱えない。(第一分野)
損害保険(物に関わる保険 )=損害保険会社しか扱えない。(第二分野)

医療保険やがん保険は生命保険会社、損害保険会社の両方が扱っています。
よって第三分野の保険と言われています。

それにしても、なんか意地悪な保険屋さんですね。
軽くしばいてもイイでしょう。

まっ、医療保険やがん保険は立派な生命保険と言い切るこの下のクズどもよりはマシですけどね。笑

補足

うわ?!こんな馬鹿がカテゴリーマスターなれんの?
損害保険会社と生命保険会社の年金の違いも知らないなんて!
キャッハッハ!

知ったかぶりマスターじゃねーか!笑

生命保険会社のような年金保険は損害保険会社は売れないんですよ?。
でも、生命保険会社のような医療保険は損害保険会社にも売れる!
だから医療保険は生命保険とは言い切れないんです。

保険業法で生保、損保の販売できる商品は定められています。
ちなみにこの問題は保険を販売する人が絶対に受けないといけない『一般過程試験』というのに出てきます。

保険に関わる人(保険、銀行、証券、郵便局、)なら誰でも知ってることを、知恵袋のマスターは知らないんですね。
しかも嘘を書く始末。
あー怖!

yahooしっかり管理くれよ。

Wikipediaにも書いてある常識なのにな?。>嘘つきか、ペテン師か、無資格者かのどれかだと思います。もしくは、キチガイです。>親にも確認したら、
親が、質問者さん名義で、
年金を既に契約している

そうです。

と その保険や さんに言ってみたら?
何と言うかしらね?

…しかし ホントに みっともない外交員であり、だらしのない保険会社であることよ。現在において そんな嘘がまかり通るとおもっているのだから。
おそらくね 保険会社の研修で、
こう言われたら こう返しなさい
と教えられているのよ。
ホントに馬鹿だよ。>

生命保険募集人資格について(会社退職済み)

生命保険募集人資格について(会社退職済み)教えて下さい!二年前まで勤務していた銀行にて、生命保険募集人資格を取得しておりました。
(資格取得時に何か証明書のようなものをもらったかもしれませんが、私の手元にはありません。
)来年の一月から、別の銀行に就職することに決まりましたが、その際に、生命保険募集人資格の移管の手続きが必要だといわれました。
【質問①】退職してから時間が経過していても、移管というのは可能なのでしょうか?【質問②】自分で資格があるかどうかを調べる方法はないのでしょうか?生命保険相談所のHPをみてみましたが、よくわかりませんでした・・・退職してから時間が経過していることもあり、銀行のどこに照会すればいいのかもわからず困っています。
退職時にもらった書類等を確認してみましたが、保険や年金についての記載はありますが、資格についての記載がありませんでした。
資格の照会について詳しい方がいらっしゃいましたら、証券外務員や、損害保険の試験も受け、資格を取得しておりますので、そういったものについても、自分で調べる方法があれば教えてくださると助かります。
宜しくお願いします。

生命保険ですよねでしたら普通は、退職と共に資格を失います。
2年も経過してらっしゃいますし、また試験を受ける必要があるはずです。
お聞きになるなら、以前に勤務されていた保険会社ですね。
ちなみに、「募集人資格」を取っても、その資格証?登録証?みたいなものはもらった事がありません。
損保も昔は、一度取ったら永久に使えると言われてましたが、今は更新制です。
再度募集人になるには、また試験を受け直すと聞いてます。

私は大手生保から総合代理店へ転職しました。1番初めに付与された番号が生保募集人資格です。一般過程は転職すると必ず試験を受け直しになりますが、その他の損保、応用、生保大は移管しました。が、期限は私は退職から6ヶ月以内と聞いています。質問者様はすでに2年経っておりますので、消失されている可能性が高いです。詳しくは生命保険協会へ問い合わせしてみて下さい。>※すみません。④が抜けていましたので、補足です。引き継げる資格は、以下の通りです。
①生命保険専門課程試験合格資格
②同応用課程
③同生保大学
④損保募集人資格

①~④は、今度の勤務先の人事担当部門へ所属から申請可です。損保募集人は、移行申請する用紙があります。調べてくれます。一般課程試験は、再受験ですので、その際に会社が申請すると思いますので、大丈夫です。
証券外務員は、私も確かな記憶がないのですが、FP資格の認定の賞状と同じように、番号が書いてあったように思うのですが…>

生命保険の営業。

生命保険の営業。
何がそんなに辛いんですか?私は保険の総合営業職に就きたいと考えています。
個人への飛び込みではなく、企業に足を運び社員さん相手に契約を取るというものです。
経験者や社員の方はとにかく辛いと仰いますが、具体的に何がどう辛いのかを教えてくれません。
給料が少ない?努力が報われない?人間関係?どうなのでしょうか。

保険系FPです。
生命保険には「満期」がない…。
つまり、ひたすら「新規契約」を追いかけないといけないということに尽きると思います。
また、損害保険なら車を買ったら→自動車保険、家を建てたら→火災保険というマインドが消費者サイドに当然のように芽生えますが、生命保険の場合、結婚した・子供が生まれた…などの大イベントがあっても、じゃ、生命保険に入らないと!とは中々なりません。
誰しも、自分が不幸(=死亡する・入院する)なんて想像はしたくないもんです。
それに、日本の生命保険加入率は(共済なども含めて)95%と言われています。
つまり、保障が充分かどうかは別問題にしても、既加入者が非常に多いのに、そういう方に対して販売しなくてはなりません。
さらに、外資系やネット系の伸長などで、いわゆる「漢字生保」の商品は(特約コテコテで)売り辛い…そういった実情もあると思います。
それに、少子化、若年層の可処分所得の低下といったこともあります。
私の近親者が、生保の外務員になる!って言ったら全力で止めると思います。
(アフラックやオリックスとかならまだマシかな?)参考になれば幸いです。

「企業に足を運び社員さんから契約をとる」ということ自体が、ものすごく、大変で辛いと感じる人が多いです。いわゆる「職域」営業と呼ばれるものです。
その多くは歓迎されず、けんもほろろに扱われることが多いみたいです。私にはできません。ただ、行き先によって、運のいい人、悪い人はありますね。
私は、法人向け(会社がお金を払って保険に加入するもの)主体ですが、研修のときに、「(職域をする)他の生保の人たちは、昼休みに食堂に行きますが、みなさんは、時間内に応接間に行って下さい」と言われました。
でも、経営者と話をするのは緊張するけれど、若い社員さんと話をするほうが、好きと言う人もいます。人それぞれ、向き不向きです。私は今の仕事は楽しいですが、辛いときもありました。
社内は上司次第だと思いますが、とにかく営業は、「契約をとってナンボ」の世界です。取れないと、かなり回りの扱いもキツいと思います。それで、ついつい、勧誘が、強引で自分本意になりがちで、ますます訪問先で嫌われる。取れないので、会社に戻るのも辛い、という悪循環です。収入も会社によって規定は違いますが、当然下がるでしょう。
その中で自分を失わず、お客様のことを考えて誠実に仕事をしているほうが、最終的には信頼されて長続きするのですけれどね。>知人が、生保の辛いところは
需要のないところに営業をかけることだと
言っていました。>毎日担当企業の廊下に立って、嫌がられながら話しかけて、ノルマをクリアしなければならないからです。>考えるよりやってみれば?人が辛くてもあなたはそう思わないかもしれないし。>

生命保険を比較検討する時に使えるサイトないですか?

生命保険を比較検討する時に使えるサイトないですか?先日珍しくテレビを見ていたら保険会社のコマーシャルが目にとまり、保険の見直しをするといいようなことを言っていました。
私も昔入った生命保険がずっとそのままですし、正直言って若い頃に加入したのであまり保障内容などを把握していません。
一度、保険の見直しをしようかと考えていますが、見直しも経験がないのでどうやったらいいのか。
そこで、保険会社や生命保険の比較、検討の際に使えそうなサイトがあったら是非教えていただきたいです。
よろしくお願いします。

こういうところはどうですか?i保険というサイトです。
http://www.i-hoken.com/ 生命保険の見直しということで、比較したい内容はきっと月々の料金と保障内容かと思います。
年齢、性別など入力するだけで複数の保険会社、商品がまとめて比較一覧として出てくるのでとてもわかりやすいサイトだと思いますよ。

年末調整生命保険控除の書き方についておしえてください。
旦那私子供で旦那月5千円…

年末調整生命保険控除の書き方についておしえてください。
旦那私子供で旦那月5千円私月3千円子供月2千円の県民共済に入っております。
あとは旦那母親分4千円で月1万4千円です。
割戻は8月にだいたい4人ぶんで4万弱でした。
旦那と私は別々に働いております。
どちらの会社にいくらぶんの生命保険の証明書を出せばいいのかがわかりません。
あと書き方ですが割戻を引いた金額の合計額を書けばよろしいですか?

保険料を負担した人の生命保険料控除となる。
通常は保険契約者が負担者となるが保険契約者以外の者が保険料負担者として生命保険料控除の適用を受けると贈与や一時所得の問題が出てくるので年末調整以外において税務上の取り扱いが変わるので注意が必要である。
つまり収入が多い方などと適当に証明書を振り分けるのではなく保険料負担者の証明書として使わなければいけない。
なお書き方は割り戻しを控除した実質負担した金額を書けばよい。

生計同一世帯の場合保険契約者の名義にかかわらずどちらの所得者から控除できます税金の還付を考えると収入の多いほうに集中するほうは有利です。
ただし限度額があるので限度額以上に集中してもむだです。契約が24年以前と以後では控除額が異なり、また介護医療保険があるかでも変わります。
面倒でも控除申告書の欄に数字を入れて試算してください。
なお割戻しを引いた額が対象です。>保険料控除の金額は保険会社(共済)から支払い証明書が送られてきます。
割り戻し分も書かれていますから、よく読んでその通りに記入します。
証明書が無いと控除が認められません。
支払者に証明が来ますからその人の保険控除になります。

参考
http://allabout.co.jp/gm/gc/295707/>

生命保険金の受取口座についての質問です。

生命保険金の受取口座についての質問です。
弟がお金を支払いかけていた保険です。
受取人は父になっております。
弟が高度障害になり、父が生命保険の請求をします。
この保険金を受取る口座ですが弟が生命保険金を引き落としていた口座ですか?それとも指定した父の口座でよろしいのでしょうか?弟の保険金引き落とし口座の通帳は見つかったのですが印鑑がありません。
キャッシュカードはありますが 暗唱番号がわかりません。
振り込まれても引き出す事が出来ないので入院費を支払えません。
このような場合、どうしたら良いのでしょうか?宜しくお願い致します。

高度障害保険金は被保険者本人が受取人です。
ただし、指定代理請求特約(本人が意識不明で保険金を請求できない場合など)が付いていれば、指定代理請求人の父が高度障害保険金を請求することができます。
質問者さんの情報より、現在弟さんは意識不明、まったくの寝たきり状態と推察します。
この場合、「代筆請求」は取り扱いできません。
「代筆請求」は請求権者の請求意思があること、が前提となるためです。
指定代理特約がついていれば、指定代理人である父の口座が指定可能です。
ただし、指定代理特約がない場合、代理請求となりますが、父が保険金請求をできるかどうかは、保険会社の内規次第です。
一般的に高額な保険金額(500万超)であれば、高度障害の「代理請求」は認められないと思います。
その際は、父を弟さんの成年後見人にする必要があると思います。
成年後見人の手続きには時間とお金もかかりますが、それ以外の方法は厳しいですね。
どうぞお大事にしてください!生命保険の支払いについて、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hokensupportguide.jp/blog-entry-11.html~質問者さんにおすすめ~・保険料と保障内容の比較だけで大丈夫?「診断書比較」のすゝめ(カテゴリ:確認・調査)・生命保険・医療保険の請求で、診断書の確認すべき5つのポイントとは?(カテゴリ:確認・調査)スマホはページ左上・タイトル横にある”Ξ”から、カテゴリ検索いただけます。
”Ξ” 支払担当者の保険サポートガイド

生命保険会社からは既に高度障害と認められていらっしゃいますか?

請求権者側が高度障害です。と主訴しても保険会社基準で高度障害に該当しない場合が多々あります。

生命保険会社の高度障害の該当可否査定をしていない場合は、通常の手続きとなります。
疾病理由の自筆困難と思料するため、「代筆請求」となり、お父様が請求書を代筆記入、被保険者(弟様)の口座指定となります。お父様の口座を指定することはできません。

高度障害該当査定済みの場合は「代理請求」となりますので、お父様の口座を指定することは可能です。
戸籍書類などの取り付けが必要となります。

指定代理人はお父様でお間違いないでしょうか?

まずは、一度確認のために、加入保険会社のカスタマーサービスへ連絡をしてみてはいかがでしょうか?>

生命保険について質問させていただきます。

生命保険について質問させていただきます。
大手の生命保険は終身(死亡保険)、家族収入、入院保険はあると思いますが、通院保険はないと思います。
皆様は通院保険はどのようにされてますでしょうか?この半年くらい芸能人の方の癌や病気などのニュースがよく話題にされていますが最近で言えば乳癌でも10日くらいの入院であとは通院での治療みたいです。
その事から、最近の医学は入院入院より通院も増えていると感じ質問させていただきました。

アフラック、アリコなどのがん保険大手から、オリックス、ひまわり、あんしんなどの中堅どころまで、通院(外来)治療の充実したがん保険は多数存在します。
乳癌の保険請求では、入院一週間くらいで手術、その後は外来で放射線治療のパターンが多いです。
がん診断給付金や乳房再建の一時金など、各種特約も幅広くあります。
まずは、ネットで情報収集のうえ、来店型ショップで複数社の見積もりをとってみてはいかがでしょうか。
生命保険の請求について、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hokensupportguide.jp/スレ主さんにお勧め生命保険・医療保険の請求で、診断書の確認すべき5つのポイントとは?http://hokensupportguide.jp/blog-entry-56.html保険料と保障内容の比較だけで大丈夫?「診断書比較」のすゝめhttp://hokensupportguide.jp/blog-entry-17.html泣きっ面に蜂!夫が若い女性と駆け落ち、そしてがん宣告と負の連鎖!!http://hokensupportguide.jp/blog-entry-25.html

ありがとうございます。>おっしゃる通りです。現在はよほどのことがないと入院はさせませんので、通院特約のほうが大事です。JAグループのJA共済なら通院特約にばっちり対応しています。農家でなくても入れます。まず、お近くのJA、農協に足を運んでみてはいかがでしょうか?>

生命保険について質問です。

生命保険について質問です。
私はFTM(性同一性障害)です。
保険に入りたいのですが、当事者の方もしくは、保険に詳しい方で教えてください。
何処かの保険で手術をしても保険と給付金が下りるとこがあったので早急に入りたいです。
よろしくお願いします

MtFです。
一応、ア○コでもア○ラックでも、医療保険の契約の約款(やっかん)の中には「対象となる手術」という一覧があって、その中に「卵巣」に関する手術、「子宮」に関する手術が載っていれば対象になります。
例えば子宮であれば「子宮広汎全摘除術」などで。
ただし、「○○は除く」などの但し書きが書かれている事もあって、手術をする病院で給付金の申請用紙に書いて貰う時に術式の記入に気をつけて貰う必要があります。
子宮摘出には「単純子宮全摘出術」などの卵巣や腟が残る術式もあって、約款に「単純子宮全摘出術は除く」などの但し書きがある場合があるんですそれから、診断書ってもうお持ちです?性同一性障害のSRS(性別適合手術)は「直接の治療目的」になるので、美容整形と違って医療保険の対象になります。
当然、治療の根拠になる「性同一性障害の診断」が必要です。
それで当事者の方なら「診断書があるか」と良く言われる事もあると思いますが、、、実は、生命保険や医療保険(入院保険)の契約に関しては、既に診断されていると難しくなります。
保険には「告知義務」というのがあって、契約時に病気を隠していると告知義務違反で給付金が出ない事が良くあります。
例えば、既に「胃がん」と診断されている人がガン保険に入るのは無理です。
「胃がんです」と言った時点で契約は断られるでしょう。
でも黙っていると、告知義務違反です。
ただ、保険には幾つも種類(保険商品)があって、持病に関しては一切問わないタイプのものもあります。
例えば糖尿病などの「生活習慣病」の方でも入れるタイプも。
あなたが性同一性障害・FtMで、これから医療保険に入って、近い将来にSRSを行った時に給付金を出して貰おうとしたら、幾つかの条件をクリアしている必要があります。
①.未診断であること。
②.保険の約款に書かれている「対象の手術」に卵巣と子宮の全摘出手術が含まれている事。
この二つが条件です。
まず①ですが、手術の理由が性同一性障害なので、その性同一性障害がいつ発覚したのかが重要なポイントになって来ます。
診断書には診断日と初診日など書かれていますので、その日付けが保険契約日より「前」だと、難しくなってきます。
つまり、今の時点で既に診断されていると、契約は難しくなります。
性同一性障害の場合、最初に告知するとまず入れません。
手術があるのがわかりきっているから。


でも隠していると、告知義務違反です。
※よく告知義務の2年の「時効」が言われたりもしますが、「支払い出来ません」とするのは保険会社の判断でよくありますね。
告知義務違反は基本的に「詐欺」に該当してしまうものです。
http://www.siennafan.net/cat5/post_46.htmlそして裏技的な口コミを信じてやってみても、保険料だけ取られて給付金が出ないトラブルは良くききます。
そして法律事務所を訪れる方も。
その場合、口コミに「騙された」と言えるかもしれません。
そして②は、給付金の金額も重要なポイントです。
当たり前の事ですが、たくさん給付金の出るタイプは、大抵は保険料が高いものです。
それから重要なのが「入院給付金」です。
入院1日1万円など、契約時に選べるものですね。
これも当然大きい金額なら保険料が高くなります。
例えばSRSで30日入院したら、1日1万円なら30万円が出ます。
1日2万円なら60万円が。
それに、手術給付金がプラスされて給付される事になります。
例えば、卵巣と子宮の全摘出の手術で30万円が給付されて、入院給付金が1日2万円が30日なら、30万円+60万円で90万円が給付されるので費用的に楽になるでしょう。
但し、給付金は手術の後に支払われるので、手術を受ける際には全額自費で出さないといけません。
手術が全部で100万円なら、最初は自分で100万円を用意する必要があります。
保険の給付金は、後からあなたに支払われます。
それからFtMの方の場合、「胸オペ」しますよね?例えば、SRSと一緒に胸オペをするのなら、保険のタイプによっては胸オペも手術の対象になる事があります。
乳房切除術でも「皮膚温存乳房切除術」と、「乳頭乳輪温存乳房切除術」が対象になっていれば。
通常の乳房切除術は、皮膚から乳頭から乳輪から全部取ってしまいますので乳首が無くなります。
例えば乳がんの場合で乳房切除する時、状態が重くて皮膚が温存できない場合は全て切除になりますね。


この様に、医療保険はとても種類が多いものですので、契約前に約款を自分で確かめる必要がありますね。

3か月以内の手術予定がなければ、告知緩和型医療保険に加入できると思います。オリックス、ひまわり、メットライフあたりがおすすめですね。

生命保険の支払いについて、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hokensupportguide.jp/blog-category-0-1.html

質問者さんにおすすめ
性同一性障害(性転換手術)の保険サポートガイド
http://hokensupportguide.jp/blog-entry-4.html

保険料と保障内容の比較だけで大丈夫?「診断書比較」のすゝめ
http://hokensupportguide.jp/blog-entry-67.html

生命保険・医療保険の請求で、診断書の確認すべき5つのポイントとは?
http://hokensupportguide.jp/blog-entry-68.html

告知義務違反の事例を徹底検証!2年以内にばれなければ・・・
http://hokensupportguide.jp/blog-entry-59.html>早急に入り、何年後に手術する予定でしょうか?
加入期間が短いと、手術費目当てで入ったと思われ、出ないことがありますので注意してください。
子供の頃から入っていた保険で少しお金が出た、という話は聞いたことがあります。
ただ、同じ保険会社でも、友達は適応になったのに、自分はダメだったとか、色々あるらしいです。
会社員の方で、協会けんぽから傷病手当か何かが出て助かった、という話は聞きました。
その方は勤続8年とか、結構長くお勤めで、カミングアウトしたら、配置換えや色々配慮してもらえたそうです。
手術のための長期休暇も、会社に負担が少ない器官に取るなどしたようです。
で、性同一性障害だと病気として認められるので、そういった事情もあるようです。
長く体の性で働いて会社に貢献できる人材になってからだと、やめずに済むこともあるようですね。
具体的にどこが、という話は保険会社としてはばらしてほしくない話だと思いますよ。>そもそも病人なんかが生命保険に加入できるのかね。>アフラックに入っているのですが、胸オペSRS共に給付金が出ると聞きました。ただ、ジェンクリに行く7年前から加入していました。加入して直ぐの診断やオペは出ない可能性があるとも聞きました。今後のオペの予定次第ですが、なるべく早く加入した方が良いと思います。>

生命保険料控除証明書

生命保険料控除証明書12月に保険(T社)の解約予定です。
(保険を見直し、M社で契約→T社の保険は、M社のガンの開始日後に解約を!と言われ為)今現在、M社(新保険で7万円)とT社(旧保険で10万以上)の生命保険料控除証明書があり、今年はT社ので年末調整をしたいと思ってます。
控除証明書は1月から12月までなのですが、12月に解約(11月まで支払)する場合、申告書には1月から11月までの11ヶ月分を記入するのでしょうか?それとも、証明書に記載されてる1年分の金額で申告し、その後なんらかの手続きが必要になるのでしょうか?

11月分を記入して提出してくださいところで、M社の保険は、生命保険料控除において、介護医療保険料に該当しませんか?もし該当する金額があるなら、M社の保険料も控除にした方が良いかもしれませんT社のみですと、旧制度の一般生命保険で、保険料上限は??所得税 10万円→控除5万円??住民税 7万円→控除3.5万円M社の保険料のうち、新制度の介護医療保険で、保険料上限は??所得税 8万円→控除4万円??住民税 5.6万円→控除2.8万円新旧含めて申請すると??所得税 旧一般生命保険 10万円+新介護医療保険 8万円=18万円→控除9万円??住民税 旧一般生命保険 7万円+新介護医療保険 5.6万円=12.6万円→控除6.3万円と上限がアップしますM社の介護医療保険分ですと上限まで達しないかと思いますが、もし介護医療保険分の保険料支払いがあるならご確認されると良いかと思いますhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm

余計かもしれませんが、
解約予定のT社の保険は、払い済みの試算などされていますか?
もし、ある程度の解約返戻金があり、当面その解約返戻金を使う予定がないなら、払い済みをご検討されると良いかと思います>11ヶ月分ですね。

事務担当者に12ヶ月分じゃないの?と指摘された際には、11月いっぱいで解約した旨伝えればよいかと思います。

もしかして解約すると、新しい控除証明書が頂けるのかも?
そこは保険屋さんに問い合わせですね!>

生命保険 抜歯で請求をできるのはいつまで?日本生命です

生命保険 抜歯で請求をできるのはいつまで?日本生命です

生命保険の請求の時効は、支払事由(手術日)から3年です。
ただし、日本生命は抜歯は対象外の可能性が高いと思います。
生命保険について、お得な情報や損をしない請求方法、保険業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hokensupportguide.jp/~質問者さんにおすすめ~・保険金請求の時効は3年!まだ間に合うかもしれない、保険サポートガイドスマホはページ左上・タイトル横にある”Ξ”から、カテゴリ検索いただけます。
”Ξ” 支払担当者の保険サポートガイド

生命保険の受け取りの際にかかる税金について教えて下さい。
いくら以上の場合かか…

生命保険の受け取りの際にかかる税金について教えて下さい。
いくら以上の場合かかったりしますか?ネットで軽く見たのですが難しすぎてわかりません。
子1人の三人家族です。
夫の生命保険の受け取り額について悩んでます。
生活がそんなに裕福ではない為1500万くらいで考えていますが、1000万と500万に分けた方がいいなどありましたら教えて下さい。

ご主人の「死亡」保険金の受け取りに関する質問としてお答え致します。
また、話を分かりやすくするために、ポイントのみ記載いたします。
結論から言えば「細かい事は考えなくてもいい」だと思います。
生命保険金の非課税枠は「法定相続人数2人×500万円=1000万円」ですので、死亡保険金1000万円は税金がかかりません。
では、このり500万円に税金がかかるかと言いますと、そうではなくて、相続税の基礎控除が「3000万円+(法定相続人が2人×600万円)=4200万円」ですので、この金額までは非課税です。
更に、配偶者の税額軽減もありますので、「生活がそんなに裕福ではない為」と謙遜されていらっしゃいますが、他に目立った財産がなければ、あまり税金の事は考えなくても大丈夫だと思います。
ご参考まで

ご主人の死亡保障は必ず契約者をご主人にします。
そうすれば保険金を受け取った時に税金が抑えられます。

その上で、法定相続人が二人ですので、1000万までは非課税で受け取れます。

仮に保険金が2000万円だった場合、2000万‐1000万で 1000万が相続財産となります。
しかし元々、ご主人の相続財産としては
3000万+600万×2=4200万までは非課税ですので、保険金以外にご主人が 3200万円を越す財産をお持ちでなければ、相続税は一円もかかりません。>

生命保険会社の面接を受ける際、なぜ損保ではなく生保かと聞かれて、「身内の不幸…

生命保険会社の面接を受ける際、なぜ損保ではなく生保かと聞かれて、「身内の不幸から生命保険の大切さを実感しました」という話をするのはありでしょうか?何か具体的なエピソードがあったほうが説得力があると思うのですが、どうしても場が暗くなってしまうのが不安です。
面接官の立場からするとどうでしょうか?

「身内の不幸から生命保険の大切さを実感いたしました。
」あなたが実際に体験したことですから、お話されても良いかと存じます。
面接先企業は生命保険会社です。
この話をしたからといって、相手はプロですから、「場が暗くなる」と思うのは杞憂に過ぎません。

生命保険の引き受けの制限って一体どういうこと??

生命保険の引き受けの制限って一体どういうこと??なんで引き受けてもらえないの。

生命保険は加入者が保険料を出し合って経済的に助けあう、という相互扶助の仕組みになっています。
そのため、給付金や保険金のお支払いが発生するリスクに応じてお申し込みの保険金額や給付金額などに上限を設けたり、特定の疾病・身体部位・障がい状態を不担保とする特別条件を付けたり、また、ご契約をお断りしたりすることで、契約者間の公平性を保つようになっています。
ですので、引き受け制限が設けられ、引き受けてもらえないことが起こります。

生命保険会社ってやっぱりやめた方がいいものですか?

生命保険会社ってやっぱりやめた方がいいものですか?頑張っただけ給料になるなら良さそうなんですが。

今、生命保険会社の営業職員をされているのですか?それとも、入社を検討しているのですか?保険代理店をしています。
よく頑張っただけといいますが、頑張った=契約をお預かりしたという事です。
頑張ってテレアポしてるんですけど頑張って紹介をお願いしているんですけどは通じない世界です。
頑張った=契約をお預かりしたのみです。
もちろん日頃の行動を頑張る事も大切ですが、同じことやっても結果が出る人とでない人が存在しますよね?ちょっとイメージして今後をお決めになられたらいかがですか?頑張っても契約をお預かりできないと給料が上がらないんです・・・ただ、すごくやりがいのある仕事であることは事実です。
メンタルと作戦を練る力、行動力は最低限必要だとは思います。

なんでやめたほうがいいと思ったのか分からないのでなんとも言えませんが・・・。

・理解のない周りの目が微妙になる
・給料が思うように入らない可能性がある

が怖いならやめたほうがいいんじゃないでしょうか?
個人的にはお客様の人生をサポートできる素晴らしい仕事だと思いますが、使命感を感じれない方には長い目で見ると微妙かもしれません。>頑張っただけじゃ給料にならんよ。

頑張って契約させないと。

で、頑張ったから契約に結びつく訳ではない。

ただし契約を取るには頑張ることが必要。>

生命保険会社ランキング ★★★ おすすめ 生命保険会社 比較 口コミ 保険会社 評判 契…

生命保険会社ランキング ★★★ おすすめ 生命保険会社 比較 口コミ 保険会社 評判 契約してよかった おすすめ 生命保険会社 教えて下さい。
生命保険 相談 サイト 生命保険会社 見直し 相談 無料サイト 教えて下さい。

生命保険比較ガイド → http://www.bing.com/search?q=%E4%BC%9A%E7%A4%BE%E6%AF%94%E8%BC%83%E… すごく役立ちました。
相談者にとって、一番保険料が安く、保障内容が一番充実しているベストな保険プランを無料で教えてくれます。
どの保険会社にも所属していない中立の立場の保険のプロ相談員の方がアドバイスしてくれます。
相談しても保険の売込みなどが一切ないので、気軽に相談できるので便利です。

生命保険の年末調整のための変更について。

生命保険の年末調整のための変更について。
結婚前から会社で扱っていたアフラックの掛捨ての生命保険に加入しています。
昨年末結婚し、名義変更と住所変更は行いましたが、現在も私本人の契約者で、口座から引き落としをしています。
被保険者も私です。
現在は専業主婦で収入はなく主人の扶養に入れてもらっています。
退職をした年は保険料が高額ではなかった上に、よく理解していなかったので確定申告はしませんでした。
そこで質問なのですが、これから年末調整で主人の会社の方でしてもらうようにするには、どのような変更手続きをしたら主人の会社でしていただけるようになりますか?アフラックのコールセンターに電話で聞こうと思うのですが、保険の事、年末調整の事をよく理解をしておらずどのように電話で伝えればいいのか分かりません。
教えてください。
補足同じくアフラックの医療保険も掛捨てで独身の頃から契約しているものがあります。
医療保険の場合も教えてください。

あなたに所得がないことを証明すれば、変更は必要ありませんあなた宛に届く生命保険料控除証明書を添付し、ご主人がその額をしかるべき書類の欄に記入して提出すれば良いですhttps://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/3…もし、変更するのであれば、契約者の変更、すなわち契約者をあなたからご主人に変更しますまた、保険料の引き落としの口座をあなたからご主人に変更します※あなたの姓名、住所変更、死亡保険金受取人をご主人に変更する際同時に変更すれば良いです注意点が2つあります①すでにご主人の生命保険でその生命保険料控除が上限に達している場合、あなたの生命保険の生命保険料を控除に追加しても何も変わりません②保険料負担者をご主人に変更することで、死亡保険金の課税が変わります契約者=保険料負担者があなたのまま、ご主人の生命保険料控除にしないのが、死亡保険金を受け取った時に発生する税額は少ないと思います契約者=保険料負担者があなた、死亡保険金受取人がご主人→相続税契約者/保険料負担者がご主人、死亡保険金受取人がご主人→所得税前者の場合、500万円×法定相続人数の額は非課税、それを超えた額にあなたの相続財産を加えた合計額が相続税の基礎控除内であれば非課税後者の場合、(受け取った額-支払った保険料-50万円)×1/2=Aをその年の課税所得に加算し、所得税率をかけた額の所得税となり、A分税額が増えますこのことから、特に変更しないことをオススメします※姓名、住所、死亡保険金受取人の変更はしっかりしておくこと

補足について
医療保険の入院給付や手術給付は被保険者が受け取ります
この給付金は非課税ですので、契約者(保険料負担者)をご主人に変更し、ご主人の生命保険料控除にしても、受取時の税制で特に不利益はありません

>

生命保険に加入していると、所得税が控除される理由はなんですか?

生命保険に加入していると、所得税が控除される理由はなんですか?補足なるほど、すなわち国民としては入らない方が得ということですね。

生命保険に入れば保険料を払って,個人の負担になりますが,それを国が援助する意味で(所得控除して)税金を少し下げてやろうという話です。
でも,問題はそもそも所得控除というのは税金を払うだけの所得がある人だけが恩恵を受けられる制度で,そうでない貧しい税金も払わないで良い人には援助がないということは問題でもある制度なのです。
こういう制度はたぶん,保険会社が政府財界と繋がっていて,生命保険に沢山入ってもらえば保険会社が儲かるので沢山の人を勧誘する口実や手口につかうために保険会社が働き掛けて作った制度のように思います。
保険会社の勧誘員の決まり文句は「所得税が控除されるので保険に入るとお得ですよ!。
」というセリフがそれを物語っていますね。
控除されて浮く税金より払い保険料の方が遥かに高額で得などするはずがないのにお得だと勧誘されますね。

資産や預貯金がたくさんない人ほど保険は必要になる。

何億も財産があれば、相続税の額だけあればいい。>公的保険ではたりない、「個人が自助努力しているお礼、支援」みたいに考えたらどうでしょうか。
保険に加入していないと世帯主死亡でたとえば「貧困な母子家庭」が増える。
個人年金、介護保険料控除もあります。
生活保護者が増えてしまいまう可能性。

補足みました。
収入途絶えて大病なども公的保険だけで足りないか足りるか。
損得ない。
答えは預貯金なければ生活するのは厳しい。
個人で加入してる人は税制上得なのは確か。
頼るものが国だけで、というのでしたら公的保険を理解しお過ごし下さい。
蟻とキリギリス>本来は国が行うべき国民の生活を守る制度である
社会保障制度のサポートを
生命保険がしているからです。>

ソニー生命と富国生命の生命保険・学資保険について。
現在加入している主人(31歳…

ソニー生命と富国生命の生命保険・学資保険について。
現在加入している主人(31歳)と私(30歳)の保険の見直しと共に、子供(4歳・0歳)の学資保険も検討しようと思っています。
銀行に普通に貯蓄していこうと思い、2人共に産まれた月から毎月決めた額を貯めてきているのですが、保険の見直しにあたり色々調べていた中で、親に万が一の事があったときの事を考えて学資保険に加入しようかと思い始めました。
色々教えていただきたいのですが・・・まずは生命保険。
・現在加入している生命保険(ソニー生命)ですと、主人に万が一の事があったときは主人の生命保険(亡くなると月15万円ずつもらえる保険です。
一括で多額の保険金がもらえるものではありません)+私の仕事の収入(年収350万くらい)で、住宅ローンも無くなるので何とかやっていけると思います。
その為、学資保険は私名義にして私に万が一の事があれば、主人は住宅ローンは残るけど、教育資金はなんとかなる→この考えはあっていますか?・保険の見直しプラン(富国生命)は主人の死亡保障が一括で受け取るタイプのもので3000万円(介護保証1500万+死亡保障1500万)です。
上記のように主人に万が一の事があった場合、住宅ローンが無くなり私の収入がある場合主人の死亡保障金は1500万円必要ですか?・富国生命はすべてのガンや糖尿病ですら保険料の払い込みが免除になる上、注意事項はあるもののその後の病気もずっと保証してくれると聞きました。
また、要介護2で介護保障金がおりるとの事。
どちらも本当ですか??・次に学資保険ですが、ソニー生命か富国生命で18歳を満期にして18歳の時のみ払い込まれるようにしようと思っています。
その間私に万が一の事があれば払い込み免除で満期金はいただけるのですよね?その他の保証みたいなものに差はありますか?例えばどちらかは死亡した際にお見舞金みたいなものが出るなど。
ネットで調べてもそのあたりの事は書かれていなくて、差がないのであればどちらに加入すればいいのかと思いまして・・・分かりずらく、長々とてすみません!今週ソニー生命の方、来週富国生命の方がそれぞれ家に来てくれる事になっています。
もちろんその時に詳しく聞こうとは思っているのですが、お互い自分の所に入れようと必死に色々な話をしてくるだろうと思います。
2社が出してくれたプランを持って、後日保険の無料相談にも行ってみようとは思っているのですが、保険屋さんが来る前に少し知識が欲しいなと思いまして、上記の保険会社についてご存知の方がいらっしゃいましたら知恵を拝借させてくださいm

保険専門の仕事をしております。
・生命保険について 夫婦共働きで妻側がそれなりの収入を得ている場合、学資保険を妻名義にと選択する家庭もいるのは確かです。
ただ私的には、前提として妻側の収入が夫並みにあるかつ、永続的に仕事をしていけることだと思います。
年収350万が以降あがっていく可能性はあるのかというところです。
どちらにしろ共働きで双方収入がある場合はそれなりに余裕があるはずですから、そこまで深く考える必要もないと 思います。
世帯収入が多いなら貯金もできるしならば保険は必要ないという考えです。
・富国生命の保険 現在のソニー生命は収入保障という保険であり分割でもらっているだけです。
今ご主人が亡くなった場合 60歳までの保障であるなら、15万×12ヶ月×29年=5220万円の保障と同じことになります。
歳を取るごとに保障がさがっていくタイプです。
1500万が必要かといわれればなんともいえませんが、カツカツの生活ではないと見受けられるので 掛け捨てではなく、終身保険などに入ってしまうのもありかと思います。
解約返戻金が存在するし、払い済みとなれば、貯蓄となりえるので。
・学資保険について 基本的にどの学資保険も万一の場合は保証されます。
あくまで保険ですので。
どちらにするかどうかの決め手はやはり返戻率でしょう。
要するに払った保険料以上にどれだけかえってくるのかです。
年齢等でかわってくるので聞いてみるといいかと。
あとは担当者さんの人柄でしょうか・・・。
あと学資保険ではないですが、低解約返戻金型の終身保険を学資保険代わりにする方法もあります。
保険期間はもちろん終身ですが、払込期間を18歳にしてしまいます。
すると払込期間が終了したら一気に解約返戻金が増え、学資保険以上の返戻率となります。
デメリットは中途解約が解約返戻金が低いこと、小、中、高など分割ではもらえないことですが。

保険について

保険について生命保険と医療保険に入ろうと思い設計書を作っていただいたのですが妥当かどうか皆様のご意見をお伺いしたく質問させていただきます。
夫31歳・妻33歳(専業主婦)・子4歳・0歳ソニー生命変額保険終身型オプションA 200万・・・お葬式代として家族収入特約(定額型) 14万(年金月額)・・・生活費として逓減定期保険特約 2300万・・・教育費としてで見積もりしていただき教育資金として学資保険等(月々2万円払)も加入しようと思っており進められたものはあんしん生命長割り終身5年ごと利差配当付低解約払戻金型終身保険で保険金額が580万(積み立て利率変動型のあいおい生命も進められました)これらを組み合わせて最終的に①ソニー生命変額保険終身型オプションA 200万・・・お葬式代家族収入特約(定額型) 14万(年金月額)・・・生活費逓減定期保険特約 1720万・・・教育費 月額保険料1万 ②あんしん生命長割り終身5年ごと利差配当付低解約払戻金型終身保険 580万 月額保険料2万となりました。
他にも良いものがあるのか等ご意見お願いします。
また現在住宅ローンを組んでおり団信に加入しておりまして担当者に確認したところその分は見込んでおらず継続してくださいと言われましたが、団信はこのまま継続したほうがいいのでしょうか。
生命保険に組み込んだほうが良いのでしょうか。
_________________________________________________________医療保険損保ジャパンひまわり生命医療保険08(60日)65歳払込済み終身 1万 特約を付けて月額保険料5千円他にも良いものがあるのか等ご意見お願いします。
_____________________________基本的には掛け捨ては少なく保険料が安くなればとは思うのですが・・・以上長文で解りずらいかもしれませんが宜しくお願いいたします。
補足_________________回答への返答の仕方がわかりませんので補足させて頂きます。
皆様貴重なご意見ありがとうございます。
遺族年金・遺族厚生年金など公的保障を引いた必要保障額としております。
tatetate244さんのご質問へ会社員・手取り30万・3.1%の固定金利で残金1300万・妻の実家は1km未満です・実家に帰るのは兄夫婦が入る予定なのでむりです・パートは可能かもしれません。
宜しくお願いします。

まずは遺族年金・遺族厚生年金など公的保障を引いた必要保障額が適切かどうかの確認のうえになりますが。
1)ソニー生命の提案について私は200万円程度の葬儀代のための終身保険であればわざわざ保険料の高くなる通常の終身保険より、変額終身保険の方をお勧めしています。
解約返戻金があるタイプの終身保険で解約返戻金を充てにするといっても200万円の保障では老後150万円くらいしかありません。
また保険料も総支払額が10万円以上も変わってきます。
総支払額約113万円で200万円の保障が持てる変額終身保険は葬儀代として考えるなら貯蓄や解約返戻金がある終身保険よりもお得だと思います。
次に家族収入保障特約と逓減定期特約についてですが。
ご主人死後の生活費と教育費とに分けて保障をお持ちになる提案を受けています。
まずソニー生命の場合は主契約の終身保険に特約でこれらの保険を付けると単独で同じ保障額に加入するより保険料が安くなるのでお得です。
また終身保険その支払い期間より特約の収入保障・逓減定期の保障期間は短くなっていますので途中で主契約の終身保険を解約することはあまりないと思いますのであまり気になさらなくてもいいと思います。
あとは保険料を節約したいなら収入保障と逓減定期保険の2つに加入するのではなく1本にまとめた方が安くなります。
ご主人が生きているならお給料から生活費と教育費の積み立てを行っているはずです。
うまくそのあたりの管理ができるのであれば収入保障保険の保障額を上げて1本にすると同じ合計保障額でも保険料は安くなります。
2)学資積み立てで「長割り終身保険」はどう?これは私が良く知恵袋でも回答しているのですが、低解約型の終身保険ではなく、低解約型の定期保険で設計してもらってください。
私が低解約終身保険より低解約定期保険を勧める理由ですが。
単純に加入者にとってお得だからです。
同じ保険料で積み立てるなら、低解約定期保険の方が低解約終身保険より5%ほど解約返戻金が多く得られるうえに、死亡保障も多く設定できるからです。
同じ保険料払うなら多くの死亡保障が得られる上、多く返戻金が戻ってくる方がよいですよね?販売者にとっては低解約終身保険の方が利益が大きいのでこちらから指摘しない限り最初から勧めてくる人は少ないと思います。
一度その担当者にあんしん生命の長割り終身保険やあいおい生命の低解約利率変動型終身保険と同じ保険料で・あいおい生命 低解約定期保険 100歳保障で支払い期間は提案を受けているものと同じ期間・アクサ生命 低払い戻し定期保険(フェアウインドウ)98歳保障で支払い期間は提案を受けているものと同じ期間を設計してもらってください。
そして今提案を受けている設計書と比較してみてください。
設定できる死亡保障額、お子さん18歳の時の返戻金額と返戻率、どの数字見ても担当者は言い訳できない物が出来上がると思います。
低解約返戻金型「終身保険」を良く勧められることがありますが低解約返戻金型「定期保険」よりも戻り率が悪いのに、販売員にとって終身の方が定期より手数料が5倍違うので終身保険を勧めらることが多いです。
絶対定期保険で設計してもらってください3)医療保険について医療保険は60か65歳で支払済みをお勧めしています。
定年から5年無給時代、そして年金暮らしの時に保険料で経済的圧迫になるのは大変ではないかと考えているからです。
そして確実に老後は病気や怪我のリスクが高まりますいろいろ医療保険あると思いますが私は入院日額5000円で良いのではないでしょうか?日額5000円で不安かもしれませんが、高額療養費制度もあって月8万円強<80100+(医療費-267000)×1%>越えると超えた分は返ってきます医療保険で言えばオリックス生命のキュア、損保ジャパンひまわり生命の健康のお守りなどが保障もしっかりして保険料も安いかと思いますもう一つはがん保険です。
どうしてもがん治療は現段階ではお金がかかってしまいますガン保障については通常の健保治療では高額療養費の上限からから日額5000円もあれば良いのですが、最近は放射線治療や抗がん剤治療など入院を伴わない治療や健保の適用外である先進医療など治療法もさまざまです。
そのような治療を受ける場合入院保障だけでは対応できませんそのような治療に対応するためにはガン診断給付金が出る保険で診断給付金で対応する必要があります。
やはり最低でも診断給付金は100万円はあった方が安心だと思います安さでいけば日本興亜生命のがん保険、保障充実で行けば東京海上日動あんしん生命のがん保険、アフラックのがん保険、オリックス生命のがん保険などになると思います最後に保険は保険料を払い続けないと保障を持ち続けることができません。
支払い保険料に関しては無理のない保険料で行ってください。
ご参考になれば幸いです。

ご回答ありがとうございます。プランのご参考になれば良いです。細かい説明は省略しますが、ご主人に万が一があった場合、例えば手取り30万ですと遺族年金は遺族厚生年金と合わせて月に14万くらい受取れますね。そうすると残り16万あれば今と同等の生活ができますね?ただ、ご主人がいなくなるのでご主人のお小遣い、ケータイ代、自動車保険料等が無くなりますね。ご主人にかかるお金が仮に合わせて6万とすると差し引き10万ですね?であれば家族収入特約は月10万で足りる計算ですね。ここまでよろしいでしょうか?奥様がパートに出て月に5、6万くらい稼げれば年に60~72万、下のお子様が大学卒業22才ですので22年パートすると、1320~1584万くらい稼げますね。もちろん、パートに出る計算を考えなければ現在の月14万くらいで良いと思われますがいかがでしょうか?住宅ローンは団体信用生命に入っていれば無くなりますのでローンの心配は無くなりますね。教育費のあんしん生命は良いと思いますが秋から返戻率(支払い累計に対して解約したときのお金)が今より悪くなることが決まっていますので(あいおいもそんなうわさです)三井住友きらめき生命や日本興亜生命の同商品、アフラックのWAYS等が良いかも知れません。
個人的には住宅ローンを今よりも低い固定金利の銀行にするか変動金利に変えた方が得策かと思われます。残金1300万でしたら低い変動金利で返されたほうがお得だと思われますがいかがでしょうか?ご家族のためにぜひ、良いプランを作ってくださいね。>団信についてですが、これは継続してください。その方が絶対有利です。
団体割引で保険料は割安ですし、保険金額もローン残高に自動的に連動しています。
これを通常の生保に置き換えるとかなり高い保険料になる可能性があります。

あと、住宅ローンがあるのであれば所得補償保険(損害保険)も検討してみる余地がある気がします。
入院せず自宅療養となった場合、医療保険は使えません。しかしローン支払は続くので家計が大変な事になります。
所得補償保険は入院しなくても保険金支払されますからこの点をカバーできます。>・変額保険は解約返戻金部分が最低保障されていないハイリスクハイリターン商品なので×…通常の終身保険がお薦め
(変額保険は解約返戻金の最低保証を無くす代わりに保険料を下げた保険で、生命保険会社にとってはノーリスクな商品。変額保険はインフレヘッジになるというセールストークが使われるが、通常の終身保険に比べると株式や投資信託で運用する分余計に手数料を引かれるため割高であり、インフレヘッジの役割を果たせるかどうかはその後の運用次第で元本割れのリスクが常に付きまとう。
それに対して低解約返戻金型終身保険は保険料払込期間中の解約返戻金を20%以上減額することで保険料を下げた保険であり、払込期間が終了したら死亡保険金・解約返戻金とも契約上元本保証なので、葬式代の準備費用のみならず老後の様々な不測の事態にも対応可能)

※All About
生命保険の基礎知識 終身保険のメリット・デメリット
http://allabout.co.jp/finance/gc/11313/
[生命保険は銀行預金よりリターンが多い?! 掛け捨て嫌いの生命保険活用]
http://mrs.allabout.co.jp/contents/mrs_g5_gs_c/insurance/CU20050429…
老後を救う終身保険活用術(2)
http://allabout.co.jp/finance/gc/11180/
貯まる保険・低解約返戻金型の長期の保険
http://allabout.co.jp/finance/gc/19447/
貯める保険-1 終身保険・長期平準定期保険
http://allabout.co.jp/finance/gc/11259/

・葬式代は一般的に200~300万円程度必要だが、お墓代も必要ならば終身保険に+200万円程度考慮

・世帯主が万一の際の遺族基礎年金や遺族厚生年金、中高年寡婦加算、世帯主の勤務先の死亡退職金等の受給額は計算しましたか?それによっては家族収入特約(定額型) の年金月額を減額することで毎月支払う保険料を節約できる可能性有り

・家族収入保険や逓減定期保険は特約扱いではなく、各々単体(主契約扱い)で加入(主契約が消滅すると特約部分も自動的に消滅するリスクがあるため)

・医療保険(別名・入院保険)の給付要件は入院や手術が大前提で、満額でも精々10万円単位の給付しかなく加入時の告知義務も厳しいハイリスクローリターン商品。優先順位は後回し

・100万円単位の大きなリスクに備えて、健保適用外の先進医療にも対応し精神疾患があっても加入可能ながん保険のほうを優先>

生命保険の解約について質問です。

生命保険の解約について質問です。
生命保険の住所を契約時の旧住所のままにしていたのですが、新住所に住所変更をしました。
①その場合、担当エリアは違うと思いますが、契約時の住所(旧住所)の営業担当が、今でも営業担当なのでしょうか。
それとも、エリア外なので、今は関係ないのでしょうか。
②また解約する場合、どこの支社でも解約は可能ということなので新住所の最寄の支社で解約しようと思い、その支社で解約の相談をしたら解約の用紙を速やかに出してくれました(解約理由は一応聞いてきましたが、営業担当に連絡したかなどは聞いてきませんでした)。
その場合、契約時の営業担当とはあまり面識がなく(契約時だけ)止められると面倒なので、契約時の営業担当に連絡せずに解約した場合、常識的にとか、営業担当に止められるということは別として、コンプライアンスに問題はないですか。
その場合、解約請求書を提出し書類に不備がなければ速やかに解約できますか。

どこの生命保険会社か分かりませんから一般論としてお話しします。
担当者の問題は原則営業エリアがあります。
ただ前住所と現住所が近い場所であれば契約時担当者が概ね担当してくれます。
解約は何処のエリアでも出来ます。
コールセンターに連絡し解約書類一式を送付して貰って解約する方法もあります。
(生命保険加入会社にやり多少の違いはありますが)保険会社により契約者が契約後が2年以内に解約した場合は営業担当者(加入時担当者)がペナルティーがある会社が多いようです。
(賞与減額、手当減額等)それは契約者には関係ありませんので解約等する場合に一々担当者に連絡する必要はありません。
例えば入院した場合等も一々担当者に言う必要はありません。
コールセンターで済みます。
解約とコンプライアンスは全く関係ありません。

もちろんエリアとかは関係してきますが、それは売り手である保険会社側の都合の話であって、契約者側には関係のないことです。
契約者本人であれば、どこででも手続きはとれます。>

生命保険と自動車保険の見直しについてアドバイスをお願いします。

生命保険と自動車保険の見直しについてアドバイスをお願いします。
夫 32才会社員妻 31才専業主婦(妊娠中)秋に出産を控え少しでも支出を抑えたいため保険を見直そうかと思っています。
現在は夫 ●終身医療保険 月約5000円●終身生命保険(葬儀代として300万) 月約4000円●60才までの生命保険(月11万の年金タイプ60才越えても最低5年保障) 月約3700円すべて掛け捨てです。
加入時は賃貸住まいでしたがマイホームを購入したのでこの際生命保険を両方解約して現在の医療保険+共済の月2000円タイプ(死亡保障数百万有り)にしようかと迷っています。
現在、私が出産育児のため収入が無いので少しでも家計を切り詰めたいです。
現状では備えより今の家計を安定させることが優先かなと考えています。
この保険の切り替え方は良いでしょうか?他に良い選択があれば教えてくださいm(__)mまた、夫の自動車保険を3年契約で購入したディーラー(ホンダ)で入っています。
更新まで1年以上あり、先月車の擦り傷を保険を使い修理したため次回の更新時は保険料が少しあがることになっています。
等級はMAX です。
この自動車保険を私も加入している全労災のマイカー共済に切り替えたいのですが保険を使用&更新前の今は替えないほうが良いのでしょうか?何でもよいのでアドバイスをお願いします。
補足詳しい回答ありがとうございます。
ご意見を参考に自動車保険はこのまま満期まで継続することにします!生命保険は少しでも若く安いうちにと思い入ったのですが、それを解約して共済で死亡保障をとりあえず賄うという考えは甘いでしょうか?また、医療保険も解約して大黒柱の保険が共済一本というのは心もとないのでしょうか?その場合は将来私も働きに出て余裕がでたら新たに保険を見直す予定です。

自動車保険については他の方の書かれていることと概ね同じなので省略します生命保険については県民共済4千円だけしてください、割戻金があるので保険料は年3万、月2500円程度になりますので今より保険料は安く、保障は多くなります貯蓄が全くない場合は掛け捨てのガン保険に加入した方がいい場合があります、ガン保険不要の目安は夫婦で150万ですガン保険はネットで探せば月千円ぐらいのものが見つかると思います、必要な保障としては診断給付100万です死亡保障については住んでいる都道府県と死亡原因によって保障額が変わります年金タイプの保険については遺族年金が代わりになるので調べてもらえれば金額がわかります、子供がいる場合なら国民年金だけでも年100万以上になります、厚生年金、共済年金もありますので加入している保険を確認してください例としてですが、厚生年金加入の場合年収240万の場合で月11万遺族年金が支給されます県民共済のみ場合保険料が年間12万、ガン保険に加入した場合でも10万円以上引き下げられます、差額の最低半分は貯蓄してください60歳から保障が下がりますがそれまで貯蓄をして退職後は県民共済も解約して貯蓄で医療費を賄ってください退職までに最低300、できれば500万あれば保険は不要です

詳しくありがとうございますm(__)m
もともと年金タイプの保険は賃貸時に遺族年金+でもしもの場合の家賃分として加入しました。
医療保険も含む全ての保険を解約して共済一本で充分ということでしょうか?
あと、
県民共済と全労災とで迷っていたのですが、どちらがメリットが多いのでしょうか?>1.生命保険については、ご主人の会社で団体契約をしていないかご確認下さい。団体扱いの保険は、保険料が安くなっております。
2.長期(3年)分割払契約の自動車保険について
・具体例で回答いたします。現在、契約中の長期分割払契約の完了日=2015年10月20日と仮定いたします。
・完了日迄、事故による保険料の変動はありません。
・仮想的な等級は、2014年10月20日-2015年10月20日で、マイナス3等級=17等級で、事故有係数適用期間3年です。
・完了日には、18等級で、事故有係数適用期間2年です。
・もし、マイカー共済へ現在、移行すると、17等級で、事故有係数適用期間3年が適用されます。
・長期分割払契約の完了日と同時に契約を更新するかあるいは他の損保会社へ移行するのが良いと考えます。
以上>自動車保険の他社への切り替えは満期時が常識です。

まして、新等級制度下では3年契約は大きなメリットが
あるのに、満期前の他社への変更はそのメリットを一挙に失い
ますよ(特に事故ありで保険を使っているので)。>

生命保険の解約返戻金について質問です。

生命保険の解約返戻金について質問です。
定期特約付終身保険に14年加入していますが契約内容は入会後一切変更していません、解約返戻金が前年または数年前より少なくなることはあるのでしょうか?生命保険の更新時期が来たので解約しようとしたら、3年前に出してもらった試算書の解約返戻金より少ない額でした。
解約返戻金が3年前より少なくなることはあるのでしょうか?補足加入していた保険は「特約付定期終身保険」の15年で自動更新型ですがすが、一度も更新したこともなく転換もしていません。
また保険会社から貸付を受けたこともありません。
契約後現在で14年ですが今回終身部分の補償額をを減額し、特約を解約しようとしています。
保険会社が解約返戻金を不正に減額していることはないでしょうか?

定期保険特約部分の解約金が減っているからです。
定期保険特約の保険期間15年(15年更新型)で、現在14年目だそうですから。
定期保険の解約金は、期間満了時にゼロになります。
【定期保険】http://www.jili.or.jp/knows_learns/basic/kind_main/term.html40歳で15年定期保険に加入したとしましょう。
40歳と、55歳では当然後者の方が死亡率が高いのです。
1歳年を取るごとに死亡率は上がりますから、もともとの保険料は毎年値上がりするはずです。
これを15年という保険期間で平均(平準)したものを、保険料とするのです。
ということは、期間の前半は取りすぎで、期間の後半は不足するわけです。
このため期間の前半の、取りすぎた保険料分を解約金(責任準備金)としてためているのです。
定期保険は掛け捨てと言われますが、上記の理由により実際は解約金が発生します。
定期保険の期間満了直前ですから、今後は月が進むほどに解約金はどんどん減ります。
それに、3年前というと15年定期の11年目ですが、おそらくその頃が定期保険特約部分の解約金のピークでしたね。
比較する時期の問題といいますか。

不正でもなんでもありません。

終身保険は概ね解約返戻金は増大するのが普通ですが、定期保険の場合は期限のある掛け捨
て保険なのですが責準が山型なりその後満了に近づくと急速に減りますので最終的にCVはゼロと
なります。あなたの場合は加入時を含めて全て担当者に丸投げしたことが原因です。何も知らない
ければ加入した保険が自分に取って良いか悪いかすら判断出来ないわけで信じて継続して最終的
に加入者がバカを見るのが普通です。その間何も無くて良かったとも思えますが多額の保険料を
支払っているわけでぜひこれに懲りて少しはご自分の保険知識を持ったほうがあなたにはお得と
言えます。>ありえます。
加入時に転換してませんか。そのときに終身保険部分が小さくなってそのときにあった解約返戻金を定期保険の保険料に一部(数百円か数千円)程度ずつ充当しているのです。
説明があるべき事項なのですが、なかったようですね。

だまされたと思ってあきらめる以外にありません。この次はこれを前例に慎重な加入、検討が必要です。

http://www.concierge-mem.com>解約返戻金が前年または数年前より少なくなることはあるのでしょうか?
★有りますよ、契約転換の契約で比例転換方式もしくは特約転換
で加入した場合毎年更新時まで解約返戻金が減少していくので。
※契約者貸付してない限り間違いないと思います。
証券見れば転換方式載ってますよ。>

生命保険のおばちゃんが解約に応じないためにわざと引き落としできないようにして…

生命保険のおばちゃんが解約に応じないためにわざと引き落としできないようにして失効させるのと、滞納してしばらくして本社に言って解約した方がどちらがお金を払わずにすみますか?

その生命保険に解約返戻金があると、預金残高不足で引き落としができなかった場合に、その解約返戻金を使って、契約を継続する場合がありますそのため、ちゃんと解約手続きすることがベストです解約は契約者の権利ですその保険会社のコールセンターに連絡すれば、すぐに解約請求書などが送られてきます

解約希望に応じないのは犯罪ですいますぐ、本社(相談室)に電話しちゃいましょうでも、大丈夫ですか?ひとつぐらい入っておかないともしものときがたいへんですよ>

生命保険・医療保険に入るべきか迷っています。
今日代理店に行き、プランをたてて…

生命保険・医療保険に入るべきか迷っています。
今日代理店に行き、プランをたててもらったのですが月々支払料が多く悩んでいます。
私(夫)会社員。
妻は専業主婦、2-3年後パート看護師で働く予定です。
2人とも20代後半。
総支給は600万円弱、貯金は2人で約800万円。
第2子はつくる予定なし。
車あり、家購入予定なし、ローンなし。
①学資保険代わりにAIG富士生命E-終身学資サポートプラン(妻) 15年払込 支払月16995円 保険金額500万円 ②ソニー生命 リビングベネフィット(妻) 払込65歳まで 支払月8945円 保険金額500万円 ③ソニー生命 リビングベネフィット(夫) 生前給付終身保険(生活保障型) リビングニーズ特約04 払込65歳まで 支払月19850円 保険金額1000万円 ④ソニー生命 リビングベネフィット(夫) 生活保障特則14付家族収入保険 リビングニーズ特約04 払込65歳まで 支払月5680円 保険金額年金月額10万円(65歳まで) ⑤アフラック ちゃんと応える医療保険EVER(夫・妻) 通院ありプラン60日型 65歳払済タイプ 三大疾病保険料払込免除特約 払込65歳まで 支払月2568円(妻) 月2467円(夫) 以上になります。
家族構成・年収に対してこの金額は妥当なのでしょうか? また評判がよくない保険もありましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

経験上、保険料高すぎて、途中で終身をやめるタイプの契約。
加入時は「安心を買った」と自分を納得させてるけど、半年、1年と経つと家計負担がズシリとくる。
特に嫁が復帰するまでは手取りの2割前後が保険料になる感じかね?生命保険教信者でもあり得ないな。
一回、全部チャラにして「必要保障額」の意味を考えて見れば良い。
学資は児童手当分を回すにして、他の保障は掛け捨てで月に7千円前後で作るのが良いと思うが。

充実のプランでご加入されていると思います。安心出来ると思います。
ただ、今後、お子様の学資保険のご加入も考えますとトータルで金額を引き下げた方が良いかもしれません。
こういったサイトでさまざまな保険会社のお見積もりを出して頂くのは如何でしょうか?
http://pepes62.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

当方、息子が大学受験中、娘も高校受験に向けて塾通いをしている中、こういった転機にまとまったお金が必要となります。
その際に一定額の学資保険が入ってくると非常に助かります。
一度、各社の見積り試算を見ながらご検討、更には各保険会社の特色もご覧になってみてはいかがでしょうか?
そして長くお付合いできそうなファイナンシャルプランナー(FP)を立てて頂き、一生相談にのれる環境作りが不可欠と思います。

きちんとしたFPですと、競合会社の壁を取り除き、トータールでライフプランに対して親身に話し合ってくれると思います。
(例:何年後Aにはいくら、Bにはいくら必要なので今はここの金額を下げておきましょう等の提案・見直し等です。)
是非とも、yugo_dondon_815さんの末永く安心出来るライフプランが立てられる事をお祈りいたします。>うわあ・・・見事にソニーが並びましたね。
ソニーのポイントはずばり「資産形成」です。
老後に資産として残す為に、ほとんどの商品が掛け捨てでない
保険料も高額なものが並んでいますよね。

質問者さんが老後しっかり資産を残したいというのであれば
これをベースに、後は保険料の調整かなと思いますが
老後の資産を残したいのではなく、万が一のときの保障を
最低限の保険料で準備したいのなら、このプランは大きく
見直す必要があります。

参考までに一般的な、小さなお子さんがいる夫婦が
どれぐらいの保険に入っているかお話します。


収入保障保険
月10万~15万 60歳もしくは65歳まで
保険料は3000円~4000円代まで
5000円は超えない

医療保険
入院日額5000円~1万
それにがんの特約をつけて
保険料は3~5000円まで


医療保険
入院日額5000円に女性疾病特約やがんの特約をつけて
保険料は3~5000円まで

子供の学資保険
保険料1万円まで

ここまででトータル保険料
25000円まで
一般的な家庭ではここが払える保険料の
上限と考えている人が多いです。
予算が3万円と考えている人はこれにプラス
保険料5000円ぐらいで終身保険に入ったりします。

ソニーのプランナーさんや、保険の窓口のプランナーさんは
資産を形成するということにウェイトをおいた提案なので
こういった内容になります。
もし払えなくなったら・・・ということは
あまり考えてくれていないと思います。
人によっては払えなくなったら、減額や契約者貸付を受ければいいと
言う人もいます。どちらにせよ損するのはお客様です。

質問者さんが少しでも不安に思うのなら
いくら老後の為とはいえ無理なプランは
やめたほうがいいです。
別の代理店で話を聞いてみましょう。>↓のかたは日本生命の営業だと思いますが、ニッセイに加入する方が首くくるかと思います。
まあ本題から入ると、ソニーのリビングベネフィットは確かに良い商品です。私も加入しました。でも全体のバランスが良くないですね。旦那さんはベネフィット減額だと思います。その分医療を多少厚くしては?アフラックも今月から特約充実します。でもオリックスのキュアの方が良いかと。日額1万終身払いにしても3000円いかないかも。医療は短期払いでなく終身払いが良いかと。また収入保障もソニーは介護にも厚くなって良いですが、タバコ吸わないならひまわり生命、タバコ吸うならオリックスがかなり安く上がります。また奥様が看護師資格あるようですから、収入保障は65までは必要ないのでは?お子様が25くらいでも充分かもしれません。
とにかく今のプランは65歳以降保険料負担はなくなりますが、医療保険くらいなら負担は問題ないと思います。>保険別働隊におりました。ご参考になればと思います。

① 遺族基礎年金 年間 約78万円( 夫、妻、ともに)
② 遺族厚生年金 年間 約今の月給の1.2倍程度が目安
③ 子の加算 年間 約22万円( ①同じ )
④ 寡婦加算 年間 55万円
⑤ 高額療養費制度
⑥ 傷病手当
⑦ 付加給付(会社の健康保険組合による)、協会けんぽはないです(笑)

以上を勉強してから保険に入ると、保険料は半額になると思います。

計算しにくいのでご夫婦30歳、こども0歳で計算してみましょう。
(18歳になるまでの計算)

夫OR妻が死亡 = 年間約100万×18年=1800万円、国が出してくれます。
今は奥さん主婦 = 会社員ぢゃないので、遺族厚生は出ない。旦那は出る

つまり、旦那が死亡の場合は = 100万 + 月給の1.2倍
奥さん 〃 = 100万 + 無し

なくなる人により、金額が違うことを認識してください。

つぎに、入退院や転院、手術の保障です。がんも含む。

① (月を跨がない入転院は)一ヶ月9万円で済む = 高額療養費制度を利用
会社の付加給付がによって、2万円以上は自己負担無しなどがある。
3万円の会社もあれば、5千円の会社もあります。公務員もあります。
公務員は種類によります。国家1,2、地方などによって違います。

だから、入院日額は5千円で十分、ただし、
【 アフラックは180日ルール 】がひどいので、よく検討された方が
良いです。僕なら入りませんが(笑) 最悪の商品ですので(笑)

がんは、単純に100万円の複数回が出るもの、かつ、2年に1回とならいらないです、
もっと、短い支払期間が短いやつがあります。

② 学資保険

結論は要らない。18年や20年かけて、たったの15~20%アップなら、
個人向け国債などで流動資産を確保し、死亡保険の安いものに加入し、
可処分所得に余裕を。

銀行がつぶれる時代に、20年後に会社あればいいですが、つぶれたらおしまいですよ? 学資金の90%を保護機構が保護してくれると思ってるなら大間違いです。
【責任準備金】の90%しか、保障しないので、気を付けて。

いろいろあるんですが、30前なら、二人で、13000円程度で十分では??
あたまの悪い担当者に当たると大変ですよ(笑)(笑)

自慢ではありませんが、CFP、宅建、DC、など金融資格がたくさんあるんですが、
【保険】という分野に限って言えば、奥が深いので、【保障内容】より【公的支援】の内容を把握する事で真の設計ができます。

あなたには、あなたの保険がある。>うーん、厳しいかもしれません。もしもに備えるにしても毎日の生活が一番です。
学資は必要になるのでキープ。子ども手当を回しでもありだと思います。
医療や生保は、もしかしたら旦那さんの会社の団体割引が効くものがありませんか?
大きな会社なら2,30%割引もあります。なければ、共済も検討してみてくだ
さい。>

生命保険料控除額というのはなぜ、年ごとで金額が変わるのですか?

生命保険料控除額というのはなぜ、年ごとで金額が変わるのですか?

●生命保険料控除の制度自体は、年ごとに変わってはおらず、H24年に1度変更になっただけなのです。
・しかし、H23年度までに契約していた生命保険や個人年金は ”旧制度” で、24年以後もそのまま(最大5万円控除)です。
・H24年になってから契約された生命保険や個人年金が今の ”新制度” で、最大4万円控除となっています。
・さらに新制度では、生命保険の中から医療介護保険が分離・新設されて、これも最大4万円控除です。
・同時に、保険料控除の総額も10万円限度(生保5万円+個年金5万円)から12万円限度(生保4万円+医療4万円+個年金4万円)に変っています。
●確定申告の際に、この新・旧が入り混じった状態で控除額を計算して行くと、新旧の金額を比較して、なるべく控除が多い方に動いたり、古い限度額と新しい限度額が入れ替わったりしますので、生命保険料控除額が微妙に変わって行き、毎年わけのわからない金額が出て来るのですね。
●因みに、H23年以前の契約のままで何も変えていない人は、H24年以後も全く動いておりません。

なるほど!!!かなり納得です。現在FPを勉強してみているのですが生命保険料控除額の表を見て毎年変わるものでその都度覚えなくてはいけないのかと思ってしまっていました^_^;なぜ、制度か変わったのかな。。とも思いますが自分の中で制度が更新されたということにしておきます。スッキリな解答ありがとうございました。>保険金の掛金と所得税率が毎年変わる可能性があるからです。>支払った生命保険や地震保険料などの金額で控除額が決まるからです。保険料が変われば控除額も変わります。>

生命保険の解約について教えて下さい。

生命保険の解約について教えて下さい。
15年程かけ続けている保険が有るのですが、最近離婚した事を切っ掛けに解約しようと思っています。
子供も居ない為受取人も居ません。
又再婚した時に新たに加入した方が良いのか、このままかけ続けるかどちらが良いでしょうか?今で解約返戻金は45万程有ります。

「生命保険」とのことですが、死亡保障のものということでよろしいでしょうか?基本的にはこのまま続ける方が良いです年齢が上がると保険料は高くなりますし、15年前=2000年頃の保険は現在より予定利率が良いものですから、基本的にはもったいない…のはずなのですが、15年でこの解約返戻金というのは、掛け捨ての定期部分が多いように推察します(更新型のものでしょうか?)現在、将来再婚の場合、①いずれも必要な保障②今は不要だが再婚時には必要な保障③いずれも不要な保障なのか、一度保障内容を確認され、③なら解約ですね参考までに、受取人は相続人に変更しておきましょう元配偶者のままですと、年末調整(確定申告)の生命保険料控除の対象になりません

まずは、解約されるまえに現在新しい保険に加入した場合は、
どのぐらいの保険料になるのかなど、検討されてみてはいかがでしょうか。
このときに、現在の保険との保証内容も合わせて比べてみてください。

保険は、いざ加入しようと考えたときの健康状態によっては、
加入が難しくなってしまうこともあります。
死亡保険金などの名義変更をする際に、
今一度、ご自分が加入されている保証内容について再度確認のうえ、
選択されてみてはいかがでしょうか。
ご参考までに。>保険の種類次第で異なるので、判断不可能です。

例えば、解約返戻金ありのがん保険(入院日額2万円)を30歳ぐらいに加入して15年間続けた場合、解約金45万円程度になると思いますが、これは継続お勧めになります。

一方、終身保険(2~300万円ぐらい?)なら、払い済み、解約などの選択肢もあります。

よろしければ、保険の種類やある程度の中身が分かる形で再度お尋ねください。>結論から言うと解約しない方がよいと思います。詳細は保険証券を持ってどこか相談へ行ってきて下さい。

理由
保険は通常、加入する年齢で月に支払保険料が確定します。加入し直せば保険料が今よりも高くなる可能性が高い。また生命保険は今、市場に出回っている保険よりも昔の保険の方が安いことがある。>受取人を自分の親に変える等で保障としての必要性があるなら、姓変更、受取人変更をして続けたらいいと思います。
掛け金の累計額に対してその返戻金45万円がどの程度の割合なのか、ほぼ貯金と同じだなと思えるならいいと思いますが、そうでないなら、心機一転でそのお金も受け取って新生活に踏み出してみては?
ただし、また入る時には体況の告知もあるので、最低限今時点で、健康でいた という前提です。>

生命保険の口座振替どこの会社が始めたのか。

生命保険の口座振替どこの会社が始めたのか。

生命保険料の支払い方法は、20年前は口座振替と集金と勤務先会社によっては給与天引きがありました?集金は、保険料の横領事件、車上荒らし等々の事件発生がありました。
だから、今は口座振替と給与天引きの二種となりました?口座振替ですが、いつから、どの保険会社が?となると記憶上、わかりません!

生命保険の受取について

生命保険の受取について知り合いから相談されました。
内縁状態の彼女が突然死してしまったそうです。
が、内縁だったのですが、その人が受取人の生命保険がありました。
何も考えずに、保険金を請求し保険金を受け取ったのですが…しばらくしたあと、妹と名乗る人が現れて、あんたには受けとる権利がないとすべて持って行かれたそうです。
相続権は無いのは知っていましたが、そういう場合、現金はないけど一回受け取ったので、所得税がかかってしまうのでしょうか?教えてください。

生命保険の受取人は、民法による「相続」ではなく、商法・保険法に基づく商取引による契約上の権利ですから、受け取りの権利は、受取人だけにあります。
つまり、妹と名乗る方は関係ありません。
内縁の妻であろうと、赤の他人であろうと、 保険料負担者=被保険者という保険契約の死亡保険金は、相続税の対象となります。
これはお金がなくとも、支払調書が送られているのでかかってしまうと思われます。
お金を持って行かれてしまった件に関しては、やはり法律のプロにご相談されたほうがよろしいかと思います。
ご参考にしてください。

生命保険の受取人の権利は、指名された人の権利であり、相続とは関係がありません。つまり、親族が現れても、その親族には受け取りの権利は全くありません。
税金は相続税(死亡によって受け取ったものなので)がかかります。(そのお金が今はないという言い訳は、税務署には通用しないように思います。あと生命保険会社からは税務署に支払調書が提出されていますので、放置しておくと後から延滞税とか加算されたうえで税務署から請求を受けます。)>>しばらくしたあと、妹と名乗る人が現れて、あんたには受けとる権利がないとすべて持って行かれたそうです。

これは窃盗罪になるから、警察に届けること。>内縁=未届けの夫、あるいは婚約者を生命保険の死亡保険金受取人にできます(保険会社にもよるので「かならず」ではないです)この生命保険の契約日より後の日付の遺言でこの生命保険の受け取りを別の方にするなどの故人の意志を表明したものがない限り、死亡保険金は受取人固有の財産なので、受け取る権利があります逆に、その妹は受け取る権利はありませんこれは、その未届けの夫に受け取ってもらうという故人の意志であるからです受け取ったということは保険会社から税務署に支払調書が送られているので相続税の対象になります(所得税ではありません)その死亡保険金の額を、妹に渡すと妹には本来贈与税が課せられます…と、ここまでが原則なのですが、もし、その死亡保険金を取り返すというおつもりもないのであれば、その金額を妹に持って行かれたという証明ができるようにしておけば良いかと思われます>法テラスなどでそうだんしてみると よいかも。
検索してみれば わかりますが 内縁でも大丈夫 という説明もあります

また 税金については 税務署に確認すると よいでしょうね。>まず内縁の夫を保険金の受取人にできるのでしょうか?
遺言等残っていれば別ですが・・・
通常保険金の受取人は親族なので、その場合受け取る権利はないでしょうね。>

生命保険・がん保険・迷ってます!

生命保険・がん保険・迷ってます!今主人の保険で医療保険はメットライフ、がん保険はひまわり生命、わたしは持病?の為(一度病院の検査でひっかかった、大腸の炎症、特に病名はなし)メットライフ・アフラックに入れませんでした。
今回主人に死亡保険に入ってもらおうと考えてます。
それで保険の事を色々考えてたら、わけがわからなくなってきたので親切な方アドバイスお願いします。
主人(今のところ健康体で喫煙者)の死亡保険とがん保険の見直し。
わたしの今後の保険、持病がある方向けのとかは入れるんですかね・・・。
保険は有名なところで入った方がいいと知り合いに言われました。
文章まとまってないですが、よろしくお願いします。

旦那さんの死亡保障はたばこを吸うのであればオリックスのkeep(収入保障保険)もしくはファインセーブ(定期保険)がお勧めかなと思います。
代理店によってマニュライフ生命の取り扱いがあるのなら、そちらのほうが安いかもしれません。
がん保険はひまわり生命じゃなくてもいいのでは・・・以前からやたらとお客さんが「ネットでひまわり生命のがん保険がいいと聞いたんですが」と来られるので不思議に思ってましたが確かにネットを検索すると、勇気のお守りの紹介ページが沢山出てきます。
ですが良く見ると古い情報が多いように感じます。
質問者さんの場合メットライフの医療保険にするのなら一時金はそちらにつけて、それ以外のがん治療の保障はチューリッヒ生命のがん終身治療保険プレミアムが安くて保障内容もいいですよ。
最近当然の保障となった、がんの通院治療給付金(外来治療)ですが、例えば日額5000円だと10万円もらおうとすると20日間放射線治療や抗がん剤治療に通わないといけません。
ですがチューリッヒの主契約の給付金はその治療を受ければ1ヶ月10万円もらえます。
回数も無制限です。
設定は5万円単位で上げれます。
この保障の部分だけなら月千円前後で入れます。
後は必要な保障をオプションでつけるだけです。
がん診断給付金特約は高い目なので、ここにつけるのはお勧めしません。
奥様は今の情報だけでは何とも言えません。
でも2社断られているのなら、持病のあるかたむけの保険で考えたほうがいいでしょう。
これは3~4つの告知項目に該当しなければ入れます。
メディケア生命の緩和型いいと思いますよ。

ありがとうございます!
早速資料請求しました。休日にじっくり考えたいと思います。
そうなんです、知恵袋で色々見てたらひまわり生命がいいってよく書いてあったので、ひまわり生命にしたんですが・・・もう少し色々検討してみます。>メットにひまわり、お互いに得意分野は別の保険ですね。さて加入と言っても家族構成や年齢がないと回答は無理です。また有名な保険会社?有名とはマスコミに露出してるということですか?ちなみに現在で破綻の心配がある保険会社はないはずです。またあなた様の場合には加入できる会社もあると思います>

生命保険について

生命保険について新婚です。
夫27歳サラリーマン、妻28歳公務員、子供はいません。
所得はそれぞれ約25万円/月程度。
ふたりとも医療保険、生命保険はひとつも入ってません。
健康です。
今年の11月に挙式を行ったのち、子作りをしたいと思っています。
今現在保険で悩んでいます。
積立タイプの保険か掛け捨て、死亡保障はどうするかなど…私たちの世帯にオススメの保険を教えてください。
よろしくお願いします。

保険はご家族の収入や、状況そして貯蓄、考え方など様々な要因によって必要な補償が異なって来ますので一概におすすめはこれ!とは言いづらい部分がありますので、あくまで個人的な意見です。
まず、旦那さんに万が一の時の備えとして収入保険。
お子さんが出来てからでも良いと思いますが、遺族年金を計算して必要最低額を掛捨てで加入。
もう一つは終身保険。
これは夫婦それぞれ加入されても良いでしょう。
個人的にはドル建てに加入しております。
葬式代程度あれば良いのではないでしょうか。
後は医療保険とがん保険。
ここは考え方が色々とありますが、貯蓄がある程度あるのであれば、がん診断一時金が出るようなタイプのがん保険のみはいかがでしょう。
医療保険に関しては、まだまだお若いので、保険よりも貯蓄に力を入れても良いと思います。
それでも医療がやはり心配であれば最低限の金額で終身払いでしょうか。
医療保険やがん保険は世の中のトレンド動向により様々な変化があり、新しい商品がバンバンでています。
10年経てばかなり古い内容になるので、割り切って定期契約でも良いかもですね。
最後に、お子さんが出来た後は、何かしらの形で学資保険を、積み立てていきたいですね。
学資保険でなくても良いと思います。
一度保険の窓口のようなところでお話を聞いてみてはいかがでしょうか。
勉強になりますし、将来の事を考える良い機会になると思います。
高い買い物ですので、じっくり考えて、納得のいく商品を納得のいく担当者から買われる事ができると良いですね。

生命保険、医療保険の告知義務違反についての質問です。
以下のようなケースはどう…

生命保険、医療保険の告知義務違反についての質問です。
以下のようなケースはどうなるのか教えてください。
2年前の2月5日に人間ドックを受けました。
そして、2月7日に 生命保険(団体定期保険)、医療保険、がん保険に申し込み 告知を行いました。
その時点で健康状態に問題はなく、何の自覚症状もありませんでした。
責任開始日は、生命保険、医療保険が5月1日。
がん保険は6月1日となりました。
2月20日に 人間ドックの結果が出ました。
甲状腺にしこりがあるため再検査してくださいとのことでした。
3月12日に再検査を受けました。
3月21日に 再検査の結果が出て、悪性腫瘍の可能性あり、専門病院での受診を勧められ、数日後に受診しました。
4月3日 専門病院にて、甲状腺がんと告知されました。
4月15日に手術を行い、甲状腺を全摘出しました。
これで完治と診断されました。
責任開始日前の がん発覚のため、保険は無効になるのだと思い 代理店に連絡したところ「がん保険は無効。
生命保険と医療保険はそのまま入れます」と言われました。
がん保険の無効手続きを行い、生命保険と医療保険はそのままにしました。
そして、1年前の5月頃に更新時期が来て、その際にも 代理店に がん手術のことを話しましたが、問題ないと言われました。
そして、手術から2年が過ぎ、幸運なことに健康状態を保っています。
ですが、果たして 本当に生命保険と医療保険の契約は有効だったのだろうか? と不安になってきました。
代理店の営業に 騙されるケースもあると耳にして、心配です。
告知の時点で健康状態に問題が無く、責任開始日前に病気が発覚した場合、保険の契約はどうなるのでしょうか。
また、今後 保険会社に対して どうすればよろしいでしょうか。
教えてください、よろしくお願いします。

保険の性質がそれぞれ異なるため、まずは、それを説明します。
・生命保険死亡時に支払われる保険・がん保険がんと診断されたときに、一時金が支払われる。
および、入院費や治療費が支払われる保険・医療保険怪我や病気で入院したときに、入院費や治療に対して支払われる保険質問者様が責任開始前にがんと診断されたため、がん保険は無効となりましたが、死亡(または余命宣告)された訳ではないので、生命保険は問題ありません。
医療保険は、がんに限っては再発した場合、支払われない可能性はありますが、その他の病気や怪我による入院費、治療費は支払われますので、契約に問題はありません。
(悪性腫瘍にたいしての治療費等は、責任開始前ということもあり、支払われていないようですので、将来、がんが再発した場合は、医療保険の範囲内で治療費等支払われると思います。
)保険証書と約款が交付されていると思いますので、約款に目を通されることをオススメします。
どういった場合に支払われるか…また、どういった場合、支払いの対象にならないのか…事細かく記載されているはずです。

詳しく教えて頂きありがとうございました。>

生命保険について教えてください。

生命保険について教えてください。
主人が肺がんになり1月から50日間、入院しました。
その保険金を県民共済からは5日目から44日目までの期間と 明治生命から50日の期間をうけとりました。
その後、抗がん剤を増やすことになり副作用が予想されるため5月25日から16日間、入院しました。
この16日間の保険金はうけとることは出来るのでしょうか?

加入されている生命保険に約款をお読みになると良いと思います。
または直接生命保険会社にお尋ねされたほうがよろしいかと思います。
ちなみに再入院された16日間に関して入院給付金は出るものと思われます。

生命保険加入について教えてください。

生命保険加入について教えてください。
入る保険によるとは思いますが、会社の健康診断で経過観察、要医療、要精密検査と出た場合、一般的な生命保険には入れないのでしょうか。
保険会社に健康診断の結果を提出しないといけないのでしょうか。
病院にもかかっておらず、薬ももらっていません。
保険に入りたい為、生活習慣を見直して再検査しましたが、まだ基準値以内に治りませんでした。
知り合いは、そんなの遡って調べられないよ、と言いますが本当ですか。
例えば今保険に入って10年後に病気になった場合、10年前の会社の健康診断結果を保険会社は調べるのでしょうか。
会社の保存期間や倒産等している場合はどのようにわかるのでしょう。
会社の健康診断が基準値外で生命保険に入っている方はいらっしゃいますか。

保険加入に際して、健康診断の結果を提出しなければならないかどうかは、保険会社によって異なります。
保険会社の調査方法は千差万別ですが、カルテやデータさえ残っていれば、仮に会社が倒産したとしても調べる方法はあります。
もっとも、契約後10年たった後の健康診断結果を追求する可能性は、限りなく低いと思いますが。
健康診断結果の数値がオーバーしていても、引受基準は総合判断ですので、一概に加入できないとは言い切れません。
また、告知義務違反をして加入している人は、少なからずいらっしゃいます。
なお、保険が支払われるかどうかは、ケースバイケースです。
生命保険の支払いについて、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドスレ主さんにお勧め告知義務違反の事例を徹底検証!2年以内にばれなければ・・・http://hokensupportguide.jp/blog-entry-59.html

生命保険は会社により全然商品や規定が違いますので一概には答えられません
たとえ病気で治療中でもその部分を不担保にして入ることも出来る場合があります
FPなど専門家に相談するべきです、最初から一社に絞るのは得策ではないでしょう

http://shinnosuke.ciao.jp/seimei1/page2.html>告知は正確にしてくださいd(^_^o)

何かあったら困るのは周囲の人ではなくご家族です。ネットらや周囲の意見に合わせないで下さいね(>_<)

健康診断書から基準値をでていても
又、経過観察などでも保険会社がもうけている規定に入れば大丈夫なこともありますよ(^^)

もしかしたらその基準値で引っかかった部位は何年間か給付金出ませんよ!などの条件付きで契約できるケースもあります。

要治療・要精密検査となっている場合は保険のことより治療なさって下さい
ご自身の体を悪くされたら本末転倒です(>_<)

保険担当に治療しなければならない部位や方法などを伝えて、加入の見込みはどうか聞いてみて下さい!ある程度ならわかるはずですよ(^^)

仮に(あってはならないけれど)告知義務違反で保険に加入後、入院・手術等、早期で給付金請求があると保険会社から調査が入る場合もあります。

診断結果にでてしまったり、通院歴や病院で治療している場合はカルテで残るのでわかってしまいますので嘘は意味が無いです。

心配なら緩和型という比較的入りやすいものをご検討下さいね(^^)

生命保険は
風邪を引いている最中も入れません

突然立ちくらみで半日だけ入院、点滴だけしたけど原因不明。たぶん貧血?
なんてことがあってもすぐ入れないんです。

体調良くなるといいですね(^^)

http://s.ameblo.jp/worthwhile8?frm_id=v.jpameblo&device_id=b137f69e…>生命保険契約をする場合、契約者(加入する人)には告知義務があります。
告知義務というのは、契約者の身体の状況などを正直に保険会社に告げなければならないことです。これは保険会社が公平に保険を引き受けるために必要なことです。
告知しなければならない項目は次の通りです。
1.過去の傷病歴(傷病名、治療期間等)
2.現在の健康状態
3.身体の障害状態
4.現在の職業
会社の健康診断の結果は、上記2に該当しますので、その内容を契約者から保険会社に告知しなければならないのです。
しかしながら、会社の健康診断で基準値外の項目があっても、病院にも行かず、薬も飲んでいないのであれば、普通は問題なく契約できます。
通常、会社には会社が認めた生命保険会社の外交員が出入りしていて、その外交員を通じて生命保険に加入するなら何も問題はありません。
ただし、数億円など多額の保険金額で契約する場合は診査があって、保険会社の指定する医師に詳しく診察してもらってからになります。>健康診断書の提出が必要なのは
大きな金額の死亡保険です。
あと健康なら割引があると書いている保険も
提出しなければいけない時もあります。
ですが仮に提出しなくても、指摘されていてそれが告知項目に
該当するのなら、ちゃんと告知しないといけません。

まずは質問者さんはちゃんと健康診断の結果を放置せず
再検査に行かれています。
そこはプラスに判断されます。
そして健康診断の用紙に書いてある、基準値内に収まらなかった
とのことですが、生命保険の判断基準はそれより
もうちょっと幅が広いことが多いようです。
なので後はその再検査の結果を申告して判断を待つしか
ありません。
心配しなくても、経過観察位の数値なら
問題ない場合も結構あります。
心臓にかかわる部位や、がんに関連するような内容の
検査結果の場合は経過観察でも厳しめに判断されます。
例えば肝臓の血液検査の数値ですが、3つともバランスよく
悪いと厳しい結果になりますが、γーGTPの数値がずば抜けて
高い方は(要治療でした)、問題なく死亡保険に入れてましたね。

ちなみに会社によっては、健康診断の要経過観察の項目は
告知しなくてもいい会社もあります。
損保ジャパン日本興亜ひまわり生命
メディケア生命
今ぱっと出てきたこの会社は、経過観察は告知不要です。
そういう会社を選ぶだけでも、告知項目が減ります。

なんか質問の文章の後半を読んでいると
まるで告知せずに申し込もうとしているのかと
思ってしまったのですが、そんなことは考えないでください。
病歴をカルテを使って調べることはよく聞きます。
健康診断の結果は、入院や手術することになった時
検査機関と病院が連携している場合じゃないと
わかりにくいと思います。
でもちゃんと告知してくださいね。>会社によって基準が違うと思うので何とも・・・

同い年でも健康な人に比べて保険料が高くなったり等の条件が付いたりしても良いなら入れる所もあります。>

生命保険について質問です。

生命保険について質問です。
某大手生命保険会社と契約しています。
更新時期になりましたので、保険レディさんと相談して、内容を見直し、更新契約にサインしました。
サインした数日後に再び保険レディさんがやってきて、”問診”を受けました。
その際、「定期健診で”要再検査”と言われたので、病院にいって検査してもらったが、結果は”異常なし”だった。
」と説明したら、「再検査があったのであれば、この内容のままでの契約は不可。
保険料をアップするか、保証内容を減らすことが必要。
」と、いうようなことを言われています。
①サインした後に、又、嘘をついていたわけでもないのに、そんなこと言われたって、、、という思いでいっぱいです。
生命保険というものは、サインした後の状況変化で、保険会社側に契約を拒否する権利があるものなのですか?②お医者さんに”異常なし”と言われているのに、”再検査した”というだけで、保険契約に不利になってしまうものなのですか?③そもそも、”問診”は事前に行って、保険会社と契約者の双方が納得した上でサイン・契約するのが本筋ではないのでしょうか?保険レディさんに聞いても、「生命保険とはそういうものです。
それがルール・きまりです。
どこの保険会社でもそうですよ。
」とおっしゃるだけで、、、、どうにも納得できません。
生命保険ってそういうものですか? 無知な私に教えてください。

①生命保険は損害保険と異なり、営業担当者に契約締結権がありません。
今回のケースでは、手続きの流れ上やむを得なかったものだと思います。
②臨床上の医師の見解と保険の引受基準は一致しません。
③一般的には申込・告知(問診)・保険料振込を同日に行っています。
保険会社によっては、告知(問診)のみを先に行うこともできます。
生命保険の請求について、お得な情報や損をしない請求方法を、趣味で紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hokensupportguide.jp/スレ主さんにお勧め生命保険・医療保険の請求で、診断書の確認すべき5つのポイントとは?http://hokensupportguide.jp/blog-entry-56.html保険料と保障内容の比較だけで大丈夫?「診断書比較」のすゝめhttp://hokensupportguide.jp/blog-entry-17.html

会社にもよるのでしょうか、、、?

どこの生保?と聞くとまずいですか?
(あえてふせているぐらいですもんね…)

私の勤めている某国内生保では、
再検査の指摘があって、検査結果異常なしだと
もちろん告知書にその旨ご記入頂きますが、
なんら問題視されません。

しかしながら、健康上の不安点がいくつかあった場合
・申込み内容がそのまま引き受けられるのか
・何かしら条件が付くのか
その結果は審査部が審査するので、私ども営業職員が決める権限はありません。なので、お申し込み時に「何らかの条件が付く場合があります。書類を出して審査してみないと分からないので、このままの内容で申し込んで頂き、その結果を見てから再度加入をご検討下さい。」と言ってます。

これまで実際に「これ通らないかな~?」と思った告知でも問題なく通ったり、逆にいけると思いきや条件が付いた事もありました。

そうなるとますますダメで元々、
付けたい物全部ダメ付けて申し込んでみましょうか。と今はトライするようにしています。勝手に私どもが判断する範囲では無いですからね。

保険会社は
・申込み
・健康審査
・入金
を全部完了してからしか保障をスタートしないように決めています。

公平性を保つ為に、申込みの内容が健康上の理由で引き受けしないと言って来ることも日常茶飯事です。

ただ、質問者様の場合、再検査の指摘を受け、尚かつ異常なしとの結果なので何も問題ないと思います。再検査の指摘を受けてほったらかしにしてる場合は限りなくグレーとの判断をされてもやむなしですが。

その営業職員の知識不足だと思いますよ。>転換契約は、新契約と同じです。

保険の成立には、3つの条件が必要です。
?申込
?告知または審査
?保険料の払込み

これは、通常であれば、申込と一緒に告知をするのですが、あなたの場合、申込と告知を一緒にやらなかったのだと思います。

また、保険レディの問診?もしかして、ひとは生命保険面接師ですかね?普通の告知ではなく?どちらにしても、問診やら告知は、申込とどちらが先でなければならないという決まりはありません。
極端な話し、健康上問題がある人が正直に告知して申込を行っても、保険会社の判断で契約が成立しなくて、断られるなんてことはザラにあります。

申込と契約が成立することはイコールではないですよ。

最後に、更新型保険や、転換する必要があるような保険はやめた方が良いです。
あなた、大損ですよ?
どうせ大手って会社名が漢字だけのとこでしょう?
漢字生保ほどひどい保険会社は、ありません。
営業のレベルも低い。そもそも保険についてわかってなさすぎる人に営業されて、お客様が理解できるわけがない。

あなたがここで質問しているようなこととか、転換か更新かもわからないのは、その営業のレベルが低いから。
何故それを転換だと教えてもらえなかったのか?転換は大損。>デタラメな説明であなたを煙に巻いている感じですね
しかしあなたが言う再検査の時期ですが、それが申込書を書いてから面接を受ける間の話でしたら、
”申込を書いた時点では 再検査を受けるように言われているが受けていない” 状態にあった事になり、本来は申込みできない事になります。

そこが問題であれば、そもそも今回の申込みは取り消されます。

そうでなくて、申込書を書く前に すでにその再検査が済んでいて結果も出ていたのでしたら、私の扱う保険会社では問題なく入れます。

〉生命保険というものは、サインした後の状況変化で、保険会社側に契約を拒否する権利があるものなのですか?

権利と言うより、サインした後に再検査またはその結果が判ったというのでしたら、冒頭に書いた通り
あなたは知らなかったとは言え、タイミングが悪かった。
とりあえずその、再検査を受けたことと 結果は異常がなかった事を書いて、申請してみてください。
もしもそれが引っ掛かって、保険料が上がるとか部位不担保などの条件が付いたら、その転換契約の申込みは取り消すことができますから。

それでとりあえず普通に更新しておいて(保険料UPを避けるために減額もやむ無しですね)、数年後にまた転換を試みてはいかがでしょうか。

と言いますか、もう漢字生保なんかやめた方がいいのでは・・・・
今転換して保険料を抑えても、また10年後に更新、その前にまた転換して・・・
それを繰り返していると、最後には
死ぬまで払わなくてはいけない・少しの死亡保障と医療特約だけ、みたいな事になりますよ。
○○になったら△△△万円もらえる、などという有りがたい特約は、そのうち高くなって付けられなくなります。
更新型の保険は追いかけっこですから、どこかで腹を据えて転換するのをやめて、更新が来たら保障を削って更新するようにした方がいいですよ。>①更新は通常
告知なし診査もなしです。
ガンの人でも保障範囲内ならだれでも更新はできます。
②転換契約
今までの保険を一旦やめて新しい保険に加入、心機一転必要な内容で新規加入します。
告知、診査があります。

従いまして
ご質問は
①のつもりが②だった、とおもいます。おそらく更新ではありません。
また、その状況では医師の異常なし結果表取り寄せ添付により加入条件通りになるのが普通かと思います。再検査を放置している場合はかなりの条件、割増などがあると思います。
よっぽど加入できない告知だったのか?
不思議な担当者かもですね。>そういうものではありませんでしたよ。

私も同じ状況でしたが、無事更新できました。

代理店に直接問い合わせた方がいいですね。>

生命保険クーリングオフできますか?

生命保険クーリングオフできますか?現在ニッセイに加入してるのですが、高いと感じたので太陽生命という保険会社に乗り換え検討して当日契約してしまいました。
流れとしては太陽生命の人から電話かかってくる→翌日に会う。
この時自宅に来られたくなかったので近所の喫茶店を指定しました。
→喫茶店で話を聞き、のせられてしまい、その場で端末で登録され、今日支払わないと駄目だから。
といわれ、クレジットカードで払ってしまいました。
考えさせてほしいとは言ったのですが、おばさんの強引さに断りきれず、話をすませたくて加入してしまいました。
軽率だったと思います。
ニッセイは高くて有名なので辞めるつもりだったので半ば納得して、してしまいました。
改めて冷静になると後悔の念でいっぱいになったのですが、クーリングオフの制度を調べてみたところ自宅や営業所以外で、こちらから指定した場所に会社の人を呼び出して加入するとクーリングオフはできないようです。
本当に最低の気分です。
ただ生命保険は加入者の審査(査定)があると思いますが、本日朝一に担当者でなくて支社に電話をしてもキャンセルはもうできないんでしょうか。
査定はもう終わってしまってるんでしょうか。
最悪クーリングオフができなくても、毎月の保険料を一円も払わずに失効させる気ですが、初回分においてはカード会社にこの分は払いたくないと駄々をこねるわけにもいかず、悔しくて眠れません。
なお肝心の保険の内容が説明通りなら諦めましたがおばさんはかなり都合の良い説明をしており、ところどころ保障が下がってるのにすべて良くなってると思わざるを得ない説明でした。
自分に腹が立ってこんな時間まで眠れません。

保険業法で、生命保険にもクーリングオフはあります。
1年以上の契約であること。
終身保険、養老保険、個人年金保険、定期保険であること。
ただ、出来ないケースも定めてあって、 申込者等が、自ら指定した場所(保険業者の営業所等及び当該申込者等の居宅を除く。
)において保険契約の申込みをすることを請求した場合において、当該保険契約の申込みをしたとき。
この部分で相手が争ってくるおそれあり。
会って話を聞くだけのつもりが、勧誘にすり替わっていたのなら可能でしょうね。
自ら申し込みを行うために場を持ったかどうかで判断されるでしょう。
この判断は消費生活センターにしてもらっても構わないと思いますよ。
クーリングオフの書面も教えてもらえますから。

まず保険会社に電話してみることですね。営業所ではなくお客様センターのようなところへ。
ただ契約した場所を考えると、ちょっと厳しいかな。
「印鑑押さなければ帰らない!」式の営業スタイルが依然として残っているのが驚きですけどね。>何か物買ったの?何故保険にクーリングオフ…笑われますよ?品物を通販、訪問販売で買った場合のみ♪保険はローン販売?(笑)>

【終身生命保険についてですが】

【終身生命保険についてですが】 現在、比較的高額な終身生命保険に加入しています。
しかしながらあまりに高額なので、他の安価なネットからも入れる保険に 変えようかと検討しています。
いくつかネットからも入れる商品を調べましたが、 例えばある生命保険は死亡したら1500万円が支払われるプランは 健康診断が必要なく、それ以上の高額な何千万円も支払われる 設定にすれば健康診断や人間ドッグが必要になると書いてありました。
これは1500万円までなら持病があっても大丈夫なのですかね? また持病とまでは言わないまでも例え話ですが、中性脂肪の数値が高く、 1500万円の設定にしてもし死亡してしまって、 実はあとから調べたらこの人は中性脂肪の数値が悪かったから、 条件として人間ドックが不必要だったが、 後から判明したので支払いません! といったことが起こりえますか? (もちろん保険会社によって条件は様々だとは思いますが、一般的な考えを教えていただければ幸いです。

保険会社は基本的に、損失になるので保険金を支払いたく無いですから、何かと文句をつけて、保険金を支払わないケースが非常に多かったですね。
一時期、そのニュースが流れてましたね。
保険金の不払いなんかも、かなりたくさんあります。
比較的高額な終身生命保険に加入しています。
↑その分のお金を、毎月毎月、貯金したらいいんじゃないですか?仮に大きな病気や怪我になったとしても、高額療養制度を区役所に申請したら、だいたい一ヶ月で5万円~6万円を支払うだけで、何十万・何百万もの医療費が税金で支払われます。
ウチの母親も心臓の弁を変える大手術をしましたが、自立支援制度で、ほとんどお金がかからず手術しました。
病院の食事代とかは取られますが、手術代なんか払って無いですよ。
それに、いきなり精神障害者になって、精神病院に3ヶ月入院する事になっても、高額療養制度が利用できますし、その後の通院も、障害者として自立支援制度を利用すれば、1割負担でいけます。
僕の友人は、精神科に通院して、その精神科で薬を貰って、1回400円らしいです。
そういう行政サービスが日本にはあるので、生命保険なんて不要かもしれませんね。

十分おこりますよ。
本来払うべき保証を払わなかったという事例があり、新聞で報道されていました。>

生命保険の見直し中です

生命保険の見直し中です以下の状況で何か見直しが必要な所や他におすすめの保険などがありましたらご教授ください。
【家族データ】 夫:36歳、正社員(年収650万)、確定拠出年金あり 妻:32歳、正社員(時短勤務、年収250万) 子ども:3歳(1人の予定) 持ち家:マンション、団信加入、ローン残り10年ほど【保険状況】※加入検討中も含んでいます。
▼生命保険(夫)[メットライフ生命ドル建て終身保険] 死亡保障:10万ドル / 10年払込、終身(積み立て型)/ 低解約返戻金型 月額:40000円前後 → 死亡保障と資産運用、学資保険をかねています。
(学費は別で準備したいとは思っていますが) ▼収入保障保険(夫)[あいおい生命] 死亡保障:月5万円 / 60歳までの掛け捨て 月額:約1300円 → 遺族年金、死亡保障で足りない分を補う想定 ▼生命保険(妻)[オリックス生命FineSave] 補償額:400万 / 60歳までの掛け捨て 月額:約1000円 → 葬式代や気持ち分 ▼医療保険(夫、妻)[損保ジャパンひまわり生命 健康のお守り] 60歳払込、終身、掛け捨て 入院給付金 60日 5000円 / 手術給付金、手術見舞金 年払い 57000円(2人分) → 老後の入院に備えて。
▼がん保険(夫、妻)[FWD富士生命 ベストゴールド] 払込終身、掛け捨て 初回がん診断で 300万、以降の診断給付金:100万(2年に1回限度) 年払い 33000円 → がん家系なので。

こんにちは。
現在、生命保険の商品は複雑かつ多岐にわたっていますので、商品を選択するのはとてもややこしくて難しいですよね。
質問者様の場合、掛け捨てがほとんどですが、貯蓄性を求めるのもありかなと思いました。
私の場合、2社の生命保険とガン保険(合計3つ)を見直しましたが、専門家にお世話になりましたが、保険料全体ではほぼ同額かつ保障も同等以上、さらに解約返戻金までできるように変更できました。
(それまでは全て掛け捨てでした)以下は私がお世話になったサイトです。
質問者様のご意向(生命保険に対する考え方(保障中心なのか、貯蓄性を求めるのか、掛け捨てなのか、返戻金を求めているのか、保険料は例えば月額でいくらまで支払う予定なのか等)を伝えると、相談のうえ、いろいろなプランを用意してくれます。
勧誘などもないので断っても全然大丈夫な感じでしたよ。
① http://type29ssx.com/site/hokenminaoshi_soudan.htmlまた、以下のサイトも利用しましたが①とほぼ同様の提案をしてくれましたし、担当者もプロらしく、好感のもてる方でした。
(残念ながら①のほうから先に提案を受けたので、①にしましたが)② http://type29ssx.com/site/hokenminaoshi_navi.soudan.html参考になれば幸いです。

質問にみおとしがありましたので内容を一部訂正いたします。

基本的には変わっていないのですが、死亡のための保険はご加入されていますがお二人が、病気や重い障害で今の収入を失ったときのことが、抜け落ちています。そんなに早くぼっくり逝くつもりですか?

お二人の人生のステージは
1子育ては中の現役時代
2子育て後の現役時代
3リタイア後
の順番に来ます。前が無事終わらないと次は来ません。

ローンも残っておられますが重大疾病の特約はついていますか?大病で職を失うことも考慮に入れておいて下さい。(退職金、その他の福利厚生も確認してください。)

おすすめとしては、とにかく後20年間(1の子育て時代)、三大疾病や、障害者状態での収入を確保できるものを掛け捨てでいいので入って下さい。
年収650万円の人が職をを失ったとして、今のホショウデやっていけるかどうかお考えください。老後の医療より優先だと思います。>少なくとも医療系の終身には反対です。掛け捨ての定期を勧めます。理由は、保険の陳腐化のリスクがあるからです。今は使える保険でも、30、40年もたてば化石になるに決まってます。ガンのワクチンができて、10万も出せば治るようになったらどうします?毎年3万を何十年も支払い続けるのはバカらしくないですか?また、入院できる条件がかなり厳しくなって入院自体滅多にできなくなる可能性もあり得ますね。ただでさえベッドが足りないんですから。そもそも医療保険から生涯のうちに受け取れる可能性のある給付金など、たかだか数百万です。というよりもほとんどの人はそのくらいもらえる機会が訪れません。保険を否定しているわけではありません。「数百万の予備資金があれば入らなくても問題が無いのに、30年以上も同じ保険に縛られる必要があるのか」というのが問題ということです。若いうちは並の医療ではなく世界最高クラスの医療技術で間違いなくガンを治したい、という気持ちがあれば、今のガン保険では金額が1桁足りません。それならば、「自由診療などになり何百何千万かかろうともガンにかかった費用は全額保障」というような最高クラスの保障の掛け捨て保険を検討した方が良いことになります。>

生命保険って死亡した後どのように保険会社が把握するんですか?

生命保険って死亡した後どのように保険会社が把握するんですか?自分が保険に加入していることを家族が知らなければ申告もされず支払われないんですか?

死亡保険金の受取人からの請求がないと保険会社は死亡保険金を支払いませんそのためその保険の死亡保険金受取人に指定された方が、①その被保険者の死亡を知らない、②その保険契約の存在を知らない、という場合、この2つを知ってからでないと請求ができません数年前には、親族が保険契約を知らず請求していない、また独り暮らしの高齢者が亡くなったことがわからない、などにより請求されていない死亡保険金が少なからずあることが報道されたりしています保険会社の対応A.保険料未納保険料の支払いが継続している期間に亡くなった場合、死亡により保険料を引き落とす口座が凍結されると保険会社は保険料を受け取れません保険会社は死亡を知らないため、保険料の引き落としは継続されます保険料の未納により保険会社はその契約者に連絡をすることになりますまた担当者によっては予め受取人など親族のの連絡先を確認しておきますB.保険会社からの定期的な郵送物契約者宛に定期的な郵送物(保障内容の確認、生命保険料控除など)が送付されます宛先に届かず戻ってくると確認の連絡をすることになりますC.高齢者への定期的な連絡特に高齢者などへは担当者から年に1回など定期的な連絡をして生存確認の報告をさせる保険会社もあります死亡保険金受取人の対応A.口座の確認保険料の支払いが継続中の場合など保険料の引き落としの履歴により保険契約があるか確認が可能ですB.郵送物の確認定期的に保険会社から送られてくる郵送物で確認することが可能です基本的には、死亡保険金の受取人には予め伝えておくことが一番です

そうですね。基本的には、ご遺族からの請求となりますので、加入されていらっしゃる事を知らなければ、請求はできない事になります。東日本大震災では、加入をされている方の消息を保険会社の職員が訪ね歩いて、請求に尽力したとの事で、国の担当大臣より、御礼があった記事を見ました。実際に、被災者である職員も自らを省みず、奔走した状況が、ありました。通販系は、ここまではしないので、震災後は、この地域で、対面型の営業会社の加入件数が伸びました。また、私の勤務している会社では、70歳以上の契約者の方には、ご家族連絡サービスを希望された場合には、毎年の契約者の加入情報を記載した内容を郵送にて送付する仕組みとなっております。もうひとつは、契約内容確認の年に一回の訪問で、死亡のみならず、給付金の請求もれが起きないように伺っております。月払いの保険料のお客様ばかりではありません。一時払いや既に支払いが終わっているお客様もいらっしゃいますから、この年に一回の訪問は、本当に大切な仕事だと私は思って活動しています。新聞屋さんがポストに新聞がたまり続ける事で、安否確認がご家族に行き、死亡が発見されるケースがあるようですが、対面型保険会社の本体の職員から加入された場合は、これと同じ意味があります。>家族が知らなくて亡くなれば口座やクレジットカードが締結され、保険料の引き落としが出来なくなり連絡が行きますから家族にもわかります。>私が生保会社に勤務していた時は死亡保険金請求がないと支払はなかったです。死亡保険金は年金としても自分が生前に受取る事もある保険内容もあるのでご加入の生保会社のコールセンター等に確かめる事をオススメします。定款・約款と言った冊子を受け取ったと思いますがこの2冊は保険に詳しい人でないと理解出来ない様に作られている事が多いのでお気を付け下さい。>

生命保険の作文が出ました

生命保険の作文が出ました提出期限がもうすぐで焦ってます5枚分どなたか考えてもらえませんか?お願いします補足5枚目いったらおっけいなんで…

自分が生命保険に入ったわけじゃないし金払ってるのも親なのでよくわからない。
でも、何かあった時に役に立つってことは知ってる。
この前も親戚が死んだ時(ウソでいい)に、生命保険が降りるとかで、親戚一同が集まってきた。
その中には私が見たこともない人が来て、ああ、この人、親戚が入院してる時に一度もお見舞いに来なかったのに、こういう時には張り切って来ちゃうんだなあ。
普段世話してたのはうちの母だし、認知症になってからは母も家を犠牲にして通っていたのに、保険が降りるってことは金が入るという以外にも、トラブルが生まれるのだなあということがよくわかった。
わたしも、将来おとなになって家族のために生命保険をかけて迷惑がかからないようにしたいものだが、そんなトラブルに自分の家族を巻き込みたくはない。
だからそんな制度は私は活用せず、ひたすらタンス貯金で連れにだけは伝えておきたい。
ただ、生命保険会社にも同情すべき点はあって、ヤクザに脅されて病院で診断書を書かされたのを渡してきたら怪しいと思っても出さないわけにはいかないそうで、つくづく、私はおとなになっても生命保険会社には就職したくないなあと思った。
5枚分なんかだれが考えんだよ!

5枚目だろうがなんだろうがタダでなんてやらねーよ>生命保険会社に対して詐欺を働いていますと、堂々と宣言する現行犯は珍しい。>テーマは何でも良いの?>はい、物語でもよいので、入院のことなんか。>

生命保険についてです。

生命保険についてです。
3年前に橋本病と診断を受けましたが、薬を飲む程の数値じゃないとの事で投薬はされてません。
気になるようだったら年に一度か二度採血で様子見た方がいいと言われましたが、診断を受けて以来病院へは行ってません。
それとは別に2年前に軽い鬱状態と診断され薬を2週間分ずつ、数か月通院していました。
保険の告知書?みたいなのに5年以内に~ってのがありますが、あと3年経てば橋本病と診断されてから6年、鬱状態と診断され最後に薬を貰った日から5年経過します。
極端な話、3年間インフルエンザになろうと橋本病の症状が出ようと、何があろうと病院の世話にならずにいたら生命保険に加入する事は出来ますか?それとも、何年経とうが鬱と橋本病と診断されている時点で加入は難しいのでしょうか?

ご質問に記載の通り、保険加入時の告知が必要な治療歴等には期間があり、その期間を過ぎていれば告知をする必要はなく、告知事項が何もなければ通常はそのまま保険に加入できることになります。
ただし、保険に加入できたからといって、すべての病気・ケガについて必ず給付金の支払い対象となるというわけではありません。
責任開始期前にすでに発病・発症していた病気・ケガについては支払い対象とならないことがあります。
これを責任開始期前発症不担保条項といいます。
以下、詳しくご説明致します。
??責任開始期前発病不担保条項責任開始期とは、生命保険契約の保障が開始される時期のことであり、申込・診査(告知)・初回保険料払込の3つがすべてそろった日から責任開始されることになります。
正しく告知が行われていても、責任開始前にすでに発生した疾病・傷害については、その治療(入院、手術等)が保険期間の開始後に行われていても、保険金支払いの対象外になります。
これを責任開始期前発病不担保といいます。
保障対象外となる保険金・給付金等責任開始期前に生じた傷病や不慮の事故などを原因とする場合に支払われない保険金・給付金等は下記の通りです。
●疾病入院給付金●災害入院給付金●手術給付金●放射線治療給付金●三大疾病保険金●保険料払込免除●先進医療給付金 等死亡保険金については、責任開始期以後の傷病を原因とすることが支払いの要件にはなっていないため、死亡の原因が責任開始期前に生じていた場合でも支払い対象となります。
医療保険等の加入の際には、告知をする必要があります。
告知書の質問事項に該当する項目が無ければ、原則として契約は成立します。
告知義務違反がなく、正しく告知されていれば、保障対象外になるような事は発生し得ないと思われる方が多いと思いますが、実は、正しく告知して契約した場合であっても、保険責任開始期より前に発生した疾病・傷害を原因とする保険金の支払事由については、保険金が支払支払われない場合があります。
責任開始期前の発病・傷害でも保障される場合下記の場合、責任開始期前の疾病や不慮の事故であっても保障されます。
●保険会社の責任が始まった時から一定期間(例:2年間)を経過した後に入院や手術を受けた場合、始期後の原因によるものとみなして保険金の支払対象となります。
また、下記の場合は責任開始期前に発生した疾病であっても、責任開始期以後の原因によるものとみなし、保険金等の支払対象になります。
●契約の締結または復活の際に告知のあった疾病については、保障されます。
●責任開始期前に発生した疾病でも下記①及び②のを満たし、保険契約者及び被保険者の認識及び自覚がなかった場合、責任開始期後に発生した疾病として保障対象となります。
①責任開始期前に被保険者が医師の診察、検査、治療、投薬を受けたことがない②責任開始期前に被保険者が健康診断、人間ドック等による異常の指摘を受けたことがない??主な告知内容医療保険等の代表的な告知事項は下記の通りです。
①最近3ヶ月以内に、医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがあるか②過去5年以内に病気やケガで初診日から最終受診日まで7日以上の期間にわたり、医師の診察・検査・治療を受けたこと、または7日以上の投薬を受けたことがあるか③過去5年以内に病気やケガで手術を受けたことがあるか④今までに「がん」または「上皮内がん」と診断されたことはあるか⑤過去2年以内に健康診断・人間ドックを受けて、異常(要再検査・要精密検査・要治療)を指摘されたことがあるか 等例えば、告知の4ヶ月前に「がん」や「上皮内がん」以外の病気で、医師の診察を5日間受けていた場合でも、上記①~④の告知には該当しません。
また、健康診断・人間ドックを受けて異常を指摘されていなければ、⑤に該当せず、告知は全て“いいえ”で回答できることになります。
しかし、医療保険加入後に告知4ヶ月前の病気で入院した場合には、始期前に発病した疾病として保障されません。
保険会社がなぜわかってしまうのか?責任開始期前の病気がなぜ保険会社に分かるのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、保険金(給付金)請求時には、ほとんどの場合、診断書を出す必要があります。
この診断書で既往症は分かってしまいます。
少し長くなりましたが、告知期間を経過したものについては告知をする義務はないのですが、橋本病と鬱病に関しては責任開始期前に発病しているものであるため、告知をせずに加入した場合で保険加入から2年以内に入院等をした場合、支払いの対象とならない可能性が高いです( 部分をもう一度ご覧下さい)。
ただ、精神疾患については保険加入が難しいため、告知をすると加入を断られてしまう可能性が極めて高いです。
そのため、告知期間を経過するまで待ち、告知が不要となってから保険に加入し、『保険加入から2年以内に橋本病・鬱病になった場合はその入院等については支払われない』と最初から諦めておく。
保険加入から2年経過してからの橋本病・鬱病については給付金がもらえる。
橋本病・鬱病以外の病気・ケガであればちゃんと支払われる。
このように割り切って加入するのが良いと思います。
鬱病を告知して保険に加入できなくなってしまうより、一部支払われないものがあるかもしれないけど加入できれば安心は大きくなりますからね。
長文失礼致しました。
ご参考になれば幸いです。

生命保険の勧誘の時の文句で、貯金みたいなもんだから というフレーズがありますが…

生命保険の勧誘の時の文句で、貯金みたいなもんだから というフレーズがありますが、これって正しいのですか?だったら直接貯金したほうがよくないですか?

ある意味合っていますし、間違ってもいます。
保険は貯金ではなく、貯蓄と考えてください。
貯金は銀行でするものですが、貯蓄はあらゆる方法でお金や資産になるものを貯めるものです。
具体的かつ簡単に言うと、生命保険は期間までに解約してしまうと損をする貯金ですね。
前までは15~20年以上かけると利率が100%をこえていましたが、今はそこまでのメリットがないので、ご自身で貯金しておくほうがいいと思いますよ。
ただ、今あまり貯蓄がないのなら、掛捨ての医療保険やがん保険には加入しておいてもいいと思います。

一昔は正しかった。
が、今はマイナス金利の影響で、むしろマイナス良くてもトントンです。

まあ貯金に近いのなら明治安田生命のじぶんの積立。
この商品はいつ解約しても100%戻ってきて、10年満期だと103%です。

貯金だと思ってと外貨建を売りつける奴は三流以下です。

あとジブラルタという詐欺会社も注意です?>今でもそういうことを言う営業がいるんですかね?
昭和の時代の話ですか?

保険と貯金は違います
保険の基本的な目的は保障です
さらには個人年金保険など将来の積立を目的にするものもあります

積立が目的であってもあくまでも将来の使うためであり
ある期間が経過するまでに使おうとすると支払額より少なくなります
なのでやはり貯金とは違います

これをやや曖昧にして
「貯金した方がいいよ!保険は貯金『みたいな』ものだから」
というのは私は一種の騙しだと思います
まあ、売れない営業が苦し紛れに言うセリフですよ>9割方正しくありません。日本の伝統的な保険の売り方です。保険という金融商品は、非常に有益な反面、お客様にメリットを理解頂くのが難しい商品と分類されています。なので、最初は定期付き養老保険、そして定期付き終身保険と、さらにはアカウント型保険など、貯蓄と抱き合わせ売ることが営業戦略でとられてきました。貯金をしたいなら!という考えにも色々なパターンがありまして、状況により保険が有利かは変わります。将来の資産形成をしたい!いざという時の余暇資金が欲しい!車や不動産など大型の買い物の頭金が欲しい!目的は様々なので、対応も様々です。保険という金融商品がベストかはお客様次第です。>貯蓄性の商品なら正解の部分もあり

>直接貯金したほうがよくないですか?

貯金
メリット・・・出し入れ自由
デメリット・・・増えない/死んだら相続税取られる

保険
メリット・・・貯金より増える/保障も付いてくる/条件の範囲内で非課税
デメリット・・・出し入れが不自由/支払期間中に解約となると元本割れもある>

生命保険に比べれば医療保険は特約というオプションに過ぎないんですか?

生命保険に比べれば医療保険は特約というオプションに過ぎないんですか?第一分野 「生命保険」(主契約)第二分野 「損害保険」・・・火災保険、地震保険、自動車保険 等第三分野 「傷害保険」「医療保険」・・・傷害保険、医療保険、介護保険 等のようにあくまでメインは生命保険であり他のオプション扱いされてる医療保険は生命保険に加入せずに入るのは邪道という事でしょうか?

生命保険(死亡保障)と医療保険は別契約のほうが、いいと思います。
生命保険に特約で付けてる場合見直ししたいとき主契約ごと見直しが必要になることもあります。
なんらかの事情で解約や減額のときも必要な部分残したりしにくかったりします。
いわゆる第一級後遺障害なんかで、全額支払いとなると特約だと主契約消滅のためなくなります。
医療保険の主契約は無くならないものが多いです。

医療保険だけ、単独で入っている人は、私のお客様にはたくさんいますよ。私のところは、二年ほど前から、死亡保険に医療特約をつけるのを廃止しましたので、みんな別に入ります。その方が、個々に見直しがしやすいからです。>

生命保険のランキングサイトや比較サイトに興味があります。

生命保険のランキングサイトや比較サイトに興味があります。
来年の4月から社会人になる大学4年生です。
社会人になるのをきっかけに、保険に入ろうと考えています。
そこで色々調べてみてるのですが、いまいちどの比較サイトも見づらいような気がします。
ランキングや比較サイトは参考になるし、それを見てから決めたいと思っています。
保険のことがわからない素人の僕でもわかりやすいようなサイトがあれば教えてください。

保険のランキングサイト(比較サイト)、参考になりますよね。
i保険というところが個人的におすすめです。
ここはわかりやすくカテゴリ分けされているから見やすいですよ。
月払い料金とか解約時の返金額とかも、全部一覧で比較されています。
http://www.i-hoken.com/私はi保険から生命保険をネット契約しました。
私の場合は、気になった保険の資料をまとめて請求しました。
ちなみに、i保険は電話でFPの人が相談にのってくれるところがいいですよ。

生命保険、失業保険等は、確定申告時に

生命保険、失業保険等は、確定申告時に所得として申告するのですか。

stawk37085さん>生命保険、失業保険等は、確定申告時に所得として申告するのですか。
失業保険の給付金は非課税ですので確定申告の所得として申告する必要はありません。
生命保険の保険金については、保険料の負担者と保険金受取人と被保険者の3者が誰なのかで所得税、贈与、相続税のいずれかの対象になります。
所得税の対象おなる場合だけ所得として確定申告で申告します。

生命保険会社にお勤めの方に質問です。

生命保険会社にお勤めの方に質問です。
マンモグラフィーとエコーのみで乳がんですねと言われました。
その後、バネ式針生検をしてどのタイプの乳がんか今調べています。
結果は1週間です。
抗がん剤からか、手術か、どちらを先行したほうがいいかは結果を見てからになるとのことです。
私はガンと診断確定されたら まとまった一時金がもらえる生命保険に入ってます。
針生検の病理結果でも 乳がんを確定されたら一時金がおりるのでしょうか?それとも手術でガンを取り出しその病理結果まで待たないいけないのでしょうか?母子家庭なので、預金もなくこれ以上の負担は無理です。
この先の検査代や入院費手術費用を一時金で支払いたいので針生検の病理結果でもいいのなら1日も早く保険会社に請求したいのです。
保険会社には職場の組合を通しての請求になるので質問等も組合通してとなります。
乳がんになったことをギリギリまで知られたくないのでこちらで質問させていただきました。
よろしくお願いします。

お見舞い申しあげます。
乳癌でしたら、たいていの保険会社は針生検の病理結果でOKだと思います。
ただし、針生検・TNM分類でTis N0 M0のように、上皮内癌ですとがん診断給付金の金額が変わる保険会社がありますのでご注意ください。
治療方法は、主治医かセカンドオピニオンサービスなど活用されてはいかがでしょうか。
どうぞお大事にしてください!生命保険について、お得な情報や損をしない請求方法、保険業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hokensupportguide.jp/~質問者さんにおすすめ~・がん保険が支払われない7つの事例(カテゴリ:内科)・放射線治療(体外照射・重粒子線・陽子線・密封小線源療法など)・生命保険・医療保険・がん保険の”手術”を徹底解説(カテゴリ:最初にお読みください)スマホはページ左上・タイトル横にある”Ξ”から、カテゴリ検索いただけます。
”Ξ” 支払担当者の保険サポートガイド

大概の生命保険会社なら生研の結果で「がん診断給付金」は給付されます。保険会社名がないので100%とは言えませんね。
手術費用等の支払いは高額医療制度を使えば大きな負担にはなりませんよ>保険会社のコールセンターに直接聞きましょう。

病気などの機微情報は保険会社から勤務先に漏れることはありません

保険の種類により出る出ないはここではわかりません>>保険会社には職場の組合を通しての
直接、知られたくないので、と連絡して郵送手続きをお願いしてみてください。
加入時のみ総務等が取りまとめのことは多いですが、事情を話し、「請求は被保険者本人ならば」そっちのほうが早いし、おそらくばれません。
連絡先は申込の時に一緒になった説明書やパンフレットにあります。
どのような保険かわかりかねますが診断で一時金が出るものは支払い条件が満たされた診断書、請求書提出があれば支払いです。
だめもとで連絡してみてください。>保険金が支払われるかどうかは、病院からの診断書を各保険会社の保険金部(名前は各社違うかもしれません)という部署が診断書に基づいて判断しますので、一概には答えられません。

保険金の請求も保険会社指定の診断書を病院で書いてもらうケースもありますので、話したくない気持ちは分かりますが、なるべく早く組合に相談された方が良いですよ。

それと、入院に手術となると思いますので、組合の方で高額療養費制度の申請もしてもらってください。>診断確定で出ますから病理検査でいいと思います。先生にもそれで確認してみてください。>

生命保険についてですけど、第一生命と住友生命と考えてます。
これはどちらがオス…

生命保険についてですけど、第一生命と住友生命と考えてます。
これはどちらがオススメですか?住友生命保険は一度入ったらもう放ったらかしでした。
第一生命は入ったことないけど個人年金やミリオンを高額で進めて来ます。
医療はどちらがオススメですか?

この案はいかがでしょうか?年金、終身は住友生命医療保険は子会社メディケア生命医療バランスは子会社の方が上になり、料金お手頃です

終身は住友生命がいいですか?

医療子会社の方が安くてもしっかり対応しますか?といざとなった時大丈夫ですか?>ミリオンはもうない。後継のグランロードも去年売り止め。どちらかでいうなら。住友生命は年金がおすすめ。第一生命より率がいい。(今現在の話)医療保険の部分だけで考えるなら、女性系の病気が怖いなら第一生命(女性専用の特約や上乗せ分の女性医療がわりと幅広い)、ガンが怖いなら住友生命(ガンプラスなどの特約がある)。両会社の主力商品(第一生命はブライトway、住友生命なら未来デザイン1up)で考えるなら、精神疾患では住友生命(第一生命は出ない)、ガンとかの一時金にとにかくおおきな保障が欲しいなら第一生命(住友1000万が最高、第一は3000万までつけれる。自由診療だって可能。)>同じ様な更新型を販売する会社で比較するのではなく、更新型を扱う会社と終身型を扱う会社とで比較した方があなたのため。>医療保険でしたら、どちらもいまひとつですね。アフラック、オリックス、メットライフ、メディケアあたりが保障と保険料のバランスがよいと思います。

保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hoken-support-guide.net/

~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)
・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 )
・保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )
・本当に必要なアフターサービスとは?/保険金請求スキル調査のすゝめ(ご挨拶・その他 )>

子供の生命保険加入について、ご助言ください。

子供の生命保険加入について、ご助言ください。
名古屋市在住の今夏出産予定の妊婦です。
名古屋市は中学生まで医療助成制度を受けられるので、病気や怪我で入院しても、その制度を利用すればお金がかからないと聞いています。
‥ということは、生命保険に入る必要はないでしょうか。
また、保険について知識ゼロなのですが、保険の窓口かなにかで聞けば、子供についての保険のアドバイスをいただけるでしょうか。
よろしくお願い致します。

生命保険と医療保険に分けて考える必要があります。
医療保険そんなに多くは必要ないかも知れませんが、入っておいた方がいいでしょう。
理由は医療助成があっても自治体によっては一時的に自己負担が必要である場合があるのと少なくとも県外では一時的に負担が必要になります。
また、入院すると医療費は無料でも食事代や個室に入りたい場合、差額ベット代は必要になります。
差額ベットはピンキリですが通常安くて5000円位です。
ですので医療保険は入院1日3000~5000円位は入った方がいいかもしれません。
生命保険は特に多額は必要ないですが、葬式代位は入った方がいいでしょう。
なので死亡時300~500万位で十分だと思います。
それよりも子供の場合、自転車保険や賠償保険は入るべきです。
特約で付いている場合が多いです。

お子様生まれるのたのしみですね。

生命保険は 保障内容が大きく二つに分かれています。
・基本保障(死亡・満期など)
・特約(医療保障・入院特約など)

通常は基本保障に特約をつける形になります。
基本保障がなくて特約部分にあたる 医療保障だけの保険もあります。

医療保障が不要であれば、基本保障のみ契約をすればいいです。
後から特約が必要になれば中途付加も可能です。

学資保険は、契約者に万一のことがあった場合
以降の保険料の払込が免除され、学資祝金や満期保険金が受け取れます。
育英年金がついているものもあります。
他の生命保険よりも比較的戻り率がいいです。

出生前加入が出来る学資保険もあります。
いろいろな種類があるので、出産までの間に調べるのもいいですね。
保険会社に問い合わせると資料を送ってくれます。

※営業員に頼むと勧誘がうるさいから
コールセンターやHPから資料請求をする方法もアリです。

かんぽ生命は郵便局にパンフレットがあります。
生協の共済はレジの近くに資料があります。
お買い物ついでにいただいてくるのもいいですね。

どうぞ お体お大事に、元気な赤ちゃんを産んでください。>生命保険と医療保険の違いを調べましょう。>

生命保険について

生命保険について今、私は生命保険に入っていません。
今、私が一人でいる限り、入院という発作がない限り、月の出費に負担になってしまうので、入っていないのですが、近い将来、まだわからないのですが多分2,3年後に結婚すると思います。
そのとき、生命保険に入るべきでしょうか?私はてんかん、パニック障害等とⅡ型糖尿彼氏は統合失調症等とⅠ型糖尿を持っています。
現状、彼氏は、まだ親の扶養ということで、親の生命保険が適用されています。

そもそもお二人とも生命保険に加入できるかどうかが疑問です。
症状の程度によっては加入できないことになるかもしれません(このご質問の文面のみでは判断できません。
詳しいことは保険の加入条件をよく読んでみなければならないでしょう)。
もし加入できるようであれば、掛け捨て形式のものが経済的な負担が軽いですよ。
その代表が「県民共済(地方によっては全国共済・都民共済など)」と「こくみん共済」です。
http://www.kyosai-cc.or.jp/http://www.zenrosai.coop/kyousai/kokumin「誰でも入れます」をうたい文句にしている生命保険もありますが、加入時はほとんど無審査でいざ保険金の支払いを請求すると、そのときに厳しい審査をしてなかなか支給しないことがあるので、注意が必要です。
そのときの審査で「本来加入する資格がなかった」とされた場合、それまで支払ってきた保険料も返却されません。
加入条件は契約前に明示してあるので、それを無視した人の責任だというのが言い分であり、法的にもそれが許されることになっています。

ありがとうございます。

>保険は引受緩和型のもの以外で、新規加入は難しいと思われます。引受緩和型は保険料が割高に設定され、保障額も高くありません。比較的早い時期に入院のリスクがあるようでしたらよいですが、このタイプの保険は掛け捨て型がほとんどなのでご自身方の身体と相談した上でご検討ください。>年齢わかりませんけど若くても癌とか大病患う可能性だってあるでしょ。
治療費くらいは保険加入しなくても心配ない!ってお金持ちなら良いけど。>

生命保険控除についてですが、新保険で生命保険料は12万円あります。

生命保険控除についてですが、新保険で生命保険料は12万円あります。
介護保険料も12万円あります。
この場合、生命保険だけの申請で良いのですか?それとも、生命保険と介護保険の両方申請をした方が良いでしょうか?宜しくお願い致します。

わからない人は全て記入すれば、所得控除は最大になります 一般の生命保険料控除は年間の保険料8万円で控除は4万円=上限介護医療の生命保険料控除は年間の保険料8万円で控除は4万円=上限個人年金保険の生命保険料控除は年間の保険料8万円で控除は4万円=上限この3つ上限4万円の「合計」で12万円の控除ということあなたの場合は一般の生命保険料控除と介護医療の生命保険料控除とも申告が良いです

生命保険を継続すべきか解約すべきか悩んでおり、コメントをお願いします。

生命保険を継続すべきか解約すべきか悩んでおり、コメントをお願いします。
就職すると同時平成元年に生命保険に入って、このごろは勧められるまま年金保険にも入っている50歳独身、未婚、結婚の予定なし。
当然子供なし。
しかし、年間50万円の支払いが重くのしかかって生活が自由になりません。
やめたいのですが、どう考えるべきでしょうか?【1】生命保険・死亡・高度障害時の生活試験・・・280万円/年×10年間・3大疾病・・・・・・・・・・・・一時金200万円/1回のみ・病気による身体障碍・・・・・・・一時金200万円/1回のみ・病気やケガで入院・・・・・・・・一時金 2.5万円/1回・総合医療特約62日型・・・・・・・日額 0.5万円/1日、62日型、特定疾病は倍額・ガンを直接の原因とする入院・・・日額 0.5万円/1日-------------------------------44歳時H22.4契約(前の契約を変更)現在の契約年齢51歳更新月H32.3/54歳月額12000円弱×12ヶ月=約14万円/年額【2】年金保険月額約3万円、年額万円36万円、65歳以降、年金として受け取り開始1)29年間保険を掛けてきたが、1度も使用する事は無かった。
2)家族が増える事は無いので徐々に死亡時の受け取りを削減してきた。
3)当初から持病があり、勧誘員も知っており、いざ請求しても支払われないと疑っている。
4)現在、心身共ぼろぼろで健康とは言えないが保険の対象外。
生命保険って、何の意味があるのか?と疑い出している。
5)生命保険の費用を削減したいと希望しても最低加入条件ですと断られる。
6)自分でシミュレートしたいと申し出ても勧誘員しか計算出来ないと断られた。
保険員の良いようにプランが作られていないか心配。
=>保険の窓口などに行った方が良い?はっきり言って、生命保険は不要と思って来たが、勧誘員の言いなりに加入して来た。
収入は少なく、マンションの返済で貯金が増えない状態。
マンションの借金の繰り上げ返済を理由に保険を全解約したいのだがどのように考えられますか?※入院時に支払えるお金/貯金は十分あります。
資金の不安はないが、マンションの借金が75歳まで残る今の状況を なんとかしたい。

年金は最近加入されたのですよね。
3万円がきつくなった理由ではないかと?減額するか解約この年金解約しても返戻金は大してないですよね?年金の生命保険料控除があるので節税のため1万残すとか貯金できないということですが、現在は65歳満期の年金保険で貯金できていますよ。
生命保険は掛け捨てのようですが見直しした時の残金が残っているかも知れません。
これ以上減額できないとのことですが更新時は減額できると思います。
今、新たに加入すると年齢により保険料高いです。
あと3年後の更新まで待てないのですか。
この会社で見直しもできますよね。
これ以上待てず減額もできないとしたら他の会社の見積もり依頼して比較して決める。
いずれにしても告知は必要です。
引受緩和保険という告知が少ない保険もありますがお高いですよ。
ここの窓口で相談も一度しておいてもいいかもです。
ローンの繰り上げ返済を理由にとのことですが解約理由にそこまで細かくは必要ないと思います。
保険料払込困難が正当な理由ですよね。
掛け捨ての保険の解約金が不明なのでなんともですが資金が必要というほど解約金はないような気がしますが?勧誘員の言いなりと言われるのもどんなもんかと思いますが?生命保険はどんな内容であっても支払い事由が発生すれば必要なものです。
逆に、保険金請求の話しがあって支払い対象外と断るほうが辛いものです。
被保険者も辛いです。
ですから、最新の保険を案内しているわけです。
こればかりは支払い事由に該当することがない限り必要性は感じることができない方が多いです。
もし・・最近ガンに罹患されていたら200万保険金受取り少なかったと後悔されていたことでしょう。
1000万支払ってももっとないのですか?という電話を受ける事は毎度のことです。
積立保険が満期まで継続して満期の手続きしたり年金の受取り手続きする時くらいですね。
喜ばれるのは。
ある方は保険に守られてきたと言ってくださる方もいます。
何もなくて良かったと言ってくださる方もいます。
私も1000万くらい今まで保険料掛け捨てしてきました。
今のところ何事もなく良かったと思う時と、お金がないとこんなに支払って何もないと、保険会社を恨むこともあったりです。
それはお金に困っている時です。
問題は持病があって告知せず加入していて万が一のとき、支払われるかどうかわからないのに加入している不安と支払われないのならお金捨てているのと同じだと思われているということですよね。
もし持病もなく加入されていたのでしたら、継続されるのですか?それ勧誘員と契約者双方に責任あります。
お金に余裕がなくなったんですよね。
勧誘員の言いなりと言うと酷い勧誘員で、生保の営業全て酷いように思われてしまいます。
お金に余裕がなくなったのその勧誘員が原因ではないですよね。
公の場で、勧誘員? 今は営業職員と言っていますが何十年も前から営業職員と言われています。
その方とご縁があったのは主様ですよね。
必要がないと思ったら入らなければ良かったではないですか。
国内でも営業職員約23万人います。
代理店や保険ショップ、銀行、証券他合わせたらそれ以上です。
悲しいですね。
必要だと思うものを自分で判断されて手に入れてください。

保険会社信じていないのは、保険に対して無知だからです。
保険勉強する余裕がありましたら、この機会に勉強してください。
私は、わからないと直接会社に電話して納得するまで聞きます。
募集人でなくて直接会社です。どこも代理店や募集人に連携しますが
私は直接聞くからいいですと断り、加入するときは手続きお願いしますと
しています。
または自分で調べたりします。
代理店や募集人は弱い立場です。弱い立場の方責めたり
何年かで必ず使い物にならないPCは責められないのに
お勉強代だと私は思っていますが。保険もそう。
私は子供もいないからこそ保険に加入しています。
>入院に備えての貯蓄が十分あるのなら…まず、現在ご加入の保険(年金以外)の解約金照会をし払済に出来るのならば払済に(保険料支払いはSTOPして現在の解約金を元に一時払終身保険を買い取る形で要は解約金の塩漬です)葬儀代or墓石代程度は奥様がいらっしゃらなくても残せるなら残した方が良い気もしますから。新たに加入しなくとも今まで大切なお金を掛け続けて来たのなら解約金を受け取るだけが方法ではないと思います。年金に関しては平成元年の予定利率なら恐ろしく良い内容ですから貯蓄の意味で継続する事をお勧めします。(払込終了時に一時金で受け取る事も可能ですからまとめて繰り上げ返済に充てられても良いと思います)万に一つも介護などで費用が必要になった場合には必ず活きてくる資金にもなります。収入が少ないとのお話しですから厚生年金額も…と考えると老後の資金はご家族がいらっしゃらないからこそ!裏切らない備えですよ。過去の契約内容に関する不信と不満は仕方ないです。どんな経緯であったにせよ説明を受けてご自身でご契約されているのですから今後の事をポジティブに検討してみて下さいね!保険は博打みたいな面もあります。使えば『助かった!』使わなければ『損をした!』個人個人の思考なんですよね…『保険の世話にならなかった=健康で歳を重ねられた証』と捉えるか『保険請求した事がない=外務員に良いように言われて無知なまま契約してしまい騙された』と後悔するか。まぁ、いずれにしても保険はナマモノです。環境の変化やタイミングで見直す必要があります。ご自身で検討されて答えを出されたら1番良いと思います。個人的には…保険は払済にし塩漬、年金はビックリする金利なので継続し満期時を楽しみにする…感じです。追伸:持病があるとのお話ですが県民、府民共済なども視野に入れて(2千円?4千円程度で死亡保障や医療保障全てまかなえます)加入に制限のある状態か相談されてみるのも一つです。年に一度掛け金の還付もあるので実質の負担と保障内容のバランスは非常に良いです。長々と失礼しました。>現在3200万くらいの死亡保障ですよ?
単純に減額してください。

>・死亡・高度障害時の生活試験・・・280万円/年×10年間
(生活保障だとおもいますが死んだあと、これは遺族が受け取る額です)

★例 ここを12万×10年にする。(例約120万)50歳以降なので最低で。
持病があり、新規加入はせず、これを有効に継続された方がいいのであればこれで5000円以上は安くなるかな、と思います。

医療の期間が記載されていませんので明細を見て自分で計算してください。

死亡約500万にしたいと申し出てください。

>(3)
★22年は更新をしただけで、転換はされていないようですので、平成元年以降にり患した病気もきちんと出ます。

※終身100万などある場合は
終身100+三大疾病200、疾病障害200万で500万でもいいです。

※今医療は定期期間ですか?次の更新では医療だけでも80歳まで更新なし、値上がりなしにしてもいいです。その方が緩和型終身より安いですね。

年金は三万がきつい場合は2万以下等にされるといいと思いますよ。

このままコールセンターで見積もりして、手続してみてください。>独身でいらっしゃるのなら
私も個人年金だけ続ければいいと思います>今の健康状態は、どうですか。
そこを規準に考えるべきです。
会社での健康診断で、異常値は有りませんか。
会社で、ストレスを抱えていませんか。
入院のリスクに備えるべきです。
糖尿病は、病気の初期に教育入院というのがあります。
ピンピンしていても、2週間くらいは入院ですよ。
ストレスで、鬱になり、入院が有りますよ。
50歳ですと、そういうリスクが高いですよ。>年金だけ残して解約でいいと思います。内容見るかぎり年金以外ほとんど掛捨てなので。

年金も減らしたいなら、控除の分だけ残して(月1万)減額でもいいですが平成元年から加入ならお宝年金なので残したほうが絶対いいと思います。>

生命保険選び

生命保険選び私:36歳 主人:60歳 子供:1歳私は独身時代のままの15年更新のお祝い金付医療保険44歳で更新。
←保険料約8000円主人は住友生命で死亡1000万 入院10000円 ガン入院+5000円←保険料約40000円まもなく定年を迎える主人の保険料、今は約4万ですが、会社の団体割引がきいているので退職後は保険料は上がり、さらに66歳更新時8万くらいになるそうで、とても払えません。
ショッピングセンターにある保険の相談所のような所にも行きましたが、メットライフアリコ推しで、引いてしまいました。
私なりに調べて、医療保険では新キュアや、県民共済がいいかと思っているのですが、入院5000/日にするか10000は必要という意見もあり、迷っています。
子供はまだ孫くらいの歳なので、死亡保障も備えたいです。
そこでは3500万は必要と言われ、歳も歳なので保険料がとんでもなく高いので入れません。
逓減型も年齢が対象外で試算できず。
主人は蓄えもないので、万が一のことを思うと不安です。
私達のような家庭の場合、どういう保険がいいのか、おすすめがあれば是非知りたいのと、相談できるところがあれば教えて頂きたいです。
よろしくお願いします。

収入保障保険も健康なら入れますよその保険の代理店がポンコツですねそれに3500万円必要とは思いませんが、もう一度保障の必要額から考えるのが良いかと思いますあとは住友生命を全てやめるのではなくて残すものはうまく残すのが良いですね少なくとも終身の死亡保障は継続で良いでしょう他の特約に解約返戻金があるなら払い済みでも良いです医療の保障は県民共済は高齢になると保障が少なくなりますそのため60歳でしたらあまりオススメできません終身払いで普通の生命保険のものが良いかと思います1万円だと保険料が高くなります死亡保障を優先して、そのうえで支払い可能なら日額を増やし保険料が負担になるなら何も100%用意できなくても良いと思います死亡保障は収入保障保険でカバーするか、定期保険で少しずつ減額しても良いです死亡保障の必要額にもよりますがご主人で4万円ほどでなんとかなりそうじゃないかと思います相談できるところはわかりませんがあなた方ご夫婦のお知り合いでその方が信頼している営業を紹介してもらえばどうですか?そのお知り合いに「どういう点から信頼できるのか」確認しましょう

収入保障がおすすめですね。アフラック、オリックス、メットライフあたりが保障と保険料のバランスがよいと思います。

生命保険について、お得な情報や損をしない請求方法、保険業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hoken-support-guide.net/

~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)
・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 )
・保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )
・本当に必要なアフターサービスとは?/保険金請求スキル調査のすゝめ(ご挨拶・その他 )
・子供が産まれたら/生命保険の優先順位・選び方、見直しのポイント(生命保険商品(死亡・医療・がん・学資など))>質問の主旨からは外れるけれど、こうなる事は子供を生む前から簡単にわかる事でしょ?あなたが働いて旦那の保険料稼ぐしかかありませんね。団体割引は、その内容なら1000円あるかないかじゃないかな?団体割引かがあるくらいなら、規模的にはコソコ良い会社だと思うので、退職金で一時払いなんて良いかもです。生活に困ったら減額すればお金が戻るし?プラス月の保険料は抑えて、掛け捨てで賄うしかないかな?男性の平均寿命と子供さんの成人と、あなたは正規で勤めても給料ダウンになる頃が重なるし、あなた自身の年金も考える年になる訳だから、ヤッパリ無理しても掛け捨ての20年定期にでも入るしかないと思います。その前に、保険入れる体かな?>逓減定期が資産できないってあり得ませんから。相談したとこがダメダメですね。

乗り合い代理店は各社平等に売らないといけないからそりゃ勧められるのは違いますよ笑

保険は保険料とかで選ばずに自分に合っているか?担当者が信頼ができるか?この二点です。
保険料で選んで担当いないと後々困るのはあなた。

あとね、団体割りという言葉に騙されてない?めちゃくちゃ高いよ?>

生命保険会社総合職を志望しているものです。

生命保険会社総合職を志望しているものです。
生命保険会社は、よく、「お客様に安心を」と謳っているのですが、生命保険と人々の安心が具体的にどう結びつくのか、よくわかりません。
どなたか詳しい方、教えてください!補足就活の参考にと投稿しているため、ネガティブな意見を求めているわけでは御座いませんよろしくお願いします

生命保険も自動車保険のような損害保険も考え方は同じだと思いますが、ひとたび、万が一のことが起きれば、遺された家族は大きな経済的負担をこうむる可能性があり、住宅や進学、車やレジャーなどの様々な夢をあきらめざるを得ないかもしれません。
遺された家族が安心してライフプランを実行してもらうための手段の一つが生損保ということになります。
最低限の生活は国が保障しているので、それは役所の仕事ですが、最低限以上のことを求めるには自助努力や民間の会社の力が必要ということになります。
保険はあくまでも手段の一つですし、現代社会は車離れやテレビ離れ、保険離れ、貯蓄から投資、など価値観が多様化しているので、生命保険会社の「お客様に安心を」の理念のもと押し売りにならないように注意は必要です。

ご回答ありがとう御座います。では、「お客様に安心を」と言うのは被保険者本人が安心して暮らせると言うよりは、その周りの人が安心して暮らせるというキャッチフレーズなのだと捉えてよろしいのでしょうか?>生命保険の説明会に行くと分かりますよ。毎月いっぱい回れると思います。私の娘も回ってました。>世の中が急な且つ大きな出費を賄えるだけの財力のある人ばかりなら、敢えて保険は必要ないとも言えるでしょう。
でも、そんな人の方が少ない訳で、「少しずつ拠出することで、今現在の自分の財力が無くても大きな出費に備えることが出来る」と言うことが安心ではありませんか。

生命保険で言えば、終身保険のように長い期間の貯蓄性の高い商品もあれば、定期保険のように短期間の博打みたいな商品もあるし、それは捉え方次第ですが、いずれにしても生命保険に加入していることで、「何かあった時にも大丈夫」と思えることが安心だと思いますけれどね。
(まあ、足りるか足りないか、というのはチョッと別にして)

ちなみに損害保険で言えば、自動車保険で事故を起こしたとすると、「相手に賠償することで自分の財産が減り、その減った財産を保険で補てんしてもらえるので、大きな出費になったとしても安心」と言うことでしょう。>保険は人の不安に漬け込む商売です。
そこで、ユーザーが、経済的不安がないように、騙すことが、生命保険で安心をです。>

生命保険会社からマイナンバーを申告するように手紙がきていましたが,返信せずに…

生命保険会社からマイナンバーを申告するように手紙がきていましたが,返信せずにいました。
すると,催促の電話があったのですが,今までどこからもマイナンバーを教えるように言われたことがな いので抵抗があります。
教えないといけないのでしょうか。

教える必要はありません。
生命保険会社から100万円以上受け取る場合は生命保険会社から支払調書が税務署に出されるため生命保険会社はマイナンバーを要求する権利がありますが 受け取った側はマイナンバーを教えなくても不利益はないのでご安心くださいhttp://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/160118-00/160118.htmlhttp://www.zenshoren.or.jp/zeikin/chouzei/151109-01/151109.html元々この制度は 百害あって一利なしの制度で国民に迷惑をかける制度でしかないので、自分で自分を守る意思を持たないと被害者になるだけです。
マイナンバー制度を推進する側は「全体主義思想」で国民の犠牲や不利益を何とも思っていないことを身をもって知るべきです。
マイナンバー制度導入時から「プライバシーが侵害されても国は責任を取らない」と予防線を張っていますよ。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1417093677…

生命保険、終身保険、個人年金。

生命保険、終身保険、個人年金。
掛け捨てではなく貯蓄型にしたいです。
色んなサイトを見ましたが全く無知な私はどのようなのがいいか分かりません。
掛け金が安いのを探しています。
アデコというのが気になりますがアデコはおすすめですか?将来性もありますか。
補足アデコではなくイデコです。

大きな違い貯蓄性保険は解約ができ現金が手に入ります。
もしお金に困り、解約、継続するかどうか…というとき元本が超えていれば最もベターな時期なわけです。
三月中に少ない保険料で加入しておくといいですよ。
①生命保険料控除年間8万保険料、4万控除、個人年金保険料控除(同じ)介護保険料控除の3種はメリットです、今回4月からは利率メリットが下がるため今すぐならかなりお得です。
②イデコは支払い額、全額控除のすごいメリットですが、手数料負担と基本的に60歳まで解約ができないと思ったほうがいいです。
どちらも自助努力されている方には「公的年金だけでは後々国も困るため」多くの人に任意で加入するように「税金を安く」してくれています。
答えは①と②を両方がいいです。
今月3月中にとりあえず必ず①は5000円~一万円など(終身保険なら短期払い、個人年金一万円などがいいです)私は終身保険は今三月加入は得だと思います。
5年10年20年60歳など短期ほどいいです。
将来的にインフレリスク懸念もあるため。
長くてもなるべく65歳までをお勧めですね。
安価なものでいいです。
四月以降になり余裕があれば②イデコを検討ですね。
申告、税制の控除の分け方では生命保険料控除=死亡も支払いがある保険=貯蓄性の終身期間等、掛け捨ての定期保険、両方あります。
介護医療保険料控除=医療、がん保険など死亡のない診断一時金=基本すべて掛け捨て。
定期期間、終身期間とあります。
個人年金保険料控除=死亡はほぼ支払った保険料相当額=すべて貯蓄

保険に加入するよりも、イデコ(確定拠出型個人年金)のほうがよいですね。

保険は手数料分負けた状態で投資するようなものです。税金メリットを勘案しても、イデコの方がお得だと思います。

保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hoken-support-guide.net/

~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)
・保険で損をしたくない。保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )>貯蓄の保険は終身保険と個人年金がありますが、保険料が高いです。

また4月からマイナス金利の影響で利率が悪くなります。

4月になくなりますが、10年間だけ支払えば10年後に返戻率が100%越える終身保険があります。(もちろんほったらかしにすればするほど返戻率が上がります。)
名前は富士火災(富士生命)のE終身保険です。これはおすすめできます。

またイデコは確定拠出年金の事で、自分で退職金を作りましょうという制度です。
元本保障の保険の商品があり、生命保険や個人年金より節税効果があります。>最初から知識が間違えています。掛け捨ての医療保険はあっても、掛け捨ての年金などはありません。終身保険も資産が貯まる傾向が高い商品です。悩んだり、調べたりする暇はありません。4月2日から貯蓄性商品は何%もあがりますよ。>

生命保険や火災保険でもらった保険金は収入扱いになるのでしょうか?

生命保険や火災保険でもらった保険金は収入扱いになるのでしょうか?税金とかも引かれたりしますか?

収入 ではなく、所得になるか?という質問ですね。
税は、所得に対して課税されます。
さて、生命保険だと 所得になることもあります。
または、贈与と判断されることもあります。
保険料を誰が払っていたか?誰が保険金を貰ったか?どういう理由で保険金を貰ったか?などで変わってきます。
自分で保険をかけて、自分が病気して、入院給付金などを自分が貰うこの場合は、所得にならないので、課税されません。
自分で保険をかけて、自分が亡くなって、遺族が保険金を貰う。
この場合は、みなし相続財産として、相続税の対象となります。
夫が保険をかけて、妻が亡くなって、夫が保険金を貰う。
この場合は、所得となり、所得税の対象夫が保険をかけて、妻が亡くなって、子が保険金を貰う。
この場合は、贈与となり、贈与税の対象火災保険は、一般に、なにかの損害を補償ためのもので、保険金が支払われる事故に対してのものですから通常、所得になることはありません。

大変詳細に回答頂きまして誠にありがとうございます。今回、質問させて頂いたのは火災保険で被害を受けた時にもらう保険金についてでした。>

労災や生命保険について。

労災や生命保険について。
主人が仕事中に、足にヒビが…今1ヵ月入院してますが労災で大丈夫みたいですしかし、労災は給料60%しかない上に、退院日がまだまだ未定なので生命保険も請求できない状態です。
貯金もなく、生活費や払いものに困ります。
私は妊娠中で、昼も夜も働きに出られないとゆ状態にあります…子供も2人。
今月来月どうしようかとビクビクしています、、、保険関係に詳しい方、何か他にせめて給料分くらいはお金をもらえる方法などないのでしょうか???会社からの手当てなどはないのですか?

生命保険の入院給付金請求は退院後でなければできないわけではないので、例えば「入院初日~8月25日」の入院給付金を請求するということは可能です。
ただ、退院後に請求すれば診断書代金は1回分ですが、期間を分けて請求すると診断書の枚数分診断書代金がかかります。
会社からの手当てについては、会社によります。
他には、会社に労災の休業補償分の立て替えをお願いするくらいでしょうか。
労災の休業補償が振り込まれたら返済しますと申し出てお願いすることになりますが、会社が応じるかどうかはわかりません。
なお、労災の休業補償は休業4日目以降が対象になります。
支払われる1日当たりの額は、特別支給金20%と合わせて給付基礎日額の80%です。
給付基礎日額は、ざっくりいうと「怪我をする前3か月間に支払われた賃金総額÷3か月間の暦日数」で計算します。
最初の3日分は労働基準法により会社が補償する義務を負います。
労働基準法による補償は、1日当たり給付基礎日額の60%です。

凄く丁寧に細かく書かれてわかりやすかったです!月曜にさっそくその日までの入院給付金の手続きしてきました!最初の3日分は会社くれなさそうなのですが、、、なかった場合は社長にこれはおかしい!と言っていいものなのでしょうか?>たぶん、労災の休業補償は、特別支給で2割加算されるので、8割出ると思います。(同時申請かな?会社がやってくれていると思います。)また、非課税なので、実質的な面では、元の給料からそんなに減らないと思います。また、請求も、月ごとに先生に書類を書いてもらって会社に提出してください。わりと支払いが遅いのが辛いところです。

会社からの手当てはその会社次第です。私の会社は、私が労災で休んだとき、待機間の三日分と、差額の二割分を出してくれました。

生命保険の入院給付は他の方がおっしゃる通り区切ることができるので、先生に今時点の分の診断書を書いてもらってください。落ち着いて方法をかんがえてくださいね。>生命保険に入院給付は退院日決まらなくても途中で請求出来ますよ>共済や民間の保険に入ってないなら、どうにもなりません。高額医療の免除使えば、1ヶ月の最大が9万円以内でどうにかなりますが、退院時一括支払いです(クレジットカードすぐ作れば、とりあえずそれで支払えばいいです)>

生命保険料の控除額について質問させていただきます。

生命保険料の控除額について質問させていただきます。
去年の源泉徴収票に(生命保険料の控除額)8万円と書かれています。
新制度ですと最高4万円みたいですけど、これは妻の分と2人分と考えればいいのでしょうか?妻の分の生命保険の証明書も一緒に私の会社に提出しております。
それともう一つお願いいたします。
今年の妻の給料は、103万円を超えてしまいますが、私と妻分けてそれぞれ申告したほうが良いのでしょうか?それとも今まで通り?どっちが得?保険料は、2人とも6万円は超えております。
よろしくお願いいたします。

新制度では一般、介護医療、個人年金で各4万円まで控除で合計12万円が最大ですhttps://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1140.htm8万円の控除ということは一般、介護医療、個人年金のうち2つということかと思います(3つ適用され合計8万円という可能性もあります)例えば、一般の生命保険料控除で夫/妻分合計で4万円介護医療の生命保険料控除で夫/妻分合計で4万円という感じになります夫分4万円、妻分4万円のそれぞれ上限で8万円ではありませんそもそもですが生命保険料控除はその保険料を支払った納税者の控除となりますつまり、その生命保険の保険料を妻が支払ったなら妻の控除その生命保険の保険料を夫が支払ったなら夫の控除とするもので、どちらの控除にしても良いというものではありません夫が、契約者が妻の生命保険を夫の控除にする時は、その契約者が妻の生命保険の保険料を夫が支払ったことを明らかにすることで、夫の生命保険料控除にすることになりますhttps://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/gensen/03/3…そのため、生命保険料控除はその保険料を支払ったのは誰かを申告するものです妻が契約者の保険で、それを解約すると、契約者の妻が解約返戻金を受け取ります夫が支払う=夫の生命保険料控除にするとこの解約返戻金は夫→妻への贈与となりますこれにより目先の少額の控除による節税により受取時に節税した額より大きな税負担になることも多々ありますこのことから妻が契約者の保険は、妻が支払い、妻の生命保険料控除にするのが良いです

詳しく説明していただきありがとうございます。
とても勉強になりました。>生命保険料控除は、新制度では、生命保険料として、最高4万円、介護、医療保険料として、最高4万円ですあなたの生命保険に、介護または、医療保険は含まれていないのですか?妻の分を出しても、最高は4万円です>

生命保険・個人年金に入れと親が言っていて困っています

生命保険・個人年金に入れと親が言っていて困っています社会人二年目で、現在は実家で暮らしています。
最近両親が、生命保険とか個人年金に加入するようによく行ってきます。
母親も就職と同時に加入したと言っていますし、母親のパート先に出入りする保険の外交員さんと仲良くなったというのも原因だと思います。
<現在の状況>・手取り20万、ボーナス3ヶ月分・銀行口座は一つで管理・固定支出は奨学金返済と実家の食費計2万、それ以外は小遣いか、余ったら貯金・貯蓄250万(内、学生時代の奨学金余りが100万)→一年で100万ちょっと貯めた・会社の財形制度等はナシ・今後の年収の伸びは不明(将来的に転職を検討)<私の考え>・当面独身で実家暮らしと思われるので、生命保健不要・個人年金の利率はたいしたことがない。
下手するとローン組んだときの金利で食ってしまうと思うので、少ない月給を何十年も一部ブロックされるなら、手元に自由に使えるお金を増やし、車の購入や事故・賠償などの突然の高額出費も一括で払えるようにした方がいいし、心理的にもイライラしなくていい。
⇒当面(20代で独身のうち)はどれも入ろうとは思わない。
1000万以上貯蓄があるならアリだとは思うが、社会人二年目で敢えて始める必要はないと思う。
素人ながら、こう思っています。
個人の価値観にもよるとは思いますが、私の状況でしたら生命保険や個人年金は加入すべきでしょうか、参考までに意見を聞かせて下さい。
また、母親には一度自分の考えを言って今は入るつもりはないと言っていますが、しつこいです。
うまく納得して断る方法もアドバイス頂けたらと思います。
※実家暮らし批判等についてのコメントは今回望んでいませんのでご遠慮下さい。
回答よろしくお願いします。

生命保険は、入るにしても、掛け捨てで、病気や入院の際にちょろっと出るので今は十分だと思います。
たぶん、お母さんのお友達通すと、積立タイプの入院費たっぷり、そんでもれなく死亡保険ついた高いのなると思う。
死亡保険とかは、結婚してもしあなたに何かあったときに、残された夫や子供が困るから・・って場合に初めて必要になるものだと思うし、結婚して共働きであなたの収入もなくてはならないならともかく、実家暮らしの今はいらないと思う。
今は、掛け捨てで月々1000円以下くらいのもので十分レベルかと思います。
もし、女性なら妊娠すると入れなくなるかつ、今が一番安く入れる時期だから、掛け捨てくらい入っておくでいいんじゃないかなと思う。
病気が発覚すれば、手術後○年は入れないし、その期間過ぎた後も、病気したあとだったら加入費がどーん!となるし。
自分でよさげな掛け捨ての探して、私の友達がいてそちらから入ることにしたからとやっておくと、お母さん引っ込むんじゃないかなと思った。
個人年金は、自分で貯めれるタイプならば、わざわざお金毎月抑えられるようなのはいらないと思う。

保険は目的にもよりますが、お母さんの主旨は以下の3つのどれかかなと思います。①保険に入りなさい②将来の為にとりあえずやっとけ③積立目的①~②なら気乗りしないのはよく解ります。③ならば年金保険はアリですね。年金控除だけでも銀行利回りを遥かに越えます。その代わり月7000円~10000円に抑えるべきでしょう。積立の一部として捉えれば良いかなと思います。何時でも辞めれますし。『年金控除の仕組み』年間支払8万円以上に対し4万円の所得控除と、それに合わせた住民税の控除が発生します。質問者さんの年収ですと税率10%のラインですので、年間8~12万円払って年末控除で5000円戻ってくる感じかなと。十分にアリです。さて、回答のなかに確定拠出年金の勧めがありましたが、個人的には今の余裕がない時期は控えるべきだと思いますよ。所得控除は魅力的ですが、何より積立金は何があっても60歳以降でないと戻りません。ここに優先順位が下がるポイントがあるわけです。まあ、控除のある分、下手な投資信託よりはましかもしれません。保険と言うより、まずは貯蓄と言うなら①年金保険を貯蓄の一部として活用(月7千円~1万円)②余計な掛け捨て保険は入らない※貯蓄が200万あれば医療保険はあまり要りません単にお金を出したくないだけなら、なにもやらないか県民共済で月2000円やっとけば良いのでは。>あなたが実家の大黒柱なら加入した方がいいと思いますが、不必要だと思うなら要らないと思います。
私なら加入しません(笑)

もし親がしつこく迫ってくるなら、個人型確定拠出年金はどうでしょうか?
保険の商品があり、元本保障です。
会社員なら上限額が23000円まで掛けられ、高ければ高いほど住民税や所得税が節税出来ますし、生命保険や個人年金に比べ節税効果が期待できますし、資産運用にもなります。

デメリットは
手続きが面倒。
60まで下ろせない。
商品によっては元本割れもある。>独身なら死亡補償は不要でしょうね。

入るとしたら医療保険。
あとは親戚 知人からは保険に入ると良くない。
病気を知られる。やめにくい。しつこい。

医療費はいくらかかるかわからない。
実際の費用が補償されるタイプが合理的だと思います。

ネット直接申し込みで無駄な経費を省いているようでかなり安いです。
自分の子供の保険料は 年間6000円程度です。月当たりは500円ぐらい。

差額ベットなどの自己負担分が出るから安心です。
みんなの健保
http://fjk.dsn-net.jp/fjkminken/init.do?h=fujikasai&t=89M277801>47歳です。
20代独身から保険会社に入る必要性は私は余り感じません。
結婚して自分に何かあれば、家族が路頭に迷うなら入った方が良いですが、入る必要は無いと思います。

とはいえ貴方が病気や事故に会えば、その時貯蓄が足りなければ家族に負担が掛かります。
日本の医療費は、先進医療、保険適用外等の例外はあっても月に8万ぐらいが限度で、それ以上は掛かりません。
8万+差額ベッド代+食事ぐらいです。

差額ベッドは大部屋は無料の病院もあれば3000円ぐらいの所もあり、個室は8000円から12000円でだいたい8000円ぐらいが多いです。食事は一日400円ぐらいです。
つまり300万掛かっても、特殊な先進医療を除けば、一月8万+12000円が最低料金で、大部屋で掛かっても20万前後、個室だとしても月に35万から40万ぐらいです。
普通なら25万位あれば足りると思って良いです。

お母さんが心配して入るように言うのであれば、県民共済等の月に1000円から2000円の入院保障型に入ってしまってもう入ってるからと言ってはどうですか?
2000円ので入院日額10000円、手術2.5万から10万円、先進医療1万から最高150万です。
これで事足ります。
貯金があるなら、20代独身のうちは1000円のでも良いと思います。

跡、確定拠出年金に入れば働いている人は最高月に2万3千円が積み立て最高額ですが、確定申告すれば他の保険枠とは別に全額控除対照となり、税金が安くなる上積立で掛け捨て分は無いのでお得です。
ただし、受け取りは60歳以上となります、35年月に1万で420万円>あなたの考え方に賛成です

息子にも生命保険は必要ないと教えました

無駄金だと

参考までに

貼って置きます

https://nurseful.jp/career/article/医療保険選びの考え方/

皆が入るから

入った人が大金を手に悠々自適な・・・

もしもの時に・・・

あなたが死亡したら◎◎円♪

もしもの時には〇〇円♪

どうかしてますよ 企業にハメられてるのに

まぁ

家庭を持った際の厄除けにとか

借金をした際の担保代わりにとかなら良いですが

皆がやっているからと 全てマネする必要は無いです

あなたの様に自分の頭で考え行動する

それが大事>

生命保険、医療保険にかけすぎでしょうか?

生命保険、医療保険にかけすぎでしょうか?こども1人(3歳)夫婦の3人暮らしで、わたしは専業主婦、夫は会社員で住宅ローン有です。
保険で老後の貯蓄をしています。
夫の年収は740万で、手取りで540万ほどなのですが、個人年金 夫 10000万 妻 15000万半年払いにてボーナスで支払い。
生命保険 夫 3000万加入の貯蓄型で18000円を毎月払い。
学資保険 15000円 毎月そのほか医療保険(掛け捨て) 夫 10000円妻 3100円内容によると思うのですがざっくりみてこれらは収入からみてかけすぎでしょうか?月々37万ボーナス65~72万ほどあるのですが、やりくりがカツカツでボーナスも住宅ローン5万を引いて残りが少なく貯金して車を買ったりする資金や、大きなお金が必要になったときにしんどいです。
それとも無駄遣いしすぎでしょうか、、また戸建ての購入は一年前なのですが、住宅を購入してから保険を見直されたかたいらっしゃいますか??その時保険やさんに相談されましたか??保険やさんに相談するとこれは削らない方が、、、と言われそうで、どうしようかまよっています。
補足個人年金に誤りがありました、、妻15000円夫10000円です。
専業主婦なので多目にしています。
旦那さんとわたしの意向です。

共済の医療保険は、あなた方がもしガンや三大疾病のような病気を患ったり、交通事故などで障害者になったときは、まったく足りなさがでますが大丈夫ですか?なぜか日本人は、歯医者も検診も意識して毎年必ず検査してる人はほんとに少ないんですね。
根本的に、ポジティブなのか現実的ではないのか?そこにお金をかけていくことと、保険は掛け捨てで、民間の生命保険のほうがよほど内容はいいです。
共済はあくまで、65歳までの間だけ。
むしろ、老後はどうするの?健康でないと準備できませんよ。
例えば、ガンについて。
およそ2人に1人はなると言われてて、治療費はガンの箇所や原発がどこかによっても治療は様々で、何より通院がメイン。
また高額療養費制度使っても、毎月、8万の支出が1年以上続いていくと考え、それはあくまで治療費。
薬の副作用で今まで通りに働けなくなる可能性や、転移の可能性も高いのに、足りるはずありません。
まだ、お子さんは3歳ですよね?あと19年間は責任重大だと考えたら、いまは預貯金も増やしながら保障が手厚いものを持たれるべきかと。
共済でいいよとか適当なことを言ってる人は、あなたの人生の責任は取りませんしね。
よくよく、調べてみてください。

ご回答ありがとうございます。保険を組むときのことを思い出しました、、、きちんと手厚い保険にしたいと思い、FPさんや保険屋さんもいろいろまわったんです。計算もしたのですが、やはり贅沢をしていたことも改め、きちんとした保険に加入し、自分たちでも貯金ができるように、きちんと見直したいと思います。>手取り37万でかつかつ??
贅沢な生活されてるんですね…。

>夫 3000万加入の貯蓄型で18000円を毎月払い。

見間違いしてない?
保険金300万で保険料18,000円/月だと思うのですが…

あなたが悩む理由は、担当者に言われるがままに『適当』に加入したからです。
保険は人生で家の次に高い買い物だと言われています。
もちろん貯蓄性のあるものは、いずれ戻ってきますけどね。

①個人年金

老後の資金の積立ですよね。
なぜ『個人年金』で積み立てようとしました?
これから教育費や住宅ローンの支払いがあるのに、なぜ今から老後の準備?
毎月25,000円をローンにまわした方が、賢くない?
教育費の積立金より、個人年金の方が高い理由は?

②生命保険
上記の通り、金額が不明ですが、3000万なら安心できる額でしょう。
あなたがしっかり数字に強いかたならばですが…。

もし、300万ならば、明らかに足りない。
遺族年金等もありますが、手取り37万でかつかつの方が、やっていけるとは思えません。収入保障タイプの保険をご検討下さい。

③医療保険

加入された目的はなに?
他の質問でも書いてますが、私、保険の営業してますが、医療保険には加入してません。妻や子供も、親兄弟、その他親族、誰一人加入させていませんよ。

なぜなら、損をする事がほぼ確定している商品だからです。
保険を損得で考えるのは間違いですが、そこまでお金かかる?って話し。
入院も短期化されていますし、国の医療制度も充実しています。
それなのに、医療保険に加入する目的は何なのかです。

私なら、毎月13,000円をいつかの医療費の為に貯金に回します。
10年間で約150万も医療費の準備をする事ができます。

医療保険いる?

日本は『担当者の人柄』で保険に加入される方が多いですが、その担当者に『お客様の為』に仕事している奴は少ないです。
こういう担当者に出会ってしまったがゆえに、今更迷う羽目になるのです。

代理店などで相談して、真剣に向き合ってくれる担当者を探して下さい。>1 保険で貯蓄という考え方は改めた方が良いですね
貯蓄は貯蓄。保険は保険という形かと
保険は割が良くないので、自分で運用出来たり、借金するぐらいならば、かけない方が良いですから

2 個人年金、けた間違いですよね。念のため、1億もかけているのであれば、今の収入だと払えませんから
妻の個人年金のほうが多い理由は?専業だから?

3 医療保障は、夫婦ともに掛け捨ての共済でよいかと思いますよ。

4 学資保険があり、住宅も団信に加入しており、年金保険も加入しているのであれば、死亡保障3000万もいらないかと。
退職金もあるし、遺族年金もあります

5 細かい内容が記載されていないので。。パッと見た漢字でしか、書けません>保険は無理せずにかけるのが一番です。
無理して払えなくなって、解約や失効というのが一番もったいないです。
それに今解約するとほとんど損にはなります。
ですが、保険の細かい内容がわからないので、これを見直せばというのがわかりません。>

生命保険に加入しようと考えています。

生命保険に加入しようと考えています。
手続きを終え、保険会社さんと提携の病院で無料で加入審査の為の健康診断を受けたのですが、尿検査で糖が出てしまいました…。
現在妊娠中の為、ツワリの真っ最中で食べられるものが極端に偏り、最近は飴や炭酸飲料ばかり口にしていた為かと思われます。
その為、保険会社さんから「普段(ツワリ前)は糖が出ていない事が証明出来れば大丈夫」と言われました。
月1で産婦人科で診察してもらう際に毎回やっている尿検査があるのですが、前回は糖は出ていませんでした。
なので、その時の尿検査の診断書を書いて欲しいのですが、それは可能でしょうか?それと、もし今回の産婦人科での尿検査でも糖が出た場合、「出ていなかった時」の診断書を貰うことはルール的に出来るのでしょうか…?お医者さんにはもちろん聞きますが、その前の心構えとしてこちらでお聞きしたいです。
担当医が怖い人なので…ご存知の方、よろしくお願いします。

妊娠中の生命保険に加入できても妊娠中の異常に対応される商品は数少なく限られます。
どちらの保険会社を検討されてますか?糖ですが病名が診断されたら加入はできなくなるか、もしくは告知して不担保部位がつく可能性があります。

第一生命です。
既に、もう一つ別の保険に入っているのですが、子どもが出来たので、今後の為にもう一つ大きめのものに入ろうと思いまして…
今回の出産に関する事では、今回の保険がほぼ使えない事は説明されました。

もし今回の妊娠中に妊娠糖尿病などの診断が出た場合、やはり「糖尿病になる前」の診断書を書いて貰って加入することは難しいですか?
>第一生命の担当者の言う通りにするしかないと思いますよ。こへ聞いても時間の無駄です。そんな事も親切に対応しない担当者は、今後担当者としてのお付き合いを私なら断りますね。>血液検査でH b A 1c に異常がないことを診断書に記載してもらうしかないですね。>

生命保険の件で質問です。
兄が亡くなり生前に、払い済みの証書を姉妹二人が確認し…

生命保険の件で質問です。
兄が亡くなり生前に、払い済みの証書を姉妹二人が確認してます。
以前、保険会社の方に来て頂いて、死亡したら130万出ますよと言われたそうです。
しかし二人ともどこの生命会社か覚えてないし、証券も出てきません。
受取人は死亡したお嫁さんになってたので、名義を換えないといけない話をしたそうですが不明です。
生命保険会社も再編とか、外資系に変わったりとかで調べる方法が分かりません。
また問い合わせしても個人情報なので、教えられないとかで門前払いになりそうです。
良い方法がありましたら教えてください。

保険料を口座引き落としにしていたのなら通帳を見れば給与天引きなら勤務先に聞けば保険会社はわかるはずです。

お兄さんのご自宅を探してみることをおすすめします。一般的には、契約者宛には、保険会社から郵便物等が届いています。あとは、保険料の振込履歴等を確認できれば、保険会社が特定できます。最終的には、弁護士に依頼する方法があります。こんなサービスもあります。
https://connpayto.co.jp/pye/>

生命保険について。

生命保険について。
客観的にみた意見を聞かせてください。
母(27歳) 子(4歳) 母子家庭です。
月収 20万国民年金です。
現在、加入検討中の生命保険について客観的に見た意見を聞かせてください。
・終身保険 保険金額 500万払込期間 10年(一括)終身保険は現在全く運用していない貯金(400万)を一括で払い込み、子供の教育資金として使おうと思っております。
(それ以外に現在300万貯金はあります)必要なければ、老後資金にそのまま置き、少しでも増やせたらと思っています。
それとは別に・収入保険 保険金額 月10万円保険料 2000円保険期間 51歳満了を加入予定です。
医療保険は別で加入済みです。
保険の内容もあるとは思いますが、ざっとアバウトに書かせていただきました。
個人的にかけすてが勿体無いという考えでして、収入保険の保険金額を減らそうかな。
と考えております。
保険については正直よくわからないので、ご意見やアドバイスお待ちしております。
補足ご意見ありがとうございます。
収入保険は、働けなくなった際、三大疾患、ガンの際に保険料の支払いを免除というものがオプションとして含まれています。
ただ、死亡は保険金は降りないものです。
働けなくなった際、三大疾患、ガンの際に5年間保険金が降りるものは調べてもらうと、月々5000円弱かかるとのことでした。

終身保険はそのままで大丈夫です。
収入保障保険ですが、死亡の時に支払われるものですか?500万の終身と300万の貯金があれば死亡の収入保障保険は必要ない気がします。
働けなくなった時の収入保障保険ならば、必要だと思います。
病気や怪我になると思うように働けなくなります。
それでも生活費はかかります。
仕事も休めば収入は減ります。
ガンなどの三大疾病になった時の一時金なども考えた方がいいと思います。
アフラックなどのがん保険も検討してみてはいかがでしょうか。
掛け捨てが嫌ならば解約金があるタイプもあります。

補足読みました収入保障保険ですが、支払い事由が発生した場合、保険料が払込免除になり、月に10万がもらえるということですかね?それならば継続してもいいと思います。三大疾病の一時金はお持ちですか?昨今では医療の進歩と共に治療費も高額になってきています。健康保険がきくものならば高額療養費の対象になったり、母子家庭ならば医療費はかかりませんが、保険外の治療をする場合もあります。より良い治療をする為にも一時金は必要かなと思います。あと、お子さんは医療保険に加入していますか?子供は医療費は無料ですが、入院となると付き添いの為に仕事を休まなければなりません。パートならば休んでいる間の収入保障の為にも子供さんも医療保険を検討してみてはいかがでしょうか。>一時払い終身保険について
→どれだけ増えるかわかりませんが、増えるなら良いと思います

収入保障保険について
→必要な保障であれば掛け捨てが勿体無いということはありません
逆に勿体無いから保障を減らすというのは本末顛倒です
国民年金ということならなおさら収入保障保険が必要でしょう

それよりその保障でその保険料が高いです
27歳女性なら月10万円の収入保障保険だと
55歳までの保障で月の保険料は1500円以下です
勿体無いというなら同じ保障でこの保険料を安くすること
月500円違うと、年間6000円、これを14年続けると84000円違います>収入保険は万が一の為にそのままの方が良いと思いますよ。>

生命保険っていくつかけてますか?具体的に教えて下さい。
うちは、夫婦で一社だけ…

生命保険っていくつかけてますか?具体的に教えて下さい。
うちは、夫婦で一社だけです。

簡易保険に3・4本(一時払いで払い込み済み)大手の生命保険会社(ネット生命ではない)で掛け捨て(死亡保険金なし、入院のみ)持病(難病)で保険に入ると通常の1,5倍位の掛け金になります。
なにの為の保険か、まずはっきりと。
入院中の生活費と言いますが、サラリーマンなら有給や病欠。
有給ですから給与は支払われます。
医療費は保険で3割負担、入院にかかる物、食事などもそうです。
個室を使うと部屋代が高い、1日、1万位します。
入院で一番大変なのが個室代。
月々4000円としても、年額は48000円、ほぼ5万です。
ネット保険が安いとは思いません。
私の保険は年額5万ほど、難病の為、加算されて75000円です。
死亡の際ですがサラリーマンなら退職金+弔慰金が支給されて、これは非課税です(定年の退職金は課税)その後は寡婦年金が妻の死亡まで支給され、これも非課税。
保険屋に叱られますが、サラリーマンはかなり守られてます。
40代に入りと誰でも病気が見つかります。
健康な内に、安いのに入って置くのが良いかと。
家計にひびかない程度にすべきです、癌などの一部の疾病に特化するより、入院保険の方が良いかと。
いろんな、病気や手術がありますよ。

できればまとめて1つにがいいですよ!

保険料によって割引が出たりするし
保険を請求する時に診断書が一枚でいいですよ!>

生命保険、医療保険について

生命保険、医療保険について現在、30歳子供1人もう1人予定しています。
2点ほど質問したいです。
持ち家です。
先日、保険代理店に行ってきました。
そこで、進められたのが毎月30万円が受け取ることが出来る収入保障保険でした。
1 保険金が8000万円の商品で、月額8000円程の負担で少し高く感じました。
この価格は適正なのでしょうか。
2 現在専業主婦の妻にも生命保険は必要ですか?3 医療保険は夫婦共に加入すべきですか?

金融機関とは利害関係のないボランティアFPです。
①なにと比較されて少し高く感じられたのでしょうか。
月々支払うことのできる保険料と比較して高く感じられたのでしょうか?それともなんとなくこの保障内容で保険料が高いと思われたのでしょうか?収入保障保険にも保険会社によって保険料の差はありますので、複数社提示してもらったほうが安心かもしれませんね。
ちなみにメディケア生命だと30歳、60歳満了、保険金月額30万、非喫煙者優良体の場合、保険料は6822~7119円です。
また、考えなければならないのは、保険金が毎月30万が必要かどうかです。
目安としての計算式ですが、「月々必要な保険料=今の月収×0.7(ご主人様がいなくなるので)-遺族年金」です。
②私は、専業主婦の妻は死亡保障という意味での生命保険は絶対ではないと考えています。
その代わりに、奥様は奥様で口座をもたれ、毎月、貯蓄をしておくことが重要だと思っております。
またご主人様がどのくらい家事や育児に積極的か分かりませんが、ご主人様も一通り家のことができると安心かもしれません。
私はよく妻に「私がいついなくなってもいいように料理や家事を日ごろからしておきなさい」とよく言われています。
半分笑い話ですが。
③医療保険は絶対ではないと思います。
がん保険の方が重要ですが、これも絶対ではありません。
私は30代ですが、どちらも未加入です。
非喫煙であり、肥満でもなく、仕事でも特にストレスを抱えていないという危険因子がほぼないというのが理由ですが、40歳になったら、また考えます。
その時、貯蓄がそれなりにあり、株の配当などの不労所得で毎月の収入がそれなりにあれば、それ自体が医療保険だと思っているので、また見送る可能性もあります。

1 保険金が8000万円の商品で、月額8000円程の負担で少し高く感じました。この価格は適正なのでしょうか。

⇒年収によりますね。1,000万であれば妥当、500万でしたら高いと思います。

2 現在専業主婦の妻にも生命保険は必要ですか?

⇒ないよりはあったほうがよいと思います。

3 医療保険は夫婦共に加入すべきですか?

⇒死亡保障、がん、医療、終身の優先順位です。あったほうがよいと思います。

保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。あわせてご参考にいただければ幸いです。

保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイド
http://hoken-support-guide.net/

~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)
・子供が産まれたら/生命保険の優先順位・選び方、見直しのポイント(生命保険商品(死亡・医療・がん・学資など))
・本当に必要なアフターサービスとは?/保険金請求スキル調査のすゝめ(ご挨拶・その他 )
・通院特約は必要?/医療保険・傷害保険・がん保険の支払事情(保険金請求(書類・受取人・約款など)>①収入保障保険は何歳までの保障でしょうか?お二人目がいつ頃になるか分かりませんが、35歳だとすると末子が独立する時となるであろう60歳くらいを満期とされてるでしょうか?毎月30万は多いと思います。年金が厚生年金か否かで変わりますが遺族年金を加味して考えれば20万円前後でも良いかと思います。②生命保険とは死亡保障でしょうか。有った方が良いと思います。葬式代や奥様名義の借金が有れば整理資金など。時には小額の収入保障保険でヘルパーさんに家事の援助などの必要を賄うことも考えられます。③当然です。医療保険、がん保険は患者さん本人の為ではありますが、お金の心配をするのは他の家族です。ですから配偶者の事を思うなら入っておくべきです。しかも、より早く入るべきです。若くて保険料の安い内に入るべきです。>1.適正な保険料だと思いますよ。
2.通常専業主婦の方が生命保険に入られる事はありません。死亡時のリスクがほとんど無いからです。
3.若い方が医療保険に入る必要はまずありません。ただ喫煙習慣があったり親族で大きな病気をする人がいるなど自身の健康に不安があるので有れば入られると良いかと思います。>

生命保険について。

生命保険について。
この知恵袋とかで生命保険の質問をすると保険は大事だとかの意見が多いと思います。
ある回答で、がんと診断されると◯円、入院保障◯円あるし?みたいなのがあったんですが、そうした人たちは自分がその対象となる癌になる確率や月々の保険料などちゃんと考えて入ってるんでしょうか?高額療養費制度など、公的なサポートもそれなりにあるのでそこまで民間の保険の必要性がわかりません。
また、生命保険は基本的に年収が高い人には不必要なものですか?ちなみに疑問なら入らなければいいという回答はいりません。
疑問なので質問しました。

全員が全員ちゃんと考えて入っているわけではないと思います。
周りに癌に罹患した人がいて不安だからとか、保険外交員との付き合いで契約した人も中にはいると思います。
がんの知識、例えば現役時代に男女別にがんになる確率、がんの部位別の発症原因、どんな治療が行われているのかなど、保険外交員でも知らない人は知らないかと。
そういう人は顧客に寄り添う提案というか、杓子定規的な提案になっている可能性もあります。
生命保険は年収が高い人に不要というよりかは、貯蓄や不労所得が十分にある人には必要でない場合があると個人的には思います。
あとは治療はスタンダードでよいとか、遺族にお金は残さなくてよいとか、価値観もかかわってくると思います。

なるほど。まあケースバイケースなんでしょうか。遺族にお金を残さなくて良いというのは保険金のことですか?期待値で言ったら払う額より貰う額の方が少ないので保険に入らず貯蓄し死んだ時遺族に遺した方が、保険金降りるよりは少額になると思いますが、保険金が貰えなかった多くの人よりたくさん残せる気がするのですが…>単純な期待値では計れません。かかっているのは一度きりの人生ですから。仮にですが、以下のような三つのギャンブルがあったとします①80%で100万得、20%で100万損(期待値60万)②90%で100万得、10%で200万損(期待値70万)③99%で100万得、1%で2000万損(期待値79万)期待値に従うなら③が最も得です。が、私なら③は絶対に選びません。割りに合いませんので。>よくもまあ、質問者の方がまともな経済価値観を持っているのに、時代錯誤だったり、これまた、何も考えてない、回答がおおいですね。面白過ぎです。
それぐらいにして回答。
保険が大切だというのは、メディアに、踊らされているからですね。

保険は、ギャンブルだとおもえば、わかりやすいですよ。自分の健康を掛けた。(実際は胴元の取り分がおおいので、割あいませんが)

当たるかも、当たるかもと、毎月ロト買っている人って、いままで、いくらはらっているかなど、考えないから、かえるかと。そして、たまに1000円当たったからさなどと。鼻高々。そして、誰かが、1億あったら、知り合いがサーとくる。
結局は、収支など。わからないから、保険をかけるのですよ。
で、金持ちはしないか?ギャンブルと一緒で、勝つと思えばやりますよ。結局は、リスクとリターンだけのはなしだから。>入る理由は、万が一自分がそうなった場合に怖いからです。
確かに若いうちに死ぬ確率は少ないです。おそらく数パーセントでしょう。しかし、自分がその数パーセントに入らないという確実な証拠がありますか?
高額療養費制度、公的サポート、確かにありますが、それでも毎月10~15万円はかかってきます。そのお金を貯蓄から削って、生活していけますか?
そういう人が保険に入るのです。
保険に入る人は堅実的なだけです。万が一が自分に起こる可能性を考慮しているから入るのです。
入らない人はその逆です。損得で考えていれば、入らない人のほうが多いでしょうね。>保険は、万一の際困る者の救済のためにはいるもの。
世界有数の大金持ちなら、入る理由はないが、年収が高くともSTOCKがなければ、入っておくことだ。>生命保険には大きく分けて、2種類あります。
1、癌保険など「掛け捨てタイプ」の保険
掛け捨てなので、月々の保険料は安いです。
2、病気一般などの「貯蓄型」の保険。この保険に「癌特約を付ける」
貯蓄型なので、保険料は高いです。15年~20年で元本保証されます。
貯金の感覚です。

私は両方加入してました。
ある時、癌になりました。入院1日○○円、手術代、一時金など2社から戴きました。入院も個室で快適でした。
確かに、高額医療請求制度で少額で済みますが、何かとお金は架かります。

私は貯蓄型の保険をオススメしたい!
特に若い方は!>

生命保険について質問です。

生命保険について質問です。
ソニー生命とメットライフで比較をしていますが、同じ掛け捨てで保険料も3500円程度なんですが、保険金がソニーで2380万、メットライフで4000万と全然違います。
ここまで違うものなのでしょうか?

保険の種類が違うのでは?掛け捨ての定期保険も平準定期、逓減定期、収入保障定期等あります。
同じ保険種類、同じ保険金額、同じ期間ならどこも大きな差はないはずです。

逓減と収入だと違いでますか?
ソニーは逓減でメットライフは収入です。>保険期間が同じかどうか?
三大疾病保険料払い込み免除がついているかどうか?
解約返戻金の有無

このあたりをもう一度確認してみてください。
数百万の違いは会社によってあったりしますが
ちょっと差額が大きいような・・・>

生命保険、税金教えてください。

生命保険、税金教えてください。
家族4人、父母子子です。
子は未婚で孫はいません。
父母とも、相続対策のために500万×法定相続人で保険を500万×3人を父母ともやってます。
500万×3人×2父母それぞれ。
あと、それぞれ父母が亡くなったときに相続対策として有効な方法がありますでしょうか?孫がいない為、教育資金の贈与はできないと嘆いてました。
不動産は大ごとすぎてあまり乗り気がしないみたいです。
何かの本で見たらしいのですが、相続対策には保険が比較的に分かりやすく一般的に使われている手法らしいですが、保険で500万以上やってメリットありますか?やはり不動産でしょうか。
母は畑に現物埋めとくと言ってます、、、、。
ちなみに、親戚が務めてた山一証券が潰れて、なるべくなら保険なら、農協とか郵便局とかで潰れなさそうなところがいいみたいです。
補足保険をたくさんやることによって、相続評価額を下げる効果、遺産分割協議書に載せないお金として、何もしないより効果があるのでしょうか?

生命保険を500万以上入っていたとしても、税的にはメリットはありません金利が預金より良ければ、それがメリットになるくらいです孫がいないのであれば、子供への非課税枠で代表的なのは、住宅資金の援助です質問者さんたちが住むための家を購入したり、リフォームする資金の援助を受けたときには、かなりの金額を非課税で贈与できます今住んでいる家があったとしても、新しいところに引っ越すのであれば、資金援助をしてもらうことができますそれ以外だと、車など高価なものを買うときに、親が自分名義で購入して、子どもが使うというようにするのも案外効果的です名義さえ親名義にしていたら、使うのが子どもであっても問題ありませんあとは、暦年贈与の110万以内の金額を、時々子供に贈与するくらいかな?これは、実際の子どもだけじゃなくて、配偶者にも別々に上げることができるから、子供が2人いて、それぞれ結婚していたら、年に440万も贈与できます現物を畑に埋めておくという行為は、脱税という犯罪です「隣の家に泥棒に行ってくるわ」と言っているのと同じで、犯罪行為なので、辞めるように説得したほうがいいですよ

ありがとうございます。やはり不動産ですかね。動産の手もあるんですね。>契約者が親で子供にかけてもらってはいかがでしょう。途中でも名義変更も出来ます。>

生命保険の告知で問題がおき複雑です。

生命保険の告知で問題がおき複雑です。
三年ほど前から保険に加入していて半年ほど前に内容の変更をしました。
変更後すぐ掛かり付けの病院から手紙が届きました。
それは不正出血で病院に行った際に別の検査もしていたようでその結果でした。
それも要精検。
そこですぐに保険の担当者に連絡したところ元の内容に戻せるから大丈夫と言われ戻すように頼みましたが様子をみて変更しましょう。
とそのまま話しは終わっていました。
3ヶ月後再検査をしてやはり異常がありまた、保険担当者に連絡をいれましたがはっきりしたことがわからないから次の結果を待ちましょう。
との返答ですがこの時点で、変更を依頼しました。
なので安心していましたがまた3ヶ月経って受けた検査で手術が決まり、保険の担当者に確認すると実際まだ内容変更が行われておらず告知義務違反にならないのかと不安でたまりません。
また今後どのような対応ができるか心配しております。

保険の営業程 信用出来ない者はいません。
あてにしては駄目です。
労を惜しまず自身で行動しましょう。

保険の内容変更は、電話での口頭だけでは変更出来ません。担当者と対面し、本人の保険内容変更時に、サインが必要となる場合があります。私が先週まで加入していた明治安田生命では、保険の内容変更をする際は、必ず担当者と対面し、タブレット端末にて説明を受け、最後に納得したうえで、署名サインをするというやり方をしていました。質問者さんが加入している保険が、通販型であればこの限りではありませんが。今一度、保険会社に確認した方がいいですよ。>

生命保険についてご相談します。

生命保険についてご相談します。
現在35歳。
三井生命保険のザベクトルに加入しているのですが、昔に入ったきりなので見直ししようと思います。
毎月13000円ほどの保険料で積み立て4000円残りは定期特約といった感じです。
今回外交員に相談したところ同じくらいの保険料で大樹セレクトに転換するよう勧められました。
20年更新型で積み立ては終身0円、収入保障60歳満期3560円(7万円/12か月/25年)、定期保険特約3240円(給付金1000万円)、ワイドガード8 10年2250円(給付500万)医療特約2990円 20年(入院給付10000円)生活習慣病特 20年 435円(入院給付5000円)がん医療特約 20年 255円(同上)先進医療 20年108円らくらく名人、リビングニーズは付加されてます。
ベクトルの積み立て分はそのままスライドして利率は1.65から0.15%になります。
(その分手数料は無料だそう)がんも上皮内癌適用内だし、指定の病気になったら払い込み免除もあります。
がんの家系なのでそこは安心ですが更新型なので、60歳で30000円ほどの負担になります。
もちろん見直しはしますが単純にこの保険はどうでしょうか?ネット保険も検討していますがどうしようか迷っています。
外交員は保険を分散させても結局同じような金額になるし手続きも大変だと。
保険の無料相談したらそこが窓口になってすべて手続きはしてくれるそうです。
長くなりました。
どなたかお知恵をお貸しください。
補足ちなみに保険料が来月から一割上がるのでそれもきになっていますが、納得してから購入したいので焦りはありません。
内容は二年間は変更できないそうです

まず、三井生命にこだわる必要はないですね。
死亡・医療・がん・就業不能は別々に考えた方が、費用対効果は高いです。
アフラック、オリックス、メットライフ、メディケアあたりが保障と保険料のバランスがよいと思います。
保険のお得な情報や損をしない請求方法、業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hoken-support-guide.net/~質問者さんにおすすめ~(カテゴリ)・医療保険/告知書の書き方&注意点・病気でも加入できるかの目安(告知書(診査)・調査 )・通院特約は必要?/医療保険・傷害保険・がん保険の支払事情(保険金請求(書類・受取人・約款など)・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 )・保険で損をしたくない。
保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )・本当に必要なアフターサービスとは?/保険金請求スキル調査のすゝめ(ご挨拶・その他 )

わかりやすくご説明ありがとうございます。リンク先読んでみますね。三井生命は単に昔から入ってたのと担当者がいるからなんとなく安心かなと思ってました。保険料が上がるという言葉に惑わされそうになりますがじっくり考えたほうがよいのですね>結論から申し上げますと、転換は絶対にオススメできません。ただ、ザベクトルの継続もオススメできません。転換という制度をご存知ですか?ほとんどのケースでメリットがありません。またご提案されている内容で、数点疑問点があります。終身は0円ですが、ご高齢になった際に死亡保障は不要ですか?簡単な葬儀代くらいは、残したい方が一般的です。低解約終身の短期払いで100~200は残す事をオススメします。払込後は、貯蓄にもなります。また、万が一他界された際に御家族の生活費が必要なんですか?定期と収入保障、どちらで残すお考えなんですか?1000万も定期必要ですか?私なら定期は0~300位にして、収入保障に回します。ワイドガード8必要ですか?治療時の費用としてはあまりにも雑な内容ですし、所得保障と考えると、あまりにも少ない内容です。医療も1万日額必要ですか?また高齢時の医療保障は不要ですか?会社のサポートや、福利厚生は期待できないんですか?私なら安い終身医療保険に単独で契約します。楽々名人って、P免でしたよね?指定の病気で、払込み免除になりませんよ。がんは診断後に払込免除になりますが、他の病気は所定の身体障害状態になって初めて払込免除になります。確か三井生命ですと、脳卒中と急性心筋梗塞でしたかね?脳動脈瘤や弁膜症は対象になりませんよね?まだまだ気になる点はありますが、総じてあんまり良い提案ではないと思います。ザベクトルなんて保険に契約させられて、まだ三井生命でお考えされるのは義理があるんですか?私なら迷わず他社にします。そもそも、なんで保険が必要なんですか?ご自身が何を必要とされてるか向き合って頂いて、ご検討頂くのが筋道です。例えば、死んだ後の家族の生活が心配だから、収入保障に入る。ガンで治療費が心配だから、ガン保険に入るとか。貯蓄できないし、所得税控除等のメリットは受けたいから低解約終身に入る。様々なご理由があるかと思いますので、1度精査なさられた方が良いと思います。ザベクトルはアカウント型終身と言われ、誰に聞いても入ってはいけない保険では、ナンバー3以内にランクインします。ちなみに恐らくなんですが、2年以内でも契約変更できると思いますよ。でも担当者の給料が減ると思います。>保険のことはよく分かりませんが、他社に比較の提案を求めたらどうですか?
今何処そこに入っているけど参考で提案頂けないかって!>結婚して子供もいる家庭ですか?保障としてはすごい悪いわけでもないですが、老後何も残らないですよ?同じような保険料で老後に医療やお葬式代などかしっかり残る保険と比較するとこの保険がいかに老後役立たずかわかります。見直す見直す言うけど見直す時は何歳ですか?またその年齢で保険料計算されるから30過ぎたらある程度は見直さなくても良いようなものも持ってた方が良いですよ。>ずいぶん、騙されてますね。嘘ばっかりです。>

生命保険に入りたいと思うのですかおすすめありますか?

生命保険に入りたいと思うのですかおすすめありますか?どういう保険に入ったらいいのかすらよくわかりません。
当方は独身で女、30代。

今後のライフプラン(キャリア含めた)や健康状態・貯蓄等により、どのタイプの生命保険に入ったらよいかの優先順位は変わります。
結婚して出産がご予定でしたら、①医療保険②がん保険をまず初めに検討すべきかと思います。
独身のままで働き続けるということでしたら、①がん保険②医療保険あたりの検討でしょうか。
ですが、独身の場合は、家族がいる場合よりも生命保険の重要度が下がり、手元の現金(預貯金など流動性が高いもの)の方が重要度が高まると私は思います。
もちろんこれは考え方によるものなので、ご質問者様にとっては、そうではないかもしれません。
老後の貯蓄としてはネット証券での確定拠出年金が選択肢として外せないと思います。
年金保険やドル建て保険など、生命保険で貯蓄をするのは、もちろん選択肢としてあげてよいと思いますが、おすすめというわけではありません。

お勧めなど存在しません。
お勧めなんかがあったら
みなその1社に集中して加入し
同業他社はとっくの昔に倒産しています。>東京海上日動の医療、生命、自動車任意、火災、自身、ガンとはいっていますが、年いちどの更新ですべて代理店が会社帰りの駅で待っていてくれたりするので一括でできて楽です。>亡くなっても誰も困らない独身女性であれば、基本的に死亡保険は不要。後遺障害のリスクは低いし、医療は社会保険でどうにかなる。入るなら貯蓄型で生命保険料控除の使えるもの。例えば明治安田生命のじぶんの積立。>ソフトバンクがいいと思います>

生命保険料控除の計算について教えて下さい。

生命保険料控除の計算について教えて下さい。
手元にある生命保険料控除証明書を元に、添付のように計算しました。
Hをプラスしない方が、トータルでは1900円ぐらいですが高くなります。
この場合、Hは申告?しない方が良いのでしょうか?補足Hではなく、Eでした。
Eを含めなければ、最高5万までなので、Kが4万以上になります。

生命保険料控除について確定申告の用紙は、年末調整の用紙よりわかりにくいですCの額とHの額を足した場合には最高4万円Cの額が4万円を超えるなら、KにはCの金額を記載します結果としてHの額については計算しないことになるのでその場合にはEとHには記載しても、記載しなくても良いです

確定申告に添付する生命保険料控除証明書には、EとHに該当する申告額が記載されていますが、計算に含めなくとも問題はないのでしょうか?税務署は控除に関して申告していないものに関しては、何も言ってこないのでしょうか?>