生命保険について

生命保険について死亡の保険料が入るのは契約期間に死亡が発見された場合ですか?

>生命保険について死亡の保険料が入るのは契約期間に死亡が発見された場合ですか?生命保険について死亡の「保険料」→保険金 が入るのは契約期間に死亡が「発見」→確認 された場合ですか?であれば通常は死亡保険は被保険者死亡のときに保険金は受取人へ支払いになります。
また、約款に定めた規定で認められたときにも支払いになることがあります。

契約期間後に死亡が確認され、遺体が契約期間内に死亡していた場合も保険金はおりますか?>死亡保険【金】の事を言っているなら、契約期間内の死亡が該当です。発見ではなく、期間内です。>

生命保険の就業制限のとらえ方について教えてください。

生命保険の就業制限のとらえ方について教えてください。
生命保険会社には問い合わせたのですが、要領を得なくて・・・保険それぞれだとは思いますが、一般的な捉え方でいいので、教えて下さい。
職場の団体保険です。
医療保険は以前から入っているのですが、退職後もこの医療保険を継続させるためには、きずなという年金?のようなものに入らないといけないようです。
現在入っていません。
その告知内容が、現在就業制限を受けておらず、過去12か月以内に別表記載の病気で14日以上の入院をしていない というものになっています。
私は、別表記載の病気にり患しており、外来で治療は行っています。
治療の日は、有休などを使って外来治療に行っています。
医師や管理職から今のところ就業の制限は言われていません。
フルタイムで働いています。
パンフレットを見るとこのように書かれています。
申込日(告知日)現在、病気やけがで休職・休業中でなく、かつ、病気により就業を制限されていません。
(注)「就業を制限」とは、勤務に制限を加える必要のあるもので、勤務先または医師等により労働時間の短縮、出張の制限、時間外労働の制限、労働負荷の制限などを指示されている場合をいいます。
休みをとって、定期的に治療に通っているということは、就業の制限にあたるのでしょうか?生命保険会社の告知部門に問い合わせをしたのですが、就業制限を言われていなければ大丈夫ですの繰り返しで、休みをとって治療に通うこと自体が就業制限にあたるか聞いても医師に確認してくださいとしか言ってもらえませんでした。
押し問答が繰り返されただけです。
申込みをして、ダメだったら、お断りが入るのですか?と聞いたら、何とかという商品?保険?になるので、会社側から調べることはありませんと言われ・・・どう判断していいものか迷っています。
長くなりましたが、よろしくお願いします。

生命保険会社の答える答えしか言いようがありません。
要するに、「医師の診断書がすべて」ということになります。
ご本人の自覚症状や勤務状況とは、ずれる場合も当然あります。
ご本人が仕事がつらくて休んでばかりでも、医師の診断書に「就業に問題なし」とあれば、制限なしとなります。

ありがとうございます。
なるほど、
そういうものなのですね。

勉強になりました。
>aaabbb5670204さん
の意見と同じです。

有休を使って通院の際は休んでいても
仕事そのものは制限なくできているので
告知には該当しないでしょう。
病気の人が通院するのは当たり前のことです。
就業制限とはそのもう一歩先
仕事そのものができなくて、自宅で療養していたり
医師により就業に制限をかけられている状態です。
フルタイムで働いている人が、就業制限の状態に
あたるとは思いません。

あまり難しく考えずに、シンプルに考えて
告知してください。
本来こういった商品は従業員の福利厚生の意味が
強いので、告知は厳しくありません。
文章を読んでその中に当てはまらなければ
「いいえ」でいいんですよ。>まず、あなたが通院されていること、これは、医師の指示ですか??>

生命保険について相談させていただきます。

生命保険について相談させていただきます。
30代前半夫婦現在妊娠中で共働きです。
妻は出産後退職予定。
夫は会社員ですが、半分自営業のようなもので、社会保険はありますが有給、賞与等はありません。
今入っている保険ががん保険 夫 1727円 妻 1679円医療保険 夫 入院日額1万 保険料 3420円 妻 入院日額1万 保険料 3597円低解約返戻金型終身保険 夫 500万 保険料 10555円 妻 150万 保険料 3076円現状共働きなので保険料は世帯収入の6%ですが、夫の収入のみとなると12%に上がってしまいます。
さらに子供が生まれるので、子供の保険や、夫の収入保障の保険などにこれから入る事を考えると、見直しが必要だと思っております。
保険料は世帯収入の8%が理想と聞いたのですが、皆様そのくらいで収まっていますでしょうか?今考えているのは、妻の医療保険と低解約返戻金型終身保険を減額。
夫の低解約返戻金型終身保険も100万に減額、もしくは解約。
(死亡保険に入る為)子供の保険、夫の収入保障保険もしくは死亡保険に加入。
低解約返戻金型終身保険ですが、今更ながら必要なかったかなと少し後悔しています。
が、解約するのも損なので悩んでいます。
ちなみに、恥ずかしながら夫の収入は手取りで月に20万程です。
妻も、出産後落ち着いたら働く予定です。
乱文、長くなりましたが皆様の保険の内訳やアドバイス等いただきたいです。
よろしくお願いします。

>>>保険料は世帯収入の8%が理想と聞いたのですが、皆様そのくらいで収まっていますでしょうか?家計の内訳やボリューム感は人それぞれなので、8%という数字はあくまで参考指標に過ぎないと思いますが、保険にかけるお金は少ないに越したことはないと思います。
我が家は生命保険(学資保険を除く)は約7%です。
学資保険を含めると約20%です。
学資保険・子どもの医療保険は賞与と子ども手当の一部から払っており、月収からの保険料への負担を減らしています。
>>>さらに子供が生まれるので、子供の保険や、夫の収入保障の保険などにこれから入る事を考えると、見直しが必要だと思っております。
>>>妻の医療保険と低解約返戻金型終身保険を減額。
夫の低解約返戻金型終身保険も100万に減額、もしくは解約。
(死亡保険に入る為)子供の保険、夫の収入保障保険もしくは死亡保険に加入。
低解約返戻金型終身保険ですが、今更ながら必要なかったかなと少し後悔しています。
が、解約するのも損なので悩んでいます。
生命保険はご自身のライフプラン全体を見てから、保険料が無理のない範囲で加入されるのがよいと思います。
今回は大きなライフイベントのご予定ということで見直しされるのはよいと思います。
お子様がいらっしゃる家庭の生命保険の優先順位は私は以下のように考えます。
①夫の死亡保険(収入保障保険もしくは定期保険) ※妻の死亡保険は状況による②がん保険③医療保険①は3000円前後だと思います(年金月額12万円、60歳満了の場合)②今の保険内容が不明ですが、問題なければ、今のままでよいと思います。
③終身医療保険でしょうか?出産を控えられているということで、可能であれば現時点での減額はあまりおすすめしません。
すべての出産を終えられてから、解約もしくは減額でよいかと思います。
夫の医療保険は終身にこだわるのであれば、減額も仕方がないかと思います。
定期でよければ、県民共済(入院保障型)で入院日額1万円の保障を60歳まで確保できます(保険料は2000円です)。
以上の内容で保険料は月額12000円くらいです。
世帯年収の6%におさめることができます。
低解約返戻金型終身保険は何の目的で入られたのでしょうか?おそらく、万一時の葬儀代+αか、老後に解約して生活資金にするという目的かと思います。
ですが、現状の生活費が厳しいので、ご質問者様が後悔されている通り、貯蓄型の保険は加入すべきではありませんでした。
いつ頃、加入されたものか分かりませんが、方法としては3つあります。
①(夫・妻両方とも)払い済み保険にする。
保険料の支払いをストップさせ、保障内容を減らしますが、契約は続行します。
解約返戻金がどのくらい積み立っているか分かりませんが、解約しない限りは、少しずつ増えていきます(低解約返戻金型なので、どちらにせよ損はすると思います)。
解約返戻金がほとんどなければこの方法はあまり意味はないですが。
②学資保険と割り切って、契約を継続する。
子ども手当を保険料にあてます。
この場合はお子様が18歳になられた時の返戻率がどのくらいになっているかを確認してください。
105%ぐらいであれば、他の学資保険に入るのと変わりません。
とはいえ、13000円の保険料は多い可能性があるので、払い済みと減額(解約)の抱き合わせでもよいかもしれません。
③(夫・妻両方とも)減額もしくは解約する。
損するダメージを少なくするために、早めに損切りする方法です。

ご回答ありがとうございます。結婚を機に、今年の1月に加入した保険なので払い込みはまだ半年も経っていないです。低解約返戻金型終身保険は、仰る通り、万一の葬儀代として加入しました。無知で入ってしまったのですが、改めて考えるとやはり生活に見合っていないかなと判断しました。返戻金はほぼ無いに等しいと思いますので、これまでは掛け捨てで死亡保険に入っていたものだと思って(勉強代ですね^^;)解約の方向に進めようかと考えています。60歳でやっと103%程の返戻率ですが、負担にならなければ死亡保障として妻の分だけ持っていてもいいかなとは思いますが…もう少し考えてみたいと思います。>

生命保険料控除の事がよく理解出来ていません。

生命保険料控除の事がよく理解出来ていません。
分かりやすく説明して頂けると幸いです。
現在加入中の生命保険の控除証明書に平成28年に払込した一般生命保険料の申告額が109760円と記載してありました。
その他に平成28年1月~2月まで契約していた生命保険の一般生命保険料の申告額が16920円、介護医療保険料の申告額が7854円と記載してありました。
新制度の一つの保険に対しての控除額が40000円で、一般生命保険料・個人年金保険・介護医療保険料の保険料控除の限度額が120000円ですよね。
現在加入中の一般生命保険料の申告額109760円と、以前契約していた介護医療保険料の申告額7854円を合算した117614円が控除対象という事ですか?一つの保険に対しての控除額が40000円という事は、現在加入中の一般生命保険料の申告額が40000円を越えているので控除の対象にはならないのでしょうか?

現在加入中の一般生命保険料の申告額109760円と、以前契約していた介護医療保険料の申告額7854円ですと●一般生命保険に関しますと新制度(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)の場合、生命保険料が80000円を超えていますので生命保険料部分の控除額は40000円となります。
旧制度(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)生命保険料が100000円を超えていますので生命保険料部分の控除額は50000円となります。
●介護医療保険料は、7854円ということで20000円以下ですから介護医療保険部分の控除額は7854円となります。
したがって、生命保険が新制度の場合は、 40000円+7854円の合計47854円が生命保険料控除となります。
生命保険が旧制度の場合は、 50000円+7854円の合計57854円が生命保険料控除となります。

新制度で例えば一般生命保険を2つ加入中とします。それぞれの申告額が20,000円ずつだとします。という事は合算して40,000円なので、一般生命保険料の申告額は40,000円でいいのでしょうか?それとも控除の対象になる保険は1つのみなんでしょうか?ご回答お待ちしております。>

生命保険料の(あと2年間の支払)残金を一括で支払ったら、保険料控除 はその後どう…

生命保険料の(あと2年間の支払)残金を一括で支払ったら、保険料控除 はその後どうなるのですか?補足いままでのように毎年控除は受けられなくなるのでしょうか?もしそうなる時、税金はどれ位増えるのですか?

生命保険料控除用紙は、一時払いとは違うので、比例案分して発行されて来ますので、今年も来年も受けられますが、若干安くなる分が、旧の生命保険料控除だと思いますので、計算方式が変わるだけです。

生命保険の種類によりますが、
払い込みにされるということであれば
その払い込まれた保険料を
来年充当することになりますので
控除は来年も受けられます。

ちなみに題意のような場合、
一科目40,000円までが控除になるだけなので
当然収入にもよりますが数千円程度です。

なんか返信できなかったので追記

いつ払い込みを完了されたにせよ、
本来払うべきタイミングで払ったものとして控除されますし
控除明細書は来年も届くのでご心配なさらなくて大丈夫ですよ。

ちなみに生命保険では先に全ての保険料を支払うことを前納と呼びます。
「前納」「控除」などで調べると生命保険会社のHPなどでも説明させていただいております。>

生命保険 還付金、控除について

生命保険 還付金、控除について新しく生命保険に入ろうと思うのですが、月々の支払いによって、還付金の金額、控除額がわかりません。
簡単に計算できる方法を教えてください。
所得税率は10%です。

年間一般生命保険料控除(死亡、死亡=診断一時金など)8万円介護医療保険料控除(医療がん死亡を含まない診断一時金など)8万円個人年金保険料控除(個人年金税制適格)8万円3種類がありますので、「その正確な種類の内訳は保険会社の証明書」でわかります。
死亡と医療と個人年金と合体された1契約のものもありますので。
3種それぞれが、これ以上(8万)の支払いになれば控除は最高額です。
各種類ごと年間保険料20000円以下 支払保険料等の全額20000円超 40000円以下 支払保険料等×1/2+10000円40000円超 80000円以下 支払保険料等×1/4+20000円80000円超 一律40000円※例、死亡保険8万保険料を支払っている人は4万。
つまり4000円税金が安くなるということです。
(年末調整で戻る現金)

生命保険(死亡保険)の受取人について教えてください。

生命保険(死亡保険)の受取人について教えてください。
いとこの元旦那さんが亡くなりました。
元旦那さんはいとことの離婚後(子なし)、再婚して子供をひとりもうけましたが結局再婚相手とも離婚し、再再婚してほどなくして亡くなりました。
元旦那さんを看取ったのはその三人目の奥様です。
子供は作らず夫婦で穏やかに暮らしていたそう。
その現奥様から、いとこに連絡が来ました。
『受取人があなた名義の死亡保険がある』と。
いとこと元旦那さんは10年以上前に離婚しています。
もちろんいとこは旧姓にもどりました。
その後再婚もしました。
元旦那さんは、いとこと二人目の妻、どちらも婚姻中に妻を受取人名義にして死亡保険に入り、離婚後も受取人名義そのままでずっと支払っていたようです。
二人目の妻との子供には遺言書にて遺産相続の旨が記されていたそう。
子供には離婚しても相続権があるのはわかりますが、いとこや二人目の奥様に生命保険受け取りの資格ってあるのでしょうか?二人目の奥様のことは知りませんが、いとこは『再婚して旦那いるし、名字は変わってるし、元旦那とずっと連絡とってたわけでもないのに、生命保険を受け取るってそんなことあるのかな?』と動揺した様子でした。
この件で直接会って話がしたいと現奥様に言われ会うことになっているそうです。
いとこは元旦那さんの死亡保険を受け取ることができるものなのでしょうか?もうひとつ、いとこは元旦那さんのご両親にすごく嫌われていて義家族とのトラブルの末に精神を病んでいとこから離婚を申し出ました。
元旦那さんのご両親は元気にご健在のようで、いとこは現奥様に『でもそんなのあちらのご両親が許さないのでは?』と聞いたところ、『権利はあなたにありますので義両親は関係ありませんし、もしごちゃごちゃ言っても放っておけばいいでしょう』という返答だったそうです。
息子の死後の財産を、両親すっとばして嫁同士で自由にできるものなのですか?詳しい方教えてください。

生命保険は、指定された受取人にしか、権利はありません→なので、その方が受取人に指定してあったら、その方の物ですまた、離婚したとはいえ実子がいるし、遺言迄有るなら、元旦那様の親は、遺産には、関係ないです→口を出してきても、法的には、なんの権利も有りませんからねせめてもの詫びの気持ちでしょうから、素直に受け取り、お墓参りなされば、と思いますよ

死亡保険金は、指定された死亡保険金受取人のみが受け取ることができます指定された受取人の固有の財産と考えられていますもし受取人の変更を忘れていたとしても、ですその方が死亡保険金受取人に指定されていたのでしたら、その方のみが受け取ることができ、他の方は受け取れません次に、この死亡保険金の手続きですが、死亡診断書もしくは死体検案書が必要となりますこれらは、基本的に遺族のみが手に入れるものです今回は、現在の奥さまからの連絡とのことですので、手に入れられることの問題もないかと思いますまた、この生命保険を元旦那が支払っていたのであれば、この死亡保険金は相続税の対象となります他の財産と合わせて、相続税の基礎控除を超えると、相続税が課せられますその元旦那にはお子さまがいるとのことですから、法定相続人は、現在の奥さまと、お子さまとなりますそのため、元旦那の両親が出てくることはありませんので、こちらも特に問題ないかと思いますまとめ死亡保険金はその方のみが受け取れる手続きでは親は関係ないので、現在の奥さまと連絡を取り、するのが良い>

生命保険、年末の保険料控除について

生命保険、年末の保険料控除について今まで夫婦それぞれ契約→支払い口座もそれぞれ個人の名義のもので支払っている→年末調整はそれぞれ勤め先に提出して控除してもらうだったのが夫の扶養家族になる場合、夫が年末調整の申請をだす時に扶養家族の妻の保険の分も一緒に申請する方法として契約者は妻のまま保険料支払い口座を夫名義の口座に変えるただ、上記の場合、夫の保険料の合計が控除限度額以上なら、妻の分を一緒に申請しても控除額限界までしか戻ってこないから、そういう場合は妻の控えを一緒に申請しても意味ないという認識であってますか?

保険料控除のみに関してであればその認識で良いです保険料控除のみに関して、と付記したのは保険料を夫が支払う保険契約になるので□解約時に契約者の妻が受け取る解約返戻金は贈与税 →現在のままなら一時所得で、変更により税額が増える□妻が死亡時の夫が受け取る死亡保険金は一時所得 →現在のままなら相続税、500万円×法定相続人数の非課税もあり、変更により税額が増えるとデメリットが大きいので生命保険料控除の対象になるか、より受取時の税額を考えると変更はしない方が良いです

生命保険の個人年金で10年確定型が満期になるのですが、一括でもらうのと毎年もら…

生命保険の個人年金で10年確定型が満期になるのですが、一括でもらうのと毎年もらうのとでは支払う税金の割合にかなり差があるのでしょうか?宜しくお願い申し上げます。

mezarusanさん>生命保険の個人年金で10年確定型が満期になるのですが、一括でもらうのと毎年もらうのとでは支払う税金の割合にかなり差があるのでしょうか?受取方で所得税法上の所得区分が変わりますので、差があるのは事実です。
「かなり」となるかどうかは、あなたの他の所得と所得控除により、変わってきます。
一括で受け取る場合は、「一時所得」となり、年金で受け取る場合は「雑所得」となります。
一時所得の場合は、50万円の特別控除が有りますが、雑所得には特別控除が有りませんから、課税対象額は一時所得の方が少ないです。
しかし、日本の所得税は累進課税ですし、毎年あなたの所得控除を利用できますから毎年分割して受け取った方が累計の税額は一括で受け取るよりも少なくなります。
と言うことで、どちらの方が納税額が累計でお得になるのかは、他の所得とあなたの所得控除額に委ねられます。

一般論を言えば、他の所得が多い人は一括で受け取った方がお得な場合が多いでしょうし、他の所得が少ない人は分割で受け取った方がお得になる可能性が高いです。
>一括でもらうのと毎年もらうのとでは支払う税金の割合にかなり差があるのでしょうか?
⇒ケースバイケースです。一括で受け取る方が有利というのが定説かと思います。>

生命保険料について。
先月保険料が口座から落ちておらず、契約が無効になるという…

生命保険料について。
先月保険料が口座から落ちておらず、契約が無効になるということは分かっていたのですが、保険会社の担当者が今日ならまだ間に合うと保険料の集金に来ました。
しかし、担当者が帰った後に気付いたのですが、発行された領収書の日付が1月4日で(今日は1月10日)でした。
この保険会社の担当者大丈夫なんでしょうか?普通お金を払った日の日付で領収書切るもんじゃないんでしょうか?

この保険会社の担当者大丈夫なんでしょうか?⇒保険を失効させないため、偽装工作の可能性がありますね。
普通お金を払った日の日付で領収書切るもんじゃないんでしょうか?⇒ご認識のとおりです。
生命保険について、お得な情報や損をしない請求方法、保険業界の裏側、保険金の支払実務、および様々な事例などを、趣味でご紹介しています。
あわせてご参考にいただければ幸いです。
保険業界非公認 ”支払担当者”の保険サポートガイドhttp://hoken-support-guide.net/~質問者さんにおすすめ~・保険で損をしたくない。
保険金を受け取りたいみなさまへ(ご挨拶・その他 )・本当に役立つ保険の選び方!保険料・保障+”診断書”比較のすゝめ(告知書(診査)・調査 )

大丈夫ではありません
重大なコンプラ違反です。>

生命保険にて指定受取人(父親)が死亡し、受取人の変更をしない状態で契約者・被…

生命保険にて指定受取人(父親)が死亡し、受取人の変更をしない状態で契約者・被保険者(息子)が亡くなってしまいました。
母親も既に死亡しており、契・被保険者は未婚で兄弟もいません。
指定受取人(父親)の兄弟が生命保険会社に保険金の請求をした所、約款上、このケースでの保険金は契約者の物であり、受取人の兄弟は契・被保険者の法定相続人ではないので支払拒否となりました。
(相続管理人への支払いが妥当)このケースにおいて保険法では受取人の財産となっていますし、H5年の最高裁判例からも受取人の法定相続人に支払うべきものと考えているのですが保険会社の約款が優先され、相続管理人を選定して処理しなければならないのか詳しい方の回答をお願い致します。

約款が法律より優先されることはありません納得いかないなら生命保険協会に紛争裁定機関が設置されています。

生命保険の解約について

生命保険の解約について1週間以上前に生命保険担当者に解約を了承してもらいました。
しかしそれから書類が届くわけでも連絡があるわけでもないため本日進捗を連絡してくださいとメールしたところ「解約の報告は上司に伝えているが書類の準備ができていない為遅れている」と返信がありました。
書類の準備に1週間かかるものですか。
また、入っていた保険の内容によっては準備に時間がかかるものもあるのでしょうか。

ときどき聞くのですが、漢字系の生命保険会社の営業所では解約をとても嫌がるそうです。
(以前はそうでした。
今でも同じかもしれませんね)そもそも解約に、担当者の了承も、上司の了承も必要なわけはありません。
用紙に一週間もかかることもありません。
営業所や担当者に解約の手続きを頼んだとしても、何回も話があって、いろいろ言われて、お互いがメンドクサイだけです。
私なら、契約している保険会社のコールセンターに電話して、書類を郵送してもらいます。
解約時の注意事項の説明はあると思いますが、嫌がらせのようなことはないでしょう。

ありがとうございます。
漢字系の保険会社です。

担当者に解約の旨を伝えてから何度か引き止めがありそれを断っていました。
新しい別会社の保険に加入できた時点で再度手続きのお願いをしたのが1週間以上前になります。
解約の書類を発行するだけだと思うのですが何か時間のかかる手順でもあるのかと…

今度保険を解約するときはコールセンターにかけることにします。>弊社は平日の2時までにお申し出をいただくと当日発送、それ以降なら、次の営業日の午前中に発送していますよ。>それは生命保険会社の人間でしょうか
それとも「株式会社○○」のような保険代理店でしょうか。
解約請求に1週間もかかりません。

もし、後者の代理店でしたらご加入されてる生命保険会社のコールセンターにお電話されてみてください。

生命保険会社によっては電話した段階で解約成立 または 解約書類が不備なく生命保険会社に全てそろった日が解約日となります>

生命保険について

生命保険について母親が入院してしまい、母の入っている生命保険会社について調べています。
チューリッヒライフという保険に入っていたのでチューリッヒ生命さんに電話をしたのですがチューリッヒライフとチューリッヒ生命は別物と言われました。
チューリッヒライフを調べていたのですがチューリッヒ生命さんしか検索に引っかかりません。
どなたかチューリッヒライフの方に詳しい方いないでしょうか。
教えていただきたいです。
補足JCチューリッヒライフでした

その様な会社は少なくとも生命保険協会会員(全ての生命保険会社は会員になる)として過去も含めて存在していないですね。

なぜ加入が分かりましたか?家に書類は有りませんか?銀行口座から引き落としなら銀行にお母様から聞いていただけませんか?(委任状も可)>

生命保険に加入しました。
が、諸事情(自分のミスにより収入減額)で初回の支払いさ…

生命保険に加入しました。
が、諸事情(自分のミスにより収入減額)で初回の支払いさえ厳しい状況にあり、それを説明したところ、困ります!と断固拒否されました。
初回さえも払えないので解約しますといったのは、非常識ですか?

その対応は生保代理店の担当でしょう。
自分の歩合に影響してきますから。
代理店ではなく申し込まれた生命保険会社のコールセンターに電話されてください。
即対応してくれますよ。
それでも解決しない場合、生命保険協会の紛争解決センターに問い合わせください。
保険会社と契約者との間でトラブルが生じた際に解決するための窓口です。
「解約したい」→「ダメです」 は立派な保険業法違反に該当します補足初回保険料の支払いがない場合、翌月に2カ月分引き落とされます1月27日(未払い) → 2月27日(2か月分)←これも未払い →3月1日(契約応答日)が支払期限であり、2月27日~3月1日までに支払いがなかった場合、契約の無効になります。

困るのは給料に響く担当だけです。
自分のことしか考えていない人に、大切な保障を管理されなくてよかったですね。

初回保険料さえ払い込まなければ大丈夫。
そのまま放置しましょう。>全く問題ありません。事情が変わったのですから。>あなたが非常識ということではありません。問題は保険会社のシステムによるものです。保険会社が、多くの責任を現場の営業に負わせ過ぎているのです。毎月必ず契約をとらなければいけませんし、短期解約の場合は、経費と時間を費やして「タダ働き」になってしまいます。本来なら、そういうことがないように、無理な契約をとらないように、心がけているのですが、お客様の都合で、様々なことがあります。法人営業をしていても、退職や倒産で解約もあります。
保険が続けられないのはないお客様の事情で仕方がないので、拒否することは間違いですが、月末だと、次を探す時間もないのでしょう。でも、それは保険会社と営業の問題です。

なお、最初の保険料が支払われないなら、保険は成立していません。解約ではなく、放置していればかってに不成立になります。

ところで、あなたのニーズはどこにあって、どんな保険を契約したのでしょうか?貯蓄目的ならあっさりやめた方がいいですが、保障目的なら、ぜったい必要なものだけの安いプランに変えることはできませんか?何かあったとき、今よりもお金が必要になります。例えば医療保険なら月々1000円ぐらいの保険料の掛け捨てなら、入院一日5000円の医療保険に入れるかもしれません。ニーズと収入とのバランスをこれを機会にお考えください。>

生命保険について

生命保険について去年の12月21日から24日にかけて手術と入院をしたんですが、生命保険に加入しているんですが、手術費用はもらえますかね?対象なら診断書を出したら20万もれえるらしのですが。
不整脈という病気で手術しました。
レーザ治療で治療しました。
また、入院費用もでますか?

保険会社と保障内容によります、コールセンターに問い合わせてください。

生命保険について教えてください

生命保険について教えてください夫、妻、未就学児の三人家族です。
ただ今 生命保険に入ってない状況です(詳しくは、主人の親が掛けてくれてありますが、自分たちでということで検討してます)FPの人に相談したら、世帯主(主人)の 掛捨ての生命保険4500円程の物を提案されました。
これぐらいなら、良いと思いますが、死亡保険のみの保証です。
医療保険やガン保険も加入すべきでしょうか?もしかしたら、FPの方も まずは必須の生命保険に加入、その後 医療保険なども進めてくるのかもしれません。
あまり、保険にお金はかけられませんが、1からなのでどんなものに入れば良いか全くわかりません。
更に、私や娘も何も入っていない状況です。
FPの方も、私が「私や娘は…?」と相談してみたら、私(妻)も子供がある程度の時期になるまでは入っても良いかもしれないと教えてもらいましたが、特に私への提案はありません(こちらも、主人のが終わればあるのか?いろいろあれこれ提案されないのでやかりません)FPの方も、まずは何より何があったら困る、主人の死亡保険をという感じです。
もちろんそれは必須なのはわかるのですが、他はどうか考えると…ちなみに、私には 死亡保険もある、積立がてら 資産形成を提案されました。
補足ありがとうございます。
動機は、何かあったら困るからです。
アバウトですがm(_ _)m夫は、会社員です。
妻は、専業主婦死亡の場合、遺族年金ぐらいで 一戸建ても近い将来買うので 団信ありそれでは月々足りないので、足りない分を 月々降りてくるタイプの死亡保険でまかなうといった提案のプランでした。
なので、死亡の場合は そのプランは最適かと思いました。
ただ、死亡以外が…と思ったので医療保険も必要な気がします。
ちなみに、死亡保険 掛捨て、医療保険 掛捨てと両方単独で入った方が良いのでしょうな?皆そうだと思いますが、保険は安く済ませて保証がしっかり出来ないかなと思います。
妻の保険は、終身保険ではなく イデコなどの資産形成の死亡保険が付いているような物を軽く提案されました。

生命保険の考え方は人それぞれですが。


まず加入しようと思ったきっかけは何でしょうか?家族構成の他ご主人様は会社員でいらっしゃいますか?もし会社員でいらっしゃる場合万一の死亡の場合の保障などはありませんか?会社によって福利厚生制度は違いますまた奥様は専業主婦でいらっしゃいますか?それとも正社員で働いていらっしゃいますか?生命保険は個々の状況によって必要な保障は違います奥様が正社員でお働きであればご主人様に万一の事があってもご自身の収入で暮らしていけるかどうかもお考え下さい万一の時の死亡保障が必要であればFPの方がご提案された死亡保障。
万一重い病気に罹患された時の保障も必要であれば死亡保障と重い病気に罹患された時の保障も兼ねた保障の方が最適かと思います。
(特に目的のない貯蓄がしっかりご準備されていれば不必要かもしれませんが)医療保障につきましても健康状態に問題のないうちに小さなものでも終身、もしくはお子様が成人するまでのお金がかかる間だけでもご家族それぞれご準備されると安心ではないでしょうか?奥様にお勧めされている積立てがてらの保険は万一の死亡の時に受取れる終身保険でしょうか?もしそれならばご主人様と同じく死亡だけでなくがん等重い病気に罹患された時の保障の方がお勧めです。
私自身は子供に保険は必要ないかと思っていましたが何となく大人保険の小さい保障に加入した後に子供が病気になり将来保険加入が出来るかどうか・・・と言った経験があります。
極希な事かと思いますが私自身のケースはギリギリセーフだったなっと安心しましたので。
いずれにしろ資産状況や保険料として支出できる金額もお考えの上何が必要と感じているか・・・からご検討下さい。

死亡した場合月々保険金が下りてくる年金型死亡保険への加入との事で死亡のみを心配されるには最適かと思われます。
特に重い病気になった場合の一時金をご準備されないのであればご自宅を購入される際の団信でがん等の重い病気になった際にローンの支払いを免除してくれるものを選択して下さい。

死亡保障、医療保障を単独で加入するかどうかについては一つの会社に自身のニーズを満たすものがあれば一緒にして頂いてOKです。
なければそれぞれに自身のニーズに合わせたものをいいとこ取りして加入下さい。

奥様の保障については医療保障だけでもかまわないかと思いますが一般的に妻が病気になると支出が増える傾向にありますので重い病気に罹患した場合に治療費を準備できるプランの方が安心かと思われます。>医療保険やがん保険はその家庭によっているかどうかは変わります。
まず、万が一入院するような病気になった時に、収入が減収しても、医療費や入院費、生活費を支払えるだけの貯金があるのなら、医療やがん保険は必要ありません。
ただ、それで生活が厳しくなる、借金しなければならなくなるということなら加入しておくことをオススメします。
なので、あくまでオススメの一例としてですが、
旦那様の死亡保障(掛捨てで出来れば収入保障)、医療保険(掛捨て) これは両方加入したほうがいいと思います。
奥様の医療保険(掛捨て) 死亡保障(加入してもしなくても)
娘様の医療保険(掛捨て)
こんなところではないでしょうか。
生命保険は今は掛捨てにして、保険料を安くし、貯金をしっかりしておくのがいいです。
これで、あとは保険金額や特約等で、保険料をコントロールして、毎月無理のない保険料を設計するのがいいと思いますよ。>

生命保険代理店が募集行為を行う際、お客さまへの情報提供義務があります。

生命保険代理店が募集行為を行う際、お客さまへの情報提供義務があります。
この義務の中に、メディア報道された各保険会社の不払い問題やクレーム件数などは含まれれないのでしょうか?一方で禁止事項の中で、「保険会社に対する誹謗・中傷し劣等生を強調する行為」というものがあります。
どなたか業界の方で詳しい方、ご回答をお待ちしております。

保険会社で代理店を指導する仕事をしてました。
不払い問題やクレーム件数について、お客さまに情報提供というのは聞いたことがありません。
各保険会社のHPでも公開されていますし、わざわざ募集人が説明すべきことではないように思います。
質問者さまが書かれているように、場合によってはそれが誹謗中傷になる可能性もあります。
各保険会社の安全性等は、お客さまご自身で判断いただけば良いことだと思います。
その判断基準となるものとして、HPやディスクロージャー等をご確認くださいと案内するに留めます。
よく、保険会社のランキングなどが新聞や雑誌で発表されることがありますが、ああいったものも、保険会社が正式に発表したものではないので、お客さまが見て判断される分には構いませんが、募集人がその記事をもって説明することは禁じられています。

私は理解力が低いですとお客様にいうのかね、貴様は。

モノは着飾って売るのが当たり前で、それがデキないなら売る商売は辞めろ。>解約返戻金が無い、などの契約内容に関する重要事項で良いです。クレームが多いとか、そういうのは会社の質の問題ですから、言わなくても契約法上の問題にはなりません。>

生命保険の給付金について教えてください。

生命保険の給付金について教えてください。
先日入院し手術を受けたので給付金請求をいたしました。
提出書類とともに自分が入っている補償内容が書いてある紙も送られてきました。
そこに、入院、日額5000円手術一時金30000円手術給付金100000円と書いてありました。
7日間入院していたのでこの場合頂ける金額は165000円という事で合っているのでしょうか?この保険の他に全国共済にも入っていたのでそちらも請求したところ思ったより多く、上記で書いた生命保険会社よりも100000円ほど多かったです。
月々払っているのは共済は3000円だったので生命保険会社よりも多くなる事ってあるのかと驚き質問させて頂きました。

保険の給付金額は、入院日額が全てです。
従って、月に払う保険料の多い少ないにかかわらず、入院したら一日幾ら給付か?が問われます。
共済は掛け金が安いですが、その恵まれた給付金を受け取れるのは若いうちだけです。
一定の年齢になれば保険料率が上がりますので、月の支払額は同じですが、受取額は少なくなります。
対して一般の生命保険は、更新型であれば更新毎に死亡率により保険料を変化させるため、入院日額は変化しませんが保険料が上がります。
共済と違い、付加保険料も掛かるため、共済よりも月保険料は高くなりがちです。
因みに医療終身保険は掛け捨てでは無く、保障を自分のものにするための、いわば持ち家みたいなものです。
なので、月にかける保険料は、掛け捨てよりも高くなります。
保険料が高ければ、給付金も高いであろうというのは間違いです。
しっかり安定した保障を維持したいのであれば一般生命保険、期間は限定的だが、掛け金を安く沢山の保障を受け取りたいのであれば共済でしょう。

給付金額に関しては、その内容であればご認識に間違いないかと思いますよ。>プラン次第です。共済には民間の保険ほどカスタマイズ性はありませんが、日額が多いならもちろんもらえる額も大きくなります。あと手術の種類によっても受けとる額が変わります。>

生命保険会社の事で、色々と教えて頂けますでしょうか?

生命保険会社の事で、色々と教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します m(_ _)m保険会社は、何処の保険会社が良いのでしょうか?今、私は日本生命の女性営業マンの方から、名刺を頂いので持っています。
CMでも見たりしますが、評判の良い保険会社など、色々と知りたいです。
ちなみに、私は工場勤務でして、休憩時間になると、日本生命の女性営業マンが声を掛けてくるのですが、その女性営業マンは、立場的にランクで言うと、どの位の地位の営業マンなのかも知りたいです。
外で営業してる方の立場も知りたいです。
事務所に居る社員より、上とか??色々と教えて頂けますでしょうか?宜しくお願い致します m(_ _)m

日本生命で働いてる者です。
基本的に殆どの営業職員が工場や、会社などの担当職域というのを持っています。
割り振り当てられた、職域で契約を貰う。
営業職員が色んな人に話をして、少しずつ情報を聞き出そうとしているのです。
休憩時間に来る。
と言うのは質問者が働いている工場の方が休憩時間なら活動してもいいですよと。
決められているのでお話にしに来ているのだと思います。
質問者様が欲しい保険があればその担当の方に聞いてみてください次に来た時には、きっと提案書を持ってきて提案してくれます。
もし、工場内で保険屋さんと話したり提案されてるんだ。
と周りの目を気にされるようであれば、質問者様がお休みの日など30分程度お時間頂ければ担当者もスムーズに話せると思います。
その人の名刺にFP3級とか色々書いてあれば難しい試験に合格されている営業職員です。

檸檬さんは、プロフィールでは、自営でいらっしゃるようですが、工場にお勤めなんですね?伺っております日本生命の職員は、ご勤務先に担当者として、ご加入後の様々なフォローに対応する事を、会社から任された者だと判断します。日本生命だけでなく、各社の規定はあるかとは思いますが、任務は同じようなものではないかとは、想像します。日本生命は、営業職員に、大きく分けて3タイプがあります。約50000人の中、一番人数を占めるのが、○○営業部と言う、各地に点在する拠点に在籍する者です。次は、ライフプラザと言う、お客様申し出に対して対応する職員です。次は、大卒新卒からの入社の法人を担当する職員です。たぶん、最初のタイプか法人専門職員のどちらかの職員でしょう。日本生命は、入社案内のバンフレットにありますように2年間は、育成期間になりますので、伺っている者が、社歴が短かいか?長いかの違いで、同業他社さんのように役資格はありません。あるとすれば、育成をするトレーナーは、役資格ではありませんが、少し内勤よりの職員として見なされる点くらいです。これは、同業他社さんと同じだと思います。営業の世界で、偉いかどうかは、全ては実績です。地位と言う点は変わりません。情報は2013年のものになりますが、自ら調べて加入した人は、自分の加入した保険会社を、人にも勧めたい傾向があるとの事ですが、人に勧めたい保険会社の一位が日本生命、二位がかんぼ生命です。車で言うと、TOYOTAかNISSANかを選ぶ人が多いのと、同じ現象なのかも知れないですが?私の個人的な考えは、いざと言う時に支払う会社、どこへ連絡すれば良いのかが、わかる会社が良いと思います。ほけんの窓口さん等の乗り合い代理店からの加入は増加していますが、ネットや通販からの加入は、減少傾向になっているようです。日本生命のがん入院は、特約等は付けなくても、入院日数は無制限です。誤った回答は、正しておきます。>営業員の立場が上位かどうか、オススメの保険会社云々は、横においたほうがいいです。

新人や役職がない営業でも、良いコンサルティングをする人もいますし、役職が付いているような営業でも、かなり圧が強く強引な手法で営業をする者もいます。
保険料が高く、オススメしないなんてレビューで書かれた保険会社でも、いざ給付となれば、スムーズな手続きと親身な対応、素早い給付金の着金を受ければ満足するのではないでしょうか。

保険は内容と、あなたが何に対して備えたいかが重要です。

保険会社が山程あるのは、医療保険ひとつとっても、各社給付要件が様々だからです。

例えば、ニッセイの入院給付金は、必ず一泊は入院しなければなりませんが、他社だと日帰り入院から対応になったりします。また、がん入院は特約をつけねば無制限にならないのに対し、他社だと自動付帯で無制限にできたりします。
ニッセイの先進医療は、受けた治療の全額が出るわけではないのに対し、他社だと通算額迄であれば全額給付されたりします。

勿論、まとまった給付を受けられる特約の保険料率が他社よりも安めであったり、好きな特約を選んで付け外しできるなどメリットもありますが、自分の望む形がどんな内容であるかをはっきりさせない限り、営業員の言いなりで加入するような満足のいかないものになりかねません。

まずは、武器となる保険知識を勉強してから、加入検討されることをおすすめしますよ。>外務員というのは 家にも訪問しますし会社にもいきます。つまり同じです。日本生命が おそらく配当面其の他で一番有利だと思います。事務所にいるのは 総合職などのキャリア組が多いです。内勤の方が 採用されにくいのです。外務員はほとんど誰でもなれます。外務員にも 営業主任とか上級営業職員とかあることがありますが これは給与面だけで地位とは関係しません。>

現在生命保険にて収入保障保険と医療保険に入っていて、保険料は合わせて月2万強で…

現在生命保険にて収入保障保険と医療保険に入っていて、保険料は合わせて月2万強です。
住宅ローンでは団信に加入すると思いますが、がんなどと診断されるとその後のローン負担がなくなるものにも入りたいのですが、地銀ではこれらは扱いがないようなのです。
医療保険があれば、住宅ローン申し込み時の8大疾病などの特約?は不要でしょうか?正直死ぬことよりもがんなどの病気になることの方が確率が高そうなので入りたいと思っていますがみなさまはどう思われますか?

団体信用生命保険の8大疾病保障は非常にシビアですガンについては、診断で保障されるものがありますがその他の肝臓・腎臓・心臓の疾患、脳血管障害… 等の欄をよく見てみてくださいほとんどの団体信用生命保険ではその病気によって、いかなる業務にも、全く従事できない状態 が、OOO日以上継続 というような表記がなされていると思いますこの、いかなる業務にも就けない とは入院を余儀なくされて、安静保持のため、仕事がさせられないもしくは、身体的にほぼ寝たきりとなって、仕事ができない状態を指しますちょっとしたお手伝い程度のバイトができるとなれば保障されないということですたとえば、腎不全で透析治療をしていても、週2~3日の治療に通う以外は動こうと思えば動けます(しんどいとは思いますが)心疾患でペースメーカーを植え込んでも、日常生活は可能ですつまり、こういったケースでは、保障されません一般の方が仕事ができない と思われる状態と医師がいかなる業務にも就けない と診断する状態は違いますそういった中で団体信用生命保険の8大疾病~は、金利上乗せがあるか、加入時に支払いがあるか… 等ご確認いただく必要があります住宅を建築される方のご年齢がお若い場合は団体信用生命保険で特約をつけるよりも個人でかけられる生命保険にローン期間だけ保証を厚くするほうがお安いケースが多いです逆に、ご年齢や持病をお持ちの方は、一般的な生命保険のほうが支払額が増える方もおられますので一度試算してみるとよいと思います

そうなのですね!よく読まなくてはですね、、、それであれば、がんくらいはつけたいですがしっかり検討しないといけないですね。ありがとうございました>